タオル素振りでゴルフが最短で上達する!タオル素振りの効果的なやり方

スポンサーリンク

わざわざゴルフ練習場に行かなくても、自宅でできるゴルフの練習が「タオル素振り」です。

このタオル素振りはとても地味な練習ですが、ちゃんとやれば「ゴルフが最短で上達できる」というほど、ものすごくゴルフのスキルアップには効果的な練習法です。

今回はそんなタオル素振りの効果と練習法についてご紹介します。

 

ゴルフタオル素振りの効果

 

ボールを打たないからスイングが身につく

ゴルフで真っ直ぐボールを打つために最も重要なことは、正しいスイングを身につけることです。

間違ったスイングでいくらボールを打っても、ゴルフが下手になっていくだけです。

そして、正しいスイングを身につけるために効果的な練習が「素振りなどのボールを打たない練習」です。

さらに言うと、ゴルフクラブを持たない素振りが効果的です。

なぜなら、ボールを打つこと、重いゴルフクラブで素振りをすることで、体に余計な力が入ってしまうからです。

アマチュアゴルファーがなぜプロゴルファーのような理想的なスイングが出来ないのかというと、重いゴルフクラブを振ること若しくは、ボールを打つことに意識を向けてしまうことで自分の意思とは違う動きが入ってくるからです。

ですから、理想的なスイングをするためにはボールを打たずにゴルフクラブではなく、軽いものでクラブの代用をすることが効果的ですね。

ゴルフクラブを持たない素振りとして有名な練習方法に「タオル素振り」があります。

 

タオル素振りはしなりが体感できる

ゴルフスイングにおいて重要なのは、クラブシャフトをしならせることです。

シャフトがしなって戻ることでヘッドスピードが上がり飛距離が出ます。

シャフトをしならせるためには、ちょっとしたコツがあります。

それは、スイング中に力を抜くところと、力を入れるところを分けることです。

簡単に言うと、バックスイングでは力を抜いて、インパクトからフォローでスイングスピードが最大になるように振るとシャフトはしなります。

これは、感覚的に覚えるものですので、素振りの一番の練習方法は「しなり」を体感することです。

しなりは、手元が軽くて先が重いほどしなります。

タオル素振りのやり方は後述しますが、軽いタオルの先を縛(しば)って重くするのが一般的です。

タオル素振りをやってみると分かると思いますが、最初から力を入れて振るよりも最初は力を抜いてインパクトだけ力を入れた方が、タオルがしなってヘッドスピードが速くなることを体感できるかと思います。

 

タオル素振りは切り返しのタイミングを掴むのに効果的

ゴルフスイングは、テイクバックからトップに行った後、ダウンスイングに入りそこからインパクト、フォローに進むわけですが、トップからダウンスイングに入る「切り返しのタイミング」がわからないと、スイングごとにバラバラになりがちになります。

切り返しのタイミングは、ゴルフスイングにおいて非常に重要な要素であり、切り返しのタイミングは早いと打ち急ぎのミスになりますし、切り返しのタイミングが遅いとオーバースイングや振り遅れの原因となります。

逆に言えば、切り返しのタイミングさえ一定であれば、それほど大きなミスをすることはありません。

タオル素振りでは、この切り返しのタイミングを覚えるのに効果的です。

タオルの先端の結んで重くしてある部分が背中にコツンと当たったときが切り返しのタイミングになります。

これを何回も繰り返してやることで、ゴルフスイングの切り返しのタイミングを覚えることができます。

 

タオル素振りは、自宅でできるから効果的

タオル素振りのメリットのひとつとして、自宅でできるという点がありますね。

用意するものもスポーツタオルひとつなので、かなり経済的です。

自宅でできるというのは、すごいメリットです。

ゴルフの練習は継続することが難しいです。

疲れていると、練習場に行くことも億劫(おっくう)になりますし、外が寒ければ素振りをするのも嫌になりますよね。

そしてゴルフの難しいところは、少し練習してコツを覚えても少し練習をしない期間があると全部忘れてしまうことです。

つまり、ゴルフを上達したければ、毎日何かしらの練習をすることが大事なのです。

タオル素振りならスペースもとらないですし、気軽にできるので大きなメリットになります。

スポンサーリンク

 

