ゴルフボールが林の中へ!林から上手く脱出するための6つのポイント

ティーショットが林の中へ・・・。

林の中から脱出するためのショットは、人によって、次の3通りに分かれます。

  1. 強引にグリーンを狙う
  2. 横に出す
  3. ボールを曲げてグリーンを狙う

あなたはどうですか?

 

ゴルフが下手な人ほど、1番の方法をとりたがります。

 

林の中からの脱出の基本的な考え方は、100%に近い確率で、林から脱出し、次のショットにつなげることです。

 

林からのショットは、状況にもよりますが、打ち出す方向や距離感をしっかりコントロールすることが成否の分かれ目になります。

 

タイガーウッズが世界一の地位を築いたのは、「林の中からのリカバリーショット」が上手かったからとも言われています。

 

今回は、「林から出すだけ」でなく、より高い目標を持った林からの脱出の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

林からの脱出するための6つのポイント

方向性

林の中から脱出に成功するか、失敗するかは、どこを向いて打つかです。

林の中では、少しでもグリーンに近づけたいというゴルファーの心理が働きます。その結果、一か八かの賭けに走りがちです。

リカバリーはギャンブルではありません。

林からの脱出で一番重要なことは、グリーン方向に打てないのであれば、真横に出せるかどうか、状況によっては、後ろに向かって打てる「気持ちを持てるかどうか」が、成功の条件となります。

 

ライの確認

林の中は、基本的には芝が薄くなっていたり、土がむき出しになっていたりと、いわゆる「ベアグランド」が大半をしめます。いわゆる「悪いライ」です。

そして、林の中は、それだけではありません。

落ち葉がたくさんあります。

多くのゴルファーはこの落ち葉に対して、警戒心をほとんどもっていません。

中には、そのまま、落ち葉をどけずに打ってしまう人もいるくらい・・・。

意外に思うかもしれませんが、落ち葉には、相当の抵抗力があります。ボールの手前の1枚の葉っぱでもボールの飛びや曲りに大きく影響するのです。

ダフったり、トップしたりするミスショットが出るのも、ごく当たり前の話です。

ゴルフのルール上、ボールの周りにある落ち葉(地面から生えていない葉っぱ)は、ボールが動かない限りは取り除くことが認められています。

プロゴルファーたちは、ルールの範囲内で、できるだけ、クリーンにボールを打てることを考えます。

つまり、林の中からの脱出での基本は、「クラブヘッドが入るスペースを探すこと」です。

 

林の中から、上手くリカバリーするためには、葉っぱを上手にどけて、クラブヘッドが入るスペースを作ることがコツとなります。

 

打ち方

ライの悪い林の中からのショットは、いかにクラブヘッドが入るスペースを探すか、クラブヘッドをどこに入れればボールをクリーンヒットできるか、ということです。

そのためには、スイングの基本である「ハンドファーストのインパクト」が重要となります。

打ちたい距離やふり幅に応じたスタンスをとるります。

アドレスではハンドファーストに構えます。打ちたいライが悪ければ悪いほどボールを右足側に寄せることで、自然とハンドファーストになります。

クラブヘッドの入り口が狭く、上から鋭角に打ち込まなければならない場合は、ボールを右足前に置き、ハンドファーストの度合いを強めましょう。

(注意)ボールの位置は、ライによって変えますが、両手の位置は左ももの前になることに注意しましょう。

極端に手の位置を左に寄せるような打ち方は、クラブを急角度に振り下ろしてしまい、インパクトが詰まってダフる原因となります。

ボールをクリーンにとられるために、体重移動は極力抑えましょう。

林から脱出する打ち方で、一番大切なポイントは、「クラブのロフトを立てる意識で、ハンドファーストの体勢でヒットすること」です。

フォロースルーではクラブヘッドは低く出していくイメージを持つと上手くいきます。

ハンドファーストを強めれば強めるほど、ボールは低く出ることになります。

プロゴルファーは、林の中の上空の隙間に打っていく技術がありますが、アマチュアゴルファーは、枝の下を通すイメージ打っていくことをおススメします。

「林の中からは脱出口がない」と思っても、しゃがんでみると、意外と林の中でも、「下は空いている」ものです。

スポンサーリンク

 

クラブ選択

林の中から脱出するには、状況に応じて、真横に出すこともあります。

グリーンが狙えない以上、フェアウェイに戻すなら、「〇ヤード以上〇ヤード以内」と打ちたい距離をハッキリ決めて打つことが大切です。

距離を決めて打たないと、10ヤードしか飛ばなかったため、深いラフで止まってしまったとか・・・、50ヤードも飛んでしまったため、フェアウェイを突き抜けて、向こうの斜面までいってしまったとか・・・、再度トラブルに巻き込まれることになってしまいます。

そのためには、クラブ選択が重要となります。

トラブルショットはウェッジと決めつけて、林の中からでもアプローチウェッジなどを使う人がいますが、上手く打てたとしても前方の木の枝に当たってしまいます。

むしろ、林の中などでは一番長いアイアンを持っていきましょう。

今のクラブセッティングでは、多くの人が、5番アイアンが一番長いアイアンではないでしょうか?

その場合は、5番アイアンと、予備で7~8番アイアンを持っていけばいいでしょう。

ベアグランドの状態がひどいときには、パターや5番ウッドなどのクラブも有効です。パターはロングパットを打つイメージで打てば、20~30ヤード先のフェアウェイに戻すことは可能です。

5番ウッドやユーティリティなどのクラブは、パターのように振ります。ボールの弾きがいいため、小さいスイングでもパター以上に転がってくれます。

このように、ロフトの少ないクラブは、小さいスイングで、かつ、低い弾道で転がるボールを打つことができ、飛距離を稼げるため、林の中からの脱出にはとても有効なクラブです。

普段の練習でも、長いクラブを短めに持ち、ハンドファーストを強めにして、ふり幅を小さく、低い弾道を打つ練習をしておくといいでしょう。

 

ボールが木の近くにあるときの対処法

林の中に入っただけでなく、木の根っこの近くに止まってしまった・・・。

フェアウェイに出したいけれど、木の幹が邪魔になってテイクバックが取れない・・。

そんなピンチの状況でもまだ挽回のチャンスは残っています。

フェアウェイに向かってクラブを振れない場合・・、たとえば、テイクバックが取れない場合は、スタンスの方向を変え、クラブを振れる体勢をとります。

そして、クラブフェースだけフェアウェイ方向を向けるのです。

スタンスはターゲット方向より右を向き、フェースだけターゲット方向に向けて打つということです。

つまり、インテンショナルショットと同じ打ち方するわけです。

 

練習法

林の中のベアグランドのようなライからは、ダフる可能性が高くなります。

ベアグランドでもダフらないように打つには・・・、

  • スイング中の上下動を抑える
  • アドレス時の体とボールの間隔を保つ

この2つのポイントが重要となります。

それらを習得するためには、

目一杯高くしたティーアップのボールをクリーンに打つ練習がとても効果的です。

芝のないベアグランドから問題なく打てるようになれば、林からのリカバリーの成功率が劇的にアップします。

また、フェアウェイバンカーなども打てるようになりますし、なによりアイアンショットの精度が格段に上がります。

普段の練習から、ティーアップしたボールをクリーンに打つ練習を取り入れていきましょう。

 

ゴルフに関する「知って得する情報」などをメルマガ配信中

以上「林の中から脱出するための6つのポイント」についてご紹介しました。

このほかにも、ゴルフは「ポイント」を知っているだけで、スコアアップにつながる情報は数多くあります。

そんなゴルフに関する「知って得する情報」や「ゴルフ上達方法」をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)