ゴルフのアドレス右肩下がるのってOK?アドレスの肩4つのポイント

スポンサーリンク

ゴルフのアドレスはとても重要ですが、アドレスでの「肩の位置」が間違っているゴルファーは少なくありません。

スイングのスタート地点であるアドレスが間違っていれば、たどり着くゴールは変わってしまって当然です。

ということで、今回は「アドレス時の肩」についての疑問にお答えします。

 

ゴルフのアドレスの肩の向きは?

ゴルフのアドレスでの両肩を結んだライン、つまり「肩の向き」は、ボールをまっすぐ打つためには、とても重要になります。

目標に対して、スタンスラインをまっすぐとろうとする人は多いのですが、実は、肩の向きが球の方向を決めるのです。

なので、アドレスで「肩の向き」さえ目標に正対していれば、ボールは目標に向かって飛びやすくなります。

ただ、あなたが100切りできていないのであれば、「肩の向き」と「腰の向き」と「足(スタンス)の向き」は、すべて平行にすることをおススメします。

それが、もっともシンプルだからです。

アドレスが決まった後に、つま先と両肩が平行になっているかどうかをチェックしましょう。

 

ゴルフのアドレスで肩甲骨をどうするといいの?

肩甲骨は、肩に一対ある肋骨を覆っている三角形の大きな骨です。

肩甲骨の周りには首や肩、腕や腹などの筋肉が重なっており、肩甲骨の動きと身体の上半身の動きは連動しています。

そのために、肩甲骨の周辺の筋肉がかたくなると、上半身の動きが悪くなります。

ゴルフのアドレスをする際にも、肩甲骨の周辺の筋肉を柔らかくして、関節をスムーズに動かせるようにすることで、肩甲骨の可動域をひろげることが大切になります。

肩甲骨を動かせるようにした上で、アドレスでは、肩甲骨を寄せて、胸を張るように構えましょう。

 

ゴルフのアドレスで胸を張るとは?

100切りできない人にありがちなミスは、「猫背アドレス」です。

猫背になりやすい人は肩甲骨が開き気味(両肩甲骨が離れている状態)になっているので、それを矯正するには、やはり肩甲骨を寄せ、胸を張る意識が必要です。

特に、あなたが普段から、デスクワークしているサラリーマンなら、「猫背」の傾向が強くなりますので、注意しましょう。

その逆に、「反り腰アドレス」になっている人は肩甲骨が閉じ気味(胸が張り過ぎ)になっている可能性が高いので、お腹を引っ込ませることなどにより肩甲骨を開き気味にすることをおススメします。

ゴルフのアドレスは個人差がありますので、元々の構え方を活かしながら少し矯正することで、胸を張って背筋を伸ばした正しいアドレスが徐々に身につくようになります。

 

ゴルフのアドレスの右肩のポイント

アドレスの時の右肩は?

ゴルフのアドレスをする時には、身体全体のライン(肩・腰・ひじ・ひざ・つま先)が目標に対して平行になることが必要です。

※ドローやフェードを打つ場合は、それらのラインが変わります。

アドレスでの多くの間違いは、左肩が開いてしまう(=右肩が前に出ている)ということ。

この状態でスイングすると、スイング軌道がアウトサイドインになりやすいため、スライスが出やすくになります。

左肩の開きを改善するには、スタンスラインなどと、肩を平行にするという意識も大切ですが、無理矢理「右肩を後ろに引く」ということをしようとするとアドレスがおかしくなりますので、注意が必要です。

実は、肩が前に出る原因は、肩ではなく、ほかの部分にあることが少なくありません。

 

アドレスで右肩が出る原因その1 肘(ひじ)

アドレスで右肩が出る原因の1つに、「右ひじ」があります。

つまり、アドレスで右ひじがまっすぐ伸びていていることで、どうしても右肩が出てしまうというものです。

右ひじを軽く曲げ、体につけるだけで、右肩が前に出なくなる(=左肩が開かなくなる)こともありますので、ひじにも注意してみましょう。

 

アドレスで右肩が出る原因その2 右手グリップ

アドレスで右肩が出るもう一つの原因に、「右手グリップ」があります。

つまり、アドレスで右手グリップを上からウィークに握っている人は、どうしても右ひじが伸びやすく、その結果、右肩が出てしまうというものです。

右手グリップが原因でアドレスで右肩が出る人は、いくら右ひじを軽く曲げようとしてもうまくいきません。

そんな人は、右手グリップを少しフックグリップ気味に握ってみましょう。そうすることで、右ひじも曲げやすくなります。

 

アドレスで右肩が出る原因その3 両肩の位置

アドレスで右肩が出るさらなる原因に、「両肩の位置」があります。

こんなレッスンを聞いたことがありませんか?

「ゴルフのスイングは、地面と水平に肩を回しなさい」

これを鵜呑みにすると、今度は、アドレスで必要以上に、前傾姿勢を起こし、両肩を水平に保とうとしてしまいます。

両肩の高さを地面と水平にしようとしながら、グリップしようとすれば、どうしても右肩が前に出てきてしまいます。

それでは、最後に、アドレスでの両肩の位置関係について、お話ししていきましょう。

 

アドレスの時に右肩が下がるのはOK?

ゴルフを始めて間もない初心者の場合は、とにかく、ボールを上げようとしがちです。その傾向はアドレスから見られ、身体の軸が大きく右に傾いています。

特に、ドライバーなどティーアップして打つ場合は、右への傾きが顕著になります。

このようなアドレスでは、無意識のうちに、頭が右に倒れるので、ボールを右側から見てしまい、その結果、バックスイングがインに入り過ぎたり、右肩が落ちることが起こりやすく、ダフリなどのミスショットが出やすくなってしまいます。

ゴルフのアドレスは、グリップする際に右手が左手より下に位置するので、右肩が多少下がります。左右の腕の長さはほぼ同じですので、右手が下がることで右肩が下がることは当たり前のことです。

むしろ、アドレスの時に少し右肩が下がる形になることが自然なのです。

ゴルフのアドレスでは、右肩が落ちることは、自然ですが、ボールを上げようとして、必要以上に右肩が下がってしまうアドレスはNGです。

なので、正面から見た場合に、両肩のラインは水平でなく右肩が下がっていてもOKです。

後方から観た場合に、目標に対しては肩のラインが平行になっていることはアドレスでの絶対的な条件になります。

 

知って得するお得な情報をメルマガにて無料配信中

以上「アドレスの肩4つのポイント」についてご紹介しました。

まとめますと…、

  1. 目標に対しては肩のラインが平行になっていることはアドレスでの絶対的な条件
  2. アドレスで肩が開く(=右肩が出る)大きな原因は、「右ひじ」「右手グリップ」「両肩の位置」にある
  3. アドレスで右肩が下がるのは当たりまえ。自然な範囲であれば問題なし。
  4. ボールを上げようとすると、無意識のうちに、右肩が下がり過ぎになるので注意が必要

このほかにも、「知って得する」ゴルフ情報やゴルフ上達法をメルマガにて無料配信中です。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です