世界のトッププロゴルファーはラウンド前にどんな練習をしているのか?

プロゴルファーがトーナメントに出場するときには、どんな練習をルーティンとしてるのでしょうか?

世界のトッププレーヤーたちのラウンド前の練習を見てみましょう。

スポンサーリンク

 

プロゴルファーの試合前のルーティンは?

 

松山英樹のラウンド前の練習

PGA TOUR Hideki Matsuyama pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

松山英樹プロの練習全体

松山英樹プロのラウンド前は、「ショットやアプローチ、パター」など約180球を約1時間15分練習します。

 パッティンググリーンの練習

  1. 松山プロ独特の「片手パット」の練習を「練習器具を用いて」24球打ちます。
  2. その後「通常の」両手のショートパットを28球打ちます。

ドライビングレンジ

スタートから1時間弱前にドライビングレンジで、ウェッジやアイアン、ウッドやドライバーなどのクラブを入念に練習します。

ドライビングレンジ

スタートから1時間弱前にドライビングレンジで、ウェッジやアイアン、ウッドやドライバーなどのクラブを入念に練習します。

  1. ウェッジは、まず「片手ウェッジ」を12球、次に「56度のサンドウェッジ」を11球、「ピッチングウェッジ」を5球打ちます。
  2. アイアンは「8番アイアン」7球からスタートし、「6番アイアン」は5球練習します。
  3. 「4番アイアン」と「ドライビングアイアン」はそれぞれ1球打ちます。
  4. 「3番ウッド」を4球の後、「ドライバー」を3球打ちます。
  5. 「7番アイアン」を1球だけ打ち、「9番アイアン」を4球打ちます。
  6. 「52度のウェッジ」を1球、「56度のウェッジ」も1球打ちます。
  7. 「5番アイアン」を1球打ちます。
  8. 「3番ウッド」を1球、「ドライバー」を2級打ちます。

 ショートゲームエリア

  1. 「ピッチショット」を23球入念に練習します。
  2. 「バンカーショット」を10球打ちます。
  3. 再度ピッチショットを8球練習します。

 最後のパッティング練習

スタート直前の練習最後には、「パッティング」を20球行います。

練習で最も多いのは「パット」の72球で、次に「チップショット」で59球です。フルショットは49球で、ドライバーは5球のみです。

 

ジェイソン・デイのラウンド前の練習

PGA TOURJason Day’s pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

 

ウォームアップは約1時間です。

パッティンググリーン

最初に右手片手で、次にショートパットを練習します。

チッピングエリア

「チップショット」、「バンカーショット」の練習をします。

ドライビングレンジ

  1. 56度のサンドウェッジを練習します。
  2. 8番、4番アイアンを練習します。
  3. 5番、3番ウッドとドライバーも練習します。
  4. 8番アイアン、56度サンドウェッジ、ドライバーを打ちます。
  5. 最後にパットの練習をします。

 

ローリー・マキロイのラウンド前の練習

PGA TOURRory McIlroy’s pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

ラウンド前練習の時間は約50分です。

チッピングエリア

「ピッチショット」を31球、「バンカー」で10球練習します。

ドライビングレンジ

  1. 54度の「ウェッジショット」を12球打ちます。
  2. 「9番アイアン」を13球、「7番アイアン」を12球、「5番アイアン」を9球打ちます。
  3. 「ドライバー」を6球打ちます。
  4. 「パッティング練習グリーン」に移動して「パッティング」を17球行い、練習を終了します。

 

リッキー・ファウラーのラウンド前の練習

PGA TOURRickie Fowler’s pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

ウォームアップは約55分です。

パッティング、チップショット

「パターの練習」から開始し、「チップショット」の練習はほとんどしません。

ドライビングレンジ

  1. 62度、57度、47度のウェッジを練習します。
  2. アイアンは、8番、6番を練習します。
  3. 5番と3番ウッドの練習も行ないます。
  4. ドライバーは、9球をフルスイングで打ちます。
  5. ティーグラウンドに行く前に、パットの練習をします。

スポンサーリンク

ババ・ワトソンのラウンド前の練習

PGA TOURBubba Watson’s pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

ウォームアップは約1時間です。

パッティング、チップショット

最初に「パターの練習」から開始し、短い距離、長い距離を入念に練習します。

ドライビングレンジ

  1. ウェッジは、60度、52度、ピッチングのウェッジを練習します。
  2. アイアンは、7番、4番を練習します。
  3. ドライバーは、フルスイングで打ちます。

 

アダム・スコットのラウンド前の練習

PGA TOURAdam Scott pre-round warm-up routine


出典:PGA TOUR

ラウンド前練習は約1時間です。

パッティンググリーン

  1. 1m先のティーに当てる練習を35球、「ロングパット」を10球行います。
  2. 5フィートをカップインさせる練習を12球行います。

チッピングエリア

「アプローチ」と「バンカー」の練習をします。

ドライビングレンジ

  1. 「サンドウェッジ」、「60度ウェッジ」の練習をします。
  2. 「アイアン」は、8番、5番、2番の練習をします。
  3. 「3番ウッド」と「ドライバー」を練習します。
  4. 最後に3番アイアンを練習します。

スポンサーリンク

ゴルフ上達練習方法をメルマガにて配信中

以上「プロゴルファーたちのラウンド前の練習」でした。このように「知識」があるだけでゴルフのスコアはアップします!

ゴルフが効率的に上達できる「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にゴルフの上達が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)