ゴルフで紫外線対策をしないと起こる4つの恐ろしいこと

ゴルファーたちの象徴「日焼け」は、健康という要素のバロメータであり、ステータス!

いえ、いえ・・・、日焼けは肌トラブルの原因です。

今やゴルフにおける紫外線対策は、絶対に必要です。

なぜなら、紫外線対策をしないと、恐ろしいことが起きるのです!!

スポンサーリンク

 

紫外線が起こす悪影響とは?

有害な紫外線の種類

紫外線は、大きく分けて

「紫外線A波(UVA)」・「紫外線B波(UVB)」・「紫外線C波(UVC)」

の3種類です。

紫外線のうち最も強力なのは、「紫外線C波(UVC)」で、その威力は「殺菌用のライト」などに使われているほどです。

ただ、C波は、地上にはほとんど届かない紫外線です。

地上まで届くのは「紫外線A波(UVA)」・「紫外線B波(UVB)」の2種類の紫外線です。

この2つの紫外線の違いをみていきましょう。

紫外線B波(UVB)

肌が真っ赤になり、ヒリヒリする・・・。

その原因は、紫外線B波(UVB)です。

紫外線B波(UVB)のエネルギーは、相当強力です。

肌表面への影響も大きく「炎症」を引き起こし、「皮膚ガン」や「シミ」「そばかす」の原因になります。

ただ、紫外線B波(UVB)の波長は短いので、オゾン層や雲などに阻まれて、実際に、地上まで到達する量は、全紫外線量の約10%と言われています。

なので、日傘や帽子など、直射日光に当たらないようにするだけで、ある程度の「紫外線B波(UVB)」は防ぐことができます。

 

紫外線A波(UVA)

地上に降り注ぐ紫外線の約90%が「紫外線A波(UVA)」です。

紫外線B波(UVB)は、肌を赤くする「サンバーン」を引き起こすのに対して、紫外線A波(UVA)は、肌に急激な変化を与えません。

なので、紫外線B波は、肌への影響が少ないように思えますが、実は、「肌の奥(真皮)まで届く紫外線A波(UVA)」は、「シミ」や「しわ」や「たるみ」が発生する大きな原因であることが、近年の研究でわかってきました。

肌表面への影響はすぐには出にくいですが、波長が長い紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと長い時間をかけて肌の老化を促進するのです。
さらに、紫外線A波(UVA)は、オゾン層や雲を通り抜けやすく、紫外線が少ないと思われる曇りの日でさえ、地上に降り注いでいます。

その量は、紫外線B波の20倍以上!

やっかいなことに、窓ガラスも通り抜けやすいので、日当たりがいい家の中にいるだけでも、紫外線B波を浴び続けているのです。

以上のとおり、紫外線には種類があり、その種類によって、いろいろな影響を及ぼすことが明らかになってきています。

意外に知られていませんが、「肌トラブル」の80%は紫外線によるものなのです。

 

紫外線対策をしない起こる恐ろしいこと

皮膚がん

紫外線を大量に浴びると細胞の遺伝子に傷がつきます。

通常、傷ついた遺伝子は、2日ほどで修復されるのですが、修復されるまもなく、大量に浴び続けると、皮膚がんを発症する危険性が高まります。

遺伝子に傷がついた状態のまま、細胞分裂を繰り返した結果、突然変異を起こすのです。これが、「皮膚がん」のメカニズムです。

紫外線B波(UV-B)が、皮膚がんに影響を与える紫外線と言われています。

 

ほくろ

ゴルフで日焼けしている人は、「ほくろ」が多くないですか?

ほくろができる原因の多くは、紫外線と言われています。

肌は紫外線を浴びても、メラノサイトがメラニンを作り出し、紫外線を吸収します。

でも、大量の紫外線を浴びすぎると、このメラニンを作る過程で、メラノサイトが活性化しすぎたり、なんらかの刺激を受け、肌が異常を起こすことにより、ほくろは形成されるといわれています。

 

目の病気

紫外線対策として、肌をケアする人は多いのですが、意外と怠りがちなのが「目」です。

最近では、紫外線による目への影響について、その危険性が叫ばれています。

長時間、日差しを浴びた時に、目が赤くなったり、痛くなったりしたことはありませんか?

それは、紫外線による炎症が原因です。

目は、直接的なダメージを受けやすいので、紫外線によって傷ついてしまうのです。

さらに、水晶体は、新陳代謝をしないので、紫外線に当たり続けることで、どんどん傷つきます。その結果、水晶体が濁り、「白内障」などの目の病気を発症してしまうのです。

目の病気も、紫外線が大きく影響しているのです。

>>日焼けによる危険性は【日焼けは超危険!ゴルフの日焼け対策を徹底解説】で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

【日焼けは超危険】ゴルフ日焼け対策を徹底解説

2019年8月11日

しっかりしておきたい紫外線対策

肌だけではなく、目にも大きな影響を与える紫外線。
もはや、日焼けは「上手いゴルファーの証(あかし)」ではありません。
ぜひ、ゴルフ時は、徹底的な紫外線対策をしてください。

  1. 日焼け止めを塗る
  2. 帽子をかぶる
  3. 長そで長ズボンを着用する
  4. 傘をさす
  5. サングラスをかける

この5つを行うだけで、紫外線による健康被害は、ある程度は防げるのです!

>>プロゴルファーも実践する日焼け対策は【ゴルフの日焼け対策を徹底解説】で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

【日焼けは超危険】ゴルフ日焼け対策を徹底解説

2019年8月11日
スポンサーリンク

 

紫外線対策の必需品

日傘

日傘をさすだけで、紫外線の直撃を防げます。

特に、日傘は、「紫外線B波」には効果的です。

【自分だけ紫外線対策するキャディーさん!?】


出典:GDO

>>晴雨兼用なので1本あるとかなり重宝します!おすすめの日傘は【ゴルフ用日傘3つの効果とおすすめ日傘5選】でご紹介しています。

 

アンダーシャツ

炎天下の中で、アンダーシャツを着るのは暑く見えますが、紫外線を浴び、日に焼けるだけで体力が消耗します。

「アンダーシャツなしでのゴルフなんて信じられない」という人もいるほど。

ぜひアンダーシャツの着用をおススメします。

 

サングラス

紫外線から目を守るには、「サングラス」はもはや必需品です。

ゴルフでは、値段は高くなりますが、質のいいサングラスをかけるようにしましょう。


出典:OAKLEY

>>質のいいサングラスはこれ!!『しないとヤバい!!ゴルフのサングラスの選び方3つのポイント』はこちらで詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

日焼け止め

紫外線の強くなる季節のゴルフでは、日焼け止めは絶対必需品です!

ゴルフをするうえで、絶対おすすめの日焼け止めをご紹介します!

 

ゴルファーに絶対におすすめの日焼け止め

日焼け止めのマメ知識

日焼け止めを購入する上で、絶対に知っておかなければならない知識のうち、「SPF」と「PA」があります。

日焼け止めの商品には必ず記載されている「SPF」と「PA」とはなんなのでしょうか?

 

SPF

SPFとは、浴びると肌に炎症を起こし、シミ・シワの原因になる「紫外線B波」を防御する値です。

このB波の防御目安となるのが「SPF値」で、「1~50の数値」で示されます。

SPF1につき「約15~20分程度」防御が可能とされていて、SPF50ではその50倍、つまり「約12~16時間程度」は、紫外線B波から肌を守ってくれるということです。

なので、SPF値が大きいほどB波を防ぐ効果が高いということになります。

SPFは最大値が50であり+がつくと「50以上」を意味します。

 

PA

日焼け止めの数値として、もう一つ重要なのがPAです。

PAとは、シワ・タルミの大きな原因と言われる「紫外線A波」を防御する値です。

このB波の防御目安となるのが「PA値」で、「+(プラス)」の多さで示されます。

なので、「PA値」のプラスが多いほどA波を防ぐ効果が高いということになります

従来は「PA+++」が最高値でしたが、2013年1月から「PA++++」が認可され、最高値になりました。

 

ゴルファーのために開発された日焼け止め

ゴルフは、自然の中で、プレーするスポーツ。

通常の生活の何十倍もの紫外線が肌を直撃します。

そんなゴルファーたちに、数ある日焼け止めの中でもおススメなのが「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル

海でも焼かない」にとにかくこだわった日焼け止めジェル!

SPF指数は国内最高基準の「SPF50+」、紫外線B波から肌をしっかりガードしてくれます。

さらに、PA指数も、国内最高基準「PA++++」で、紫外線からプレー中の肌をがっちりガードしてくれます!

 

”紫外線カットだけじゃない、こだわりの多機能UV”として開発された「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル」は最高のパフォーマンスを目指すゴルファーも満足できる日焼け止めです!

 

汗に強いからゴルファーにもおすすめ


ゴルフなどのスポーツ時は、とにかく汗をかくため、どうしてもせっかく塗った日焼け止めが落ちてしまい、結局、ラウンド終了するころには、鼻の頭が赤くなってしまう…

そんなあなたでも大丈夫です!!

メーカーが「いま現在日本で流通している「絶対焼けない」という評判の日焼け止めよりも、 日に焼けない自信があります。」と豪語するこの「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル

何といっても、実際に汗をかいたり、水に濡らしてみて使っても落ちない驚きの「耐水性」

この「NALC日焼け止めジェル」について、メーカーは…

水に非常に強い商品を開発しました。 一般的な日焼け止めは界面活性剤で乳化させています。 その場合は一度なじんだ成分が水で<再乳化>して、肌から流れ落ちてしまいます。 しかし、NALC PERFECT UV PROTECTは、””三相乳化法””により 界面活性剤を使わずに日焼け止めを製造しているため再乳化しずらく、水で流れ落ちる事がありません。

~ NALC Officialストア ~

ちょっと何言っているのかわかりませんが・・・

とにかく、このNALCは、市販されている他のウォータープルーフの日焼け止めよりも汗に強いので、「夏でもアクティブに外に出たいけれど、日に焼けたくないすべての男女」 におすすめできるのです。

ゴルファーはもちろんのこと…、

  • 汗をかくスポーツをされる方
  • マリンスポーツをされる方
  • アウトドアに出かける方。
  • 海やプールへ遊びに行かれる方
  • 海外旅行へバカンスに行かれる方

とにかく、紫外線の強い季節に強い日差しを浴びる人でも、日焼けしたくない人には、おススメです。

楽天市場総合ランキング1位を獲得したこの「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル」は今なら送料無料で購入することができます!!

 

>>プロゴルファーも実践する日焼け対策は【ゴルフの日焼け対策を徹底解説】で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

【日焼けは超危険】ゴルフ日焼け対策を徹底解説

2019年8月11日

 

知っておいて損はない!お得な情報をメルマガにて配信中

「知って得する」ゴルフに関する情報やゴルフ上達練習方法などをメルマガで無料配信しています。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)