ドライバーの飛距離はミート率!ミート率を上げる3つの方法

スポンサーリンク

ミート率を上げると、あなたの飛距離はどれくらい伸びるのでしょうか?

飛距離アップはゴルファーの永遠の課題でしょう。

「ヘッドスピードが39m/sしかないので、190ヤードくらいしか飛びません。あと20~30ヤードくらいは飛ばしたいのですが・・・」

あなたはどう思いますか?

ヘッドスピード39m/sのゴルファーがドライバーで220ヤード以上飛ばすことができると思いますか?

 

答えは・・・

 

できます!

 

今回は、ヘッドスピードがないシニアや女性でも「簡単」に飛距離を伸ばす方法をお教えしましょう。

スポンサーリンク

 

ヘッドスピードと飛距離の関係

ヘッドスピードと飛距離は大きく関係しています。

ヘッドスピードの6倍が飛距離」といわれているからです。

 

一昔前は、ヘッドスピードの5倍が飛距離の目安といわれていましたが、道具(ドライバー)の進化で、今では、最大、ヘッドスピードの6倍の飛距離が出るといわれています。

 

つまり、理論上から言えば、ヘッドスピードが39m/sのゴルファーは、最大飛距離234ヤードは飛ばせるということになります。

ヘッドスピード39m/sというと、概ねまだスイングが安定していない初級者や腕力のない男性、シニアゴルファー、もしくは一般女性においては、スポーツ経験があるなど、女性の中では腕力のある、スイングがしっかりしている方が当てはまると思います。

普通のアベレージゴルファーの中で一定の層がいるレベルです。

ヘッドスピードと最大飛距離の関係を示すと次のとおりです。

  • ヘッドスピードが40m/s・・・240ヤード
  • ヘッドスピードが42m/s・・・252ヤード
  • ヘッドスピードが45m/s・・・270ヤード

 

ここでこんな疑問が出ませんか?

「いやいや、そんなに飛ばないですけど・・・」

 

実は、それには、こんな理由があるのです。

 

飛距離の3要素

飛距離を決めるのは、次の3つの要素です。

  • ボールの初速
  • 打ち出し角度
  • スピン量

 

ヘッドスピードが今のままでも、この3つの値が最適になった場合に、あなたにとっての最大飛距離が出せることになります。

この記事では「ミート率」を上げることについて掘り下げていきますが、その前に、そもそも皆さんは「ミート率」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?

「ミート率」とは…、

ヘッドスピードをどれだけ効率的にボール初速に伝えられたか、を測るもので、その効率の良さを数値化したものです。

最近ではゴルフ練習場などでもミート率が測れる装置を置いてあるところも増えていますから、試しに自分のミート率を把握することをオススメします。

この「ミート率」と、飛距離を決める大きな要素のひとつである「ボール初速」との関係には下記のような公式が存在します。

ボール初速 ÷ ヘッドスピード = ミート率

式を変えれば、ヘッドスピード × ミート率 = ボール初速ということです。

そしてボール初速の4倍の数値が飛距離となりますので、

ボール初速 × 4 = 飛距離

ボールの初速を上げる上で、「ミート率」は切っても切り離せない関係があるのです。

 

つまり、「ミート率を上げれば、初速が上がる

初速が上がれば、飛距離は伸びる」ということになるのです。

要するに、ヘッドスピードが上げられなくても、ミート率を上げることができれば飛距離はまだまだ伸ばせる、ということがお分かりいただけると思います。

ボールの初速を上げる上で、「ミート率」は切っても切り離せない関係があるのです。

女子プロゴルファーはパワーがないのに、飛距離が出る・・・

男子プロゴルファーが平気な顔して300ヤード以上も飛ばす・・・

その秘密は「ミート率」にあるのです

 

あなたが、ヘッドスピードに応じた飛距離がでないのは、ミート率が悪いからです。

 

プロゴルファーとアマチュアゴルファーのミート率の違い

アマチュアゴルファーとプロゴルファーのミート率の違いを比較して見ましょう。

一般的なアマチュアゴルファーのミート率は「1.3」

プロゴルファーは「1.45~1.5」

一般的にミート率が「1.4」を超えると 効率が良いといわれています。

なおミート率の最大値は現状のルール上「1.56」です。

 

なので、アマチュアゴルファーはおおむねミートができていない(スイートスポットでしっかりとらえられていない)のに対して、プロゴルファーは、限りなく高いミート率(スイートスポットでしっかりとらえていること)であることがお分かりいただけるでしょう。

 

つまり、今のあなたのヘッドスピードをさらに上げる努力をするよりも、今のヘッドスピードでもミート率を上げていけば、飛距離は確実に伸びていくことになります。

 

「ボール初速 = ミート率 × ヘッドスピード」です!