ゴルフタオル素振りの効果的なやり方

タオル素振りのやり方をご説明します。

やり方はとてもカンタンです。

  1. 長さ1メートル程度のスポーツタオルを用意して先端を縛って丸く固めます。
  2. 通常のショットをする時と同じようにアドレスを取ります。
  3. 脱力してバックスイングを開始します。
  4. トップでタオルの先端が背中に当たったら切り返します。
  5. インパクトの少し先でタオルのスピードが最大になる様に意識してスイングします。
  6. しっかりとフィニッシュを取ります(この時タオルが首に巻きつくような形になります。)

 

ゴルフ タオル素振りの注意点は?

 

しっかりとボディターンをすること

タオルは、ゴルフクラブと違って非常に軽いですから、体を使わずに手だけでスイングをすることができてしまいます。

ですから最初は、通常のショットを打つときのように体を使ってスイングをしていても、何回も繰り返し練習をしているうちに集中力が切れてきますので、どうしてもタオルを手だけで振るようになってしまいます。

このように、いわゆる「手打ち」になりやすいのがタオル素振りのデメリットでもあります。

一生懸命、手打ちの練習をしても意味がありませんよね。

テイクバックで、手先だけでタオルを上げるとどうしても手打ちになりやすくなります。

スイングの始動を手先ではなく肩で上げるようなイメージで行うようにします。

 

タオルの先端がいつも同じ場所に当たるようにする

タオル素振りでは、トップで一回、フィニッシュで一回タオルの先端が背中や首に当たります。

素振りをすることの最大の目的は、スイングを固めることですから毎回トップやフィニッシュでタオルの先端が違うところに当たっているようではダメです。

常に同じリズム、同じ軌道でスイングが出来れば、トップとフィニッシュで毎回同じ場所にタオルの先端が当たるはずです。

タオル素振りをする時に、トップとフィニッシュでタオルが背中や首に当たる位置を一定にすることを意識することで、同じ軌道でスイングをする練習になります。

 

手に力が入っていると難しいのがタオル素振り

タオル素振りをやってみるとわかってくると思いますが、手に力が入っていると意外と上手くできません。

ポイントは「脱力」です。

特に、テイクバックで完全に脱力すると上手くいくはずです。

イメージとしては、釣り竿を振るようなイメージですね。

釣りをやったことがある人はわかると思いますが、釣り竿を振る時に最初から力が入っていると仕掛けは飛びません。

釣り竿をしならせるためには、脱力が必要です。

タオル素振りも同じでタオルの先端を走らせるためには、バックスイングでの脱力が必要です。

タオルの先端をクラブヘッドに見立ててヘッドを走らせるためには、スイングの一連の動きの中で、どこで力を抜いてどこで力を入れれば良いのかをタオル素振りで感覚的に覚えることが重要です。

 

継続は力なり!毎日続けること

タオル素振りの最大のメリットは、自宅でお金もかけずにゴルフの練習ができるという点にあると思います。

サラリーマンの人などでも仕事終わりにゴルフの練習場に行くことは難しいかもしれませんが、タオル素振りならば、自宅で行うことが出来ます。

ボールを打たない練習ですから、はっきり言ってしまうと面白い練習ではありません。

タオル素振りは、自宅で気軽に行える練習方法ですが飽きやすい練習ですので、意外と毎日継続してできる人は少ないかもしれません。

100回タオルを振って気づかなくても、101回タオルを振れば気づくこともあります。

とにかく、一度タオル素振りをすると決めたら継続して毎日やるということが重要ですね。

 

タオル素振り以外の練習方法をメルマガにて配信中

「タオル素振りは飽きる!」というあなた

そんなあなたでも、自宅でお手軽で簡単にできる「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にゴルフ上達が期待できます。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です