プロゴルファーにも違いあり!?アドレスでの肘(ひじ)3つのポイント

スポンサーリンク

100切りできない人のアドレスでの大きな間違いの1つが「肘」です

「スイングのスタート地点」とも言われるアドレスで、ひじの位置が間違っていれば、その後のスイングが正しい軌道を描くことは難しくなります。

肘のポジションが変わるだけで、必然的に肩のラインも変わます。

ひじの向きが変わるだけで、必然的に肩の力が抜けてきます。ゴルフのアドレスにおいて、肘(ひじ)はそれほど重要なポイントなのです。

なので、あなたの悩みを解消するために、「アドレス時のひじ」について、3つのポイントをお話しします。

スポンサーリンク

ゴルフのアドレスで肘は内側に絞るのか?

アドレスで意識して肘を絞ると、余分な力が両肩に入るだけでなく上半身全体にも力が入ることになります。

肘を内側に絞ることにより、腕の動きを押さえてフェースが開くことを抑制することで、スライスによる曲がりを防止するという良い効果もありますが、絞りすぎることで上半身に力の入るスイングになるので、ヘッドスピードが上がらず飛距離が出なくなってしまいます。

意識的に肘を絞らなくても肘は自然に内側に絞られるので、あまり肘を絞る意識を強く持たないで、むしろ前傾姿勢やグリップなど別の部分の確認をして、リラックスしてアドレスをすることが大切です。

 

ゴルフのアドレスでひじは伸ばす?曲げる?

ゴルフのアドレスで大切なことは腕をリラックスさせることです。

アドレスで、無理に肘を伸ばそうとすると、腕の動きが制限され、ヘッドスピードが出ず飛距離も出ない結果になりがちです。

また、左の肘が伸びすぎると肩がクローズになりスイングに悪影響が出ます。逆に、右ひじが伸びすぎると肩に力が入り、スムーズなスイングができなくなります。

ダイナミックなスイングな女子プロゴルファー柏原明日架プロのアドレスを見てみましょう。

前方

アドレスひじ
出典:ワッグル ONLINE

柏原明日架プロのアドレスは正面から見ると、両肘を絞っているようにも見えますが、アドレスを後方から見てみると、右ひじは軽く曲がり、ひじに余裕があることがわかると思います。

後方

ゴルフアドレスひじ後方
出典:ワッグル ONLINE

ひじは絞らず、軽く曲げてリラックスさせて、その自然なアドレスでスイングするのが基本となります。

 

ゴルフのアドレスの肘はどっちを向く?

柏原明日架プロのアドレスを見る限り、「ひじは内側に絞らず、そして伸ばさず、ひじは内側に向く」というのが基本となります。

多くのレッスン書には、アドレスでの肘について、次のような注意が書かれています。

アドレスで大きな間違いの1つ、それは、両肘がそれぞれ外を向いているということ。アドレスで、両肘が外を向くと、肩などの上半身に力が入ってしまいます。

一般的には、肘の向きが外側を向いてしまうと上半身に力が入り過ぎるので、スイングのバランスに悪影響があると言われます。

左の肘が打つ方向を向いている人は、右へのミスが多くなります。

右の肘が外側に向きすぎる人は、右肩が飛球線に対して前に出やすくなり、その結果、“肩のライン”が開くことで、アウトサイドインの軌道になる傾向があります。

アドレスの時は、通常は両肘を下に向けるようにして、両肘を軽く締めてアドレスをすることが、スムーズなスイングをするためには必要になります。

それを実現するために、レッスン書などでは、次のように指導しています。

  1. クラブを持たずに前傾したら、軽く肘をまげ、両手のひらを上に、両肘を下に向ける
  2. このとき、軽く脇がしまっていることを確認する
  3. その両脇が閉まっている状態をキープしたまま、クラブを握る
  4. 両手の力をぬき、両ひじは絞らずに、右ひじを軽く曲げる

松山英樹のアドレス

ゴルフアドレスひじ松山
出典:ワッグル ONLINE

確かに、松山英樹プロのアドレスでの肘の向きは、自分の方を向いていることがわかります。

しかし、アドレスのひじについては、多くのゴルファーを悩ます原因がほかにもあるのです。

スポンサーリンク

 

プロゴルファーたちのアドレスの両肘の向きは?

アドレスでの肘の向きは、自分の方を向けるということが基本であることは、お話ししました。

それでは、そこで、世界ランキング1位にもなったローリー・マキロイのアドレスを見てみましょう。

ゴルフアドレスひじマキロイ
出典:ワッグル ONLINE

アドレス時のひじの向き、特に、右ひじの向きが外を向いています

右ひじが外を向くと、「右肩が飛球線に対して前に出やすくなり、その結果、“肩のライン”が開きやすい」ということですが、右肩は前に出ているのでしょうか?

ローリーマキロイ選手の後方から見たアドレスです。

マキロイゴルフアドレスひじ後方
出典:GDO

右ひじは外を向いているにもかかわらず、右肩は飛球線に対して前に出てはいません。
2016年に賞金王になった池田勇太プロのアドレスを見てみましょう

ゴルフアドレスひじ池田
出典:ワッグル ONLINE

やはり、アドレス時のひじの向き、特に、右ひじの向きが外を向いていることがわかると思います。

多くのレッスン書において、『アドレス時に両肘は外側に向けてはいけない』というゴルフ理論は、実は、すべてのゴルファーに当てはまるわけではないということです。

 

知って得するお得な情報をメルマガにて無料配信中

以上「アドレスでのひじ3つのポイント」についてご紹介しました。

重要なポイントは…、

  1. 両肘は強く内側に絞(しぼ)らない意識を持つ
  2. 両肘はリラックスが基本。伸ばしきらず、軽く曲げる
  3. 両肘(特に右ひじ)を外側に向けるアドレスは必ずしも間違いではない

このほかにも、「知って得する」ゴルフ情報やゴルフ上達法をメルマガにて無料配信中です。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です