飛距離を出そうと、一生懸命ヘッドスピードを上げても、ミート率が低ければ、ボールの初速は上がりません。

すなわち、飛距離が出ないということになりますよね。

今のあなたのパワー、あなたのヘッドスピードでも、ミート率が上がるだけで、飛距離は伸びるのです。

 

あなたの飛距離はどれだけ伸びるのか?

ヘッドスピード39m/sのあなたが、ミート率が上がったらどれくらい飛距離が伸びるのでしょうか?

さきほどの計算式に当てはめてみると・・・・、

 

39m/s×ミート率1.3  ×4 =202.8ヤード

39m/s×ミート率1.35 ×4=210.6ヤード

39m/s×ミート率1.4   ×4=218.4ヤード

39m/s×ミート率1.45×4=226.2ヤード

39m/s×ミート率1.5  ×4=234ヤード

 

つまり、ヘッドスピードが39m/sでも、ミート率が高ければ、女子プロゴルファー並の飛距離が出るということです。

 

ドライバーのミート率が悪くなる2つの原因

それでは、なぜミート率が悪くなるのでしょうか?

ミート率が悪くなる原因は次のとおりですが、基本的に芯を外して打っている状態であって、特にアマチュアは、トップやインパクトで伸び上がったり、上体が突っ込むなど、スイングが安定せず、再現性の低いスイングをしていることが原因です。

 

ミート率が悪くなる原因1 体重移動

ミート率が悪くなる原因として最も多いのが、上下、左右への体重移動です。

まず、左右の体重移動。

これは、出来るだけ抑えた方が確実にミート率を良くすることができるはずです。

これは、極論かもしれませんが、助走して打っても上手く当たりませんよね?

バックスイングで大きく右に体重移動してしまうことで、元の位置にクラブヘッドを戻すことが難しくなります。

特にドライバーとなると、出来るだけ遠くに飛ばしたいという意識が働きますから、無意識のうちに、この左右の体重移動が大きくなってしまっている可能性があります。

次に上下の動きの大きさです。

多いパターンが、テークバックで膝が伸びあがって、インパクトではその分、体が沈み込むパターンです。

上下の動きが大きい時点で前傾角度を保つことも困難になりますから、ミート率は当然下がります。

 

ミート率が悪くなる原因2 フルスイング

ミート率の悪い人の特徴を見ると、常にフルスイングで打っていることが多いですね。

トップが大きく、フィニッシュがとれないほどの「マン振り」でも、たまたま芯に当たれば、飛距離が出ることがあるかもしれません。

でも、やはり、フルスイングは、体重移動や軸のブレが大きくなる原因となりますので、ミート率を下げる原因となります。

では、どうすれば、ミート率は上がるのでしょうか?

 

ドライバーのミート率を上げる3つの方法

では、ミート率を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

スイングを安定させために、しっかりとした練習を繰り返すことがミート率を高めるためにはもっとも重要です。

でも、なかなか月一ゴルファーが、プロゴルファー並みのミート率を得るために、しっかりとした練習を繰り返すことは難しいでしょう。

そんなあなたに、簡単にミート率を上げる、とっておきの方法があります。

クラブを短く持つ

ドライバーのミート率を上げる最も簡単で確実な方法は「クラブを短く持つ」ということです。

どうしても飛ばそうと考えると、クラブを目いっぱいの長さで持って、振りまわることになりがちですが、それではなかなかヘッドスピードは上げることはできても、肝心のミート率が落ちるので、飛距離は伸びません。

でも、グリップエンドを指2本分くらい余らせて握ることで、驚くほど、ミート率が上がります。

短く握る分、遠心力は減るので、飛距離は落ちると思われがちですが、その分ミート率は上がるので、結果として、ナイスショットが増えてきます。平均飛距離もアップしていきます。

プロゴルファーでも指1本分くらいは短めに持っている人もいるくらいなのです。

ぜひ、次のラウンドでは、ドライバーを短くもって、打ってみてください。あなたは、その効果にきっと驚くことでしょう。

コンパクトなスイング

ミート率を下げている原因が、上下、左右の体重移動であるならば、ミート率を上げるには、やはり、「コンパクトなスイング」を目指すことが重要となります。

前傾角度を崩さず、アドレスした位置にしっかりとクラブヘッドが戻ってくるようなスイングが理想的です。

再現性の高いスイングを目指すことでミート率は上がります。

スイング軌道

また、スイング軌道も重要です。

スイング軌道には、アウトサイドイン、インサイドアウト、インサイドインの3パターンがありますが、ミート率が安定するのは、やはりインサイドインのスイング軌道が良いとされています。

