【アイアンがダフる人必見】ダウンブローのイメージを持てばダフらない!

 

「ラウンドしていて、アイアンショットのダフりが何回もある…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

私もそうでした。

アイアンショットがほとんどダフっていましたから、クラブはいつも土だらけ。

ゴルフ場の管理をしている人に対して申し訳ないなといつも思っていました。

当然スコアはいつも悪かったですね…

アイアンショットのダフりは、アマチュアゴルファーにとっては最も多いミスです。

アイアンショットのダフりは、確実にスコアが悪くなりますし、何より気分が悪いですよね?

「ドライバーショットやフェアウェイウッドは上手く打てるけど、どうしてもアイアンショットはダフってしまう…」

このような人は、アイアンショットのイメージを変えるだけで劇的にアイアンショットが上手くなる可能性が高いです。

アイアンショットは、ダウンブローでクリーンにボールを打つ必要があります。

ということで今回は、「アイアンをダウンブローを打つ方法」ではなく、「ダウンブローで打つイメージを持つだけでダフリを予防する方法」を紹介します。

 

ダウンブローのイメージとは

 

ダウンブローで打つイメージを持つ

アマチュアゴルファーