飛距離アップしたいスライサー必見!!傘を使った飛距離アップドリル

スポンサーリンク

どうしても弱々しいスライスボールがでてしまい飛距離がでない。

そんなスライスに悩むゴルファーの皆さま。

弱々しいスライスを矯正して、しっかり捕まった力強い球を打ちたいものですよね。

特にゴルフを始めて間のない初心者ゴルファーはそんなスライスに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

いったどうすればいいの?自分ではよく分かりませんよね。

いろいろな原因が考えられる中でも、初心者やスライスに悩む人の多くは、スイング中の手の返し方や腕の使い方が理解できていないと言われています。

それでは手の返し方を理解するにはどうすればいいのでしょう?

その方法はいろいろなレッスン本や雑誌、動画で解説されており、それなりに理解できるものもありますが、実際の自分のスイングに取り入れて、マスターするのはなかなか難しいものです。

そんなスライサーに傘を使ったとっておきの練習法をご紹介します。

スポンサーリンク

傘を使ったスライス克服練習法

そんな悩めるゴルファーのために今回ご紹介するのは、傘を使った練習法です。

傘を使って手の返し方を理解しスライスを克服することができるレッスン動画をご紹介いたします。

スライスに悩むゴルファーは、このレッスン動画で紹介される傘を使ったレッスンでスライスを克服することができます。

スライスを生む要素は様々あります。

体の開きや体重移動の仕方もその要素の一つです。

でもそういった動きは感覚的に習得しなければならず、なかなかすぐに上達するものではありません。

特にゴルフ初心者には難しいものです。

今回ご紹介する手の返しは一度理解するとすぐに身につきます。

今すぐ覚えられる手の返しをまず覚えることで、その他の身体や手の使い方も自ずと分かってくるのです。

スポンサーリンク

堀江貴文氏も絶賛した傘を使ったゴルフレッスン

今回ご紹介するレッスン動画はツイスト打法で有名な武市悦宏プロによるものです。

そしてその生徒となってレッスンを受けているのは、ご存じホリエモンこと堀江貴文氏です。

堀江貴文
「ホントいいこと思いついたね。これすげーな。頭いいね。」

この傘を使ったレッスンを体験した堀江貴文氏も大絶賛でした。

それほど理にかなった即効性のあるレッスンです。

ためになること間違いなしなので是非ともチェックしてくださいね。

 

こんなゴルファーにオススメ

今回のレッスン動画はこんなゴルファーにオススメです。

  • 速攻でスライスを直したいゴルファー
  • スライスに悩んでいるゴルファー
  • しっかり捕まった球を打ちたい初心者ゴルファー
  • スイングの感覚を理解したいゴルファー

堀江貴文氏も絶賛の分かりやすいレッスンですよ。

 

傘を使った飛距離アップドリル

動画内で武市悦宏プロが解説するポイントは以下です。

  • 手を返すのは2種類の動きがある
  • 傘を使い2種類の手を返す動きを体感
  • スイング中に傘の中に空気を入れない動き

手を返すという動作には、手を中心にシャフトを左右に動かす動きと、左親指を中心に回転させる動きがあります。

この2つの正しい動きを理解するために傘を使うことが非常に有効になります。

傘をくるくる回転させつつ、傘に空気を入れないように振ることが正しい動きです。

手の返しが上手くいかなければ傘に空気を含ませつつスイングすることになります。

その状態で思いっきり振ると傘はひっくり返って壊れてしまします。

傘に空気を入れないように回転させること。

これが正しい手の返しの動きとなるのです。

とても明快、わかりやすい、堀江貴文氏も絶賛の練習方法です。

スポンサーリンク

傘練を試してみた

動画を見て、さっそくボクも試してみました。

今回のレッスンは傘さえあれば練習場に行く必要もありません。

家にあったビニール傘で家の中でさっそくスイング。

なるほど、これは分かりやすい。

傘に空気を入れない動きを意識すると「なるほどこれが正しい動きか」とわかります。

ある程度傘を振ってから、実際のクラブに持ち替えてみると、「なるほどこれが正しいフェースの動きか」と納得させられます。

大きな傘の動きでチェックすることで、小さなクラブヘッドの動きのイメージがしやすくなります。

クラブに正しい動きがわからなくなった時には傘を振ってチェックですね。

ほんとに頭のいい練習方法です。

スポンサーリンク

まとめ

レッスンを受けてもなかなか上達しない理由の多くは、理解はできるが実際にどうすればいいのかわからないということです。

「言っていることはわかるが…」

今回のレッスン動画は、すぐ理解できて実践することができ、すぐに上達につながる内容であるところがすごいですね。

堀江氏が言うように

「ホントこれは頭いいね。」

といったレッスン内容になっています。

傘を使うことによって「手の返し」を傘の動きと回転として自分の目で確かめつつ練習できるのですから。

堀江氏も絶賛しつつ自らも最終的にはビッグドライブを放っておられました。

あなたも傘を使って基本的な手の動きをマスターしちゃってください。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です