スイング軌道をインサイドインにすることでミート率は上がります。

スポンサーリンク

ミート率を上げるための練習方法

ハーフスイング

ほとんどのゴルファーは、力は大きなバックスウィングによって生まれるという勘違いをしている
~ ジャック・ニクラウス ~

つまり、多くのアマチュアゴルファーは、スイングの理想的な形よりも、大きいスイング、特に、大きいテイクバックをとろうとしているということです。

特にドライバーショット。

少しでも遠くに飛ばしたいという気持ちが、スイングを大きくしてしまうのですね。

スイングが大きくなると、体重移動や上下の動きが大きくなり、ミート率が下がる原因となります。

スイングをコンパクトにすることで、飛距離が落ちると思うかもしれませんが、むしろ、アマチュアゴルファーは、スイングを小さくした方が、ミート率が上がり、飛距離が出るでしょう。

 

ミート率を上げる方法として、ハーフスイングでの練習がおススメです。

ハーフスイングとは、腰から腰までのスイングです。

時計の針で言うと、8時から4時くらいの振り幅のショットですね。

練習方法は、簡単です。

ハーフスイングでドライバーショットをして、100ヤード~150ヤードを打つ練習方法です。

この練習方法のメリットは、ハーフスイングでドライバーを打つことで、フェース面を意識して芯で捉える感覚が養えるという点です。

腰から腰までの振り幅でも、芯でボールを捉えることで、こんなに飛距離が出るんだという感覚になるでしょう。

ドライバーでのハーフスイングをするうえで注意するポイントは、ハーフスイングだからと言って、手打ちにならないことです。

まあ、腰が回らず手打ちになると、ほとんどがチーピンやフックボールが出ると思いますから、ハーフスイングで真っすぐ打つことができれば、ボディーターンで正しく体が使えていると思ってよいでしょう。

これだけで絶対100切りできる!ゴルフのハーフスイング練習法

2017年1月25日

もしドライバーや長いクラブでの練習が上手くいかない、という人にはアイアンやウエッジでの練習でも効果を発揮します。

9番アイアンなどのショートアイアンでティアップしてボールを打つ練習をオススメします。

アイアンの場合、マットの上に置くと、多少ダフってもソールが滑ってそこそこ当たったような錯覚がありますが、ティアップすることできちんと芯に当たっているか確認できます。

上手く打てるようになったらだんだんと番手を上げていったらいいですよ。

 

スリークォーター

ハーフスイングに慣れてきたら、次はスリークウォータショットに挑戦しましょう。

スリークォータとは、フルショットの4分の3の振り幅で打つショットです。

時計の針で言えば9時から3時のショットですね。

このスリークォータショットをひたすら練習しましょう。

フルショットよりも確実にミート率は上がるはずです。

 

フルショット

最後にフルショットです。

ここでジャックニクラウスの言葉を思い出してください。

ほとんどのゴルファーは、力は大きなバックスウィングによって生まれるという勘違いをしている
~ ジャック・ニクラウス ~

つまり、スリークウォータースイングが「9時から3時まで」であるなら、フルショットは「9時から12時まで」までのイメージです。

いままでのあなたのスイングは、おそらく「12時から9時まで」のようなスイングだったと思います。

大きなバックスイングが飛ぶと考えている人は、トップが大きく、フィニッシュが小さいスイングになりがちです。

ミート率が良くなるコンパクトなスイングとは「9時から12時まで」のスイングなのです。

ハーフショット ⇒ スリークウォーターショット ⇒ フルショット

この順番で練習していくことで、自然とコンパクトなスイングが身につくでしょう。

 

ミート率を上げるその他の練習法

大きな筋肉を使ってミート率を上げる

ジャック・ニクラウスは「飛ばしたければ、大きな筋肉を使ってゆったり振れ」とも言っています。

ニクラウスの言う「大きな筋肉」とはアマチュアゴルファーにありがちな、無意識のうちに力が入ってしまう手や腕の筋肉ではなく、腹筋、背筋などの筋肉です。

手や腕などの小さな筋肉は頭で考えたことをすぐ器用に動かせますが、緊張下ではなかなか難しいことです。

逆に腹筋、背筋などの大きな筋肉は頭で考えた通りにはなかなか動かすことはできませんが、何度も練習しているうちに覚えていきます。

このような体で覚えた動作は緊張下においてもその動きが再現しやすく、これがミート率の高さとなって現れます。この大きな筋肉を意識しながら、先ほどの地道なスイング練習を継続してください。

