ゴルフのヘッドスピードをマックスに上げる3つの方法

スポンサーリンク

飛距離アップを図りたい!

そんなあなたには、今回の「ヘッドスピードをマックスに上げるための3つの方法」がきっと役立つでしょう。

スポンサーリンク

 

ヘッドスピードを上げるための3つの方法

ゴルフのヘッドスピードを上げるためには、大きく分けると3つあります。

1つは、筋トレなどのトレーニングによって基礎体力を向上させることですね。

たまに、TVなどで、野球選手がゴルフをしていて、ドライバーでティーショットを打つシーンなどが流れますが、ボールの行方はさておき、ヘッドスピードは見るからに速いのがわかります。

これは、やはり筋力の差によるものでしょう。

ですから、筋トレなどのトレーニングで基礎体力を向上させるという方法が、ヘッドスピードを向上させる方法の1つです。

 

2つ目は、ゴルフスイングの技術を向上させるということです。

ゴルフクラブの性能を最大限に引き出すことができるかどうかでヘッドスピードは違ってきます。

クラブを速く振るための感覚、クラブをインパクトで加速させる感覚を身につけることがヘッドスピードを向上させます。

例えば、筋トレをするのなら、重いものを振るというトレーニングが有効ですが、ヘッドスピードを上げる感覚を身につけたいのなら軽いものを振るというトレーニングが有効です。

実際に、重いものを振った後より、軽いものを振った後の方がヘッドスピードは上がるという結果があります。

これは、軽いものを振ることでゴルフクラブを加速させる感覚を身につけることができるからですね。

 

3つ目は道具を変えるということです。

例えば、長尺のクラブを使えば、遠心力が大きくなりますから、ヘッドスピードは上がりやすいです。

ゴルフは道具が重要なスポーツですから、ある程度道具に頼ることもゴルフが上手くなる秘訣です。

 

ヘッドスピードを上げるトレーニング

タオル素振り

有名なゴルフ練習方法に「タオル素振り」があります。

 

このタオル素振り・・・、

スイングをチェックする練習だけではなく、ヘッドスピードを上げることにも期待ができる練習方法なのです。

 

方法は、簡単です。

タオルの先端を結んで、それをドライバーなどのクラブに見立てて素振りをします。

どのような効果があるのかというと、軽いものを振ることでヘッドを加速させる感覚を身につけることができます。

このタオル素振りをする腕の注意点は、脱力することです。

感じて欲しいのは、力を入れてマン振りするよりも、脱力してインパクトの瞬間からフィニッシュにかけてヘッドが加速するようなスイングをした方がタオルを速く振れることができるということです。

この、ヘッドを加速させるコツみたいなものを掴むためのトレーニングです。

 

バッド素振り

タオル素振りとは、少し意味合いが違うヘッドスピードを上げるためのトレーニングです。

単純に振るための筋肉をつけるためのトレーニングですね。

また、重いものを振ることで得られるメリットは、体の使い方がわかるという点です。

ゴルフクラブのように軽いものは、手だけである程度のヘッドスピードを出すことができますから、いわゆる「手打ち」になってしまいがちですが、重いものを速く振るためには、手だけでは振れません。

やはり、下半身主導でスイングしなければ、バットを速く振ることはできません。

ですから、軽いゴルフクラブではなく、重いバット状のものを振ることで、下半身をどう使えば、ヘッドスピードが上がるかがわかるはずです。

このように、バット素振りは振るための筋力アップと下半身の使い方がわかるというおすすめのトレーニングです。

 

体幹と下半身を鍛える

ヘッドスピードを上げたいと考えると、腕の筋肉や背筋などを中心に鍛えたくなると思いますが、ヘッドスピードを上げるのは、腕の筋肉ではありません。

 

ヘッドスピードアップのために、どこの筋肉を鍛えれば良いのかというと、ズバリ、「体幹と下半身」です。

体幹や下半身を鍛えることで、軸がぶれたり、下半身がぐらついたりすることを防げるからです。

重要なのは、下半身と体幹の筋肉であるということだけ意識するようにしてください。

体幹トレーニング

体幹を鍛えるには「プランク」がおススメです。


出典:  B-life

プランクのやり方

  1. うつ伏せの状態から、肘を肩の下について、身体を一直線にする。
  2. 息を吸ったり吐いたりしながら、その状態を一定時間キープ
  3. さらに頑張れる人は、その状態から、片足を交互に上げる。

このプランクは、ゴルフにとって重要な体幹と肩甲骨の安定につながります。

ポイントは肩を下げ肩甲骨を安定させることと、お尻があがったり、下がったりしないようにすることです。

下半身は、内転筋を鍛えることをおススメします。

 