きっと徐々に芯で捉えられるようになって、ミート率が必ず上がるはずです。

このように大きな筋肉でミート率を上げることができれば、スイングが安定し、当然再現性も高まるので、好不調の波も少なくなり、ショット自身やスコアも安定してくると思います。

 

テイクバックで低い位置にグリップをキープ

アマチュアゴルフアーは、テイクバックの時に手でクラブを持ち上げてしまう人が少なくありませんが、そのようなテイクバックでは「手打ち」になってしまいがちです。

手打ちにならないようにアドレスで出来た両肩と腕の三角形を崩さないようにしましょう。

グリップの位置も低くなり、上体も起き上がらないので安定した軌道でインパクトを迎え、ミート率も向上します。

 

スタンス幅を狭くする

ボールの掴まりが悪く芯を外しているならスタンスを狭くしてみましょう。

体重移動が抑えられ、体の回転で打つイメージがしやすくなるため、それだけでスイング軸が安定し、ミート率が向上します。

 

スプリットハンドで練習する

右手と左手を話してグリップして練習することもミート率を高めるための一つの練習方法です。

スイング中の右手と左手の入れ替えがわかりやすくなり、また、左わきも締まってくる感覚も覚えられるので、手と体が同調したスイングが体感でき、しっかりと芯で捉えられるようになります。

 

ミート率を上げるためのおすすめ練習器具3選

 

ゴルフスイングトレーナー GST-5 Arc

ミート率を上げるためには、スイングを安定させ、再現性の高いスイングでボールをしっかりとクラブヘッドの芯で捉えるということが必要なのですが、そのためには、やはりあなたのミート率を知らなければいけませんよね。

ミート率を知るうえでおススメの練習器具がこの「ゴルフスイングトレーナー」です。

ゴルフスイングトレーナー GST-5 Arcは、ミート率はもちろん、ヘッドスピード、推定飛距離、ボールスピードを測定してくれる測定器です。

また、スイング軌道(アーク)を3Dアニメーション表示することができますので、それを参考にして、スイング改善をしてミート率を上げることができます。

さらに、インパクト時にフェースが開いているのか、閉じているのか、ハンドファーストでインパクトデキているかどうかという点もこの測定器で確認できますので非常に便利です。

使い方も非常にシンプルで使い方は、測定器をボールの後方1mに置くだけです。

ミート率の基準ですが、最高で1.56くらいであると言われています。

アマチュアゴルファーの平均で1.3くらいですかね。

ミート率が1.4以上であれば効率的にボールに力が伝わっていると言われていますから、目指せミート率1.4以上ですね。

 

インパクトマーカー

ミート率を上げるためには、ボールをクラブヘッドの芯で捉えることが重要ですよね。

昔から使われている練習器具として、インパクトマーカーがあります。

単純な練習器具でフェースの形状をしたシールをクラブヘッドのフェースに貼って打つだけです。

打球痕がしっかりと、シールにつくので自分がフェースのどの部分でインパクトしているかがはっきりとわかります。

10球くらい打ってみれば、自分のインパクトの傾向がはっきりとわかりますから、それを元にスイングを改善するようにしましょう。

価格も安いのでお手頃な練習器具です。

 

シンプルマスターCB M-510

ミート率を上げるためには、無駄な体重移動や上下の動きを改善する必要があります。

すごくシンプルに言えば、正しいスイングを身につける必要があるということですね。

ゴルフ練習器具 シンプルマスターCB M-510を上腕で挟み、両腕と胸の3点で支えます。

この状態でシンプルマスターCBが落ちないようにしてボールを打ちます。

この練習器具の良い所は、正しい下半身の使い方や腕のたたみ方など頭ではわかっていても上手くできないゴルフスイングの正しい動きを体感できるという点です。

片山晋呉プロなどを教えたティーチングプロとして有名な谷 将貴コーチ監修の商品ですので、信頼できるゴルフ練習器具ではないかと思います。

 

ゴルフ上達練習方法をメルマガにて配信中

ミート率をあげたい!そんなあなたに・・・、「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にミート率向上が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。