次に、内転筋のトレーニングです。

内転筋とは、太ももの内側の筋肉です。

下半身を安定されるために重要なインナーマッスルであるとされています。

内転筋を鍛える方法は、バランスボールを使ったトレーニングやチューブを使ったトレーニングなどいろいろありますが、ここでは道具を使わずに、立ったまま内転筋に刺激を与えていく方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ワイドスクワット

立ったまま、内転筋に刺激を与えるには「ワイドスクワット」がかなりおススメです。


出典:筋トレTV 

ワイドスクワットのやり方

  1. 脚を広く開き、膝とつま先を外側に向けます。
  2. 身体は垂直のまま、ももが床と平行になるところまで、身体を沈めます。
  3. ゆっくり元の姿勢に戻します。
  4. 1〜3を繰り返します。

足の親指から中指あたりに意識を置くことで、内ももあたりに効いてくるのがお分かりになるでしょう。

 

アダクション

自宅で、寝ながら、内転筋を鍛えるには「アダクション」がオススメです。

アダクションのやり方

  1. 身体を横向きにして寝ます。
  2. 片方の脚を立てて、膝の下にもう片方の脚を通します。
  3. 伸ばしている方の脚をゆっくりと床から持ち上げて戻します。
  4. 1〜3を繰り返します。

関節の可動域を広げるために、伸ばした脚をしっかりと上げるということがポイントとなります。

 

 

ヘッドスピードを上げるための練習器具

ダイヤコーポレーション ダイヤスイング525

70センチの棒状のものの先端にカチッと音がするようなものが装着されています。

これを使ってスイングをすると、最加速点でカチッという音がするようになっています。

おそらくですが、スイングが良くない人は、右側でカチッという音が鳴ると思います。

ヘッドスピードを上げるためには、インパクトの瞬間にクラブが最加速する=インパクトの瞬間にカチッと音がするようなスイングを作らなければなりません。

インパクトの瞬間に音が鳴るようにするためには、トップで作られたコックを右足太ももの辺りまでほどかず、その先で一気にリリースすることが必要です。

そして、これがヘッドスピードを上げるコツになります。

これが、頭ではわかっていても、中々難しいですよね。

この練習器具を使うことで、正しいインパクト、クラブを加速させるコツが体感できるのでお勧めの練習器具です。

 

ワンスピード 1SPEED

何と素振りをするだけで、ヘッドスピードが速くなるという練習器具です。

倉本昌弘プロが監修していて、使い方のDVDもついてきます。

筋力アップ以外でヘッドスピードを上げるために、必要なのは、道具を上手く使うということですよね。

ヘッドスピードを上げるために道具を上手く使うとは、ドライバーの場合、シャフトのしなりを上手く使うということになります。

シャフトがしなってその反動、しなり戻りでインパクトを迎えることが出来るようになれば、ヘッドスピードを上げることが出来るはずです。

使い方は簡単です。

ワンスピードで5回素振りをしてドライバーを打つと驚くほどシャフトのしなりが感じられます。

このしなりを体感することで、シャフトのしならせ方を覚えて、ヘッドスピードを上げるという仕組みですね。

練習する人のレベルによってもいくつか種類があるところも嬉しいですよね。

 

素振りバット パワフルスイングGF90

まあ、典型的な野球のバットのような練習器具です。

野球のバットを振るという練習方法は、昔からある練習方法でジャンボ尾崎プロが採用していたことは有名な話ですね。

振るための筋力をつけるためには、重いものを振るというトレーニングが一番効率的ですよね。

そして、重いものを振るために必要な下半身の動きも体感できます。

そして、このバットは、ただの野球用バットではなく、持つところがゴルフのグリップのようになっているので、ドライバーを振る動きをイメージしやすい点がおすすめです。

 

 

タバタ 藤田コアスイング CORE SWING GV-0233

中々面白い形状をしている練習器具です。

基本的には素振り用のスティックなのですが、先端がバトミントンの羽根のような形状をしています。

この先端部分の効果によって、かなりの空気抵抗を受けるため、体幹を鍛えてスイング軸を作るという効果が期待できます。

また、ブラックとシルバーに色分けされたブレードによって、スイング中のクラブヘッドの動きを確認することができます。

正しいアームローテーションも身につくというわけですね。

 

ゴルフに関する「知って得する情報」などをメルマガ配信中

以上「ヘッドスピードをマックスにあげる3つの方法」でした。

メルマガ内容

このほかにも、ゴルフは知っているだけで、スコアアップやゴルフ上達につながる情報がたくさんあります。

そんなゴルフに関する「知って得する情報」や「ゴルフ上達方法」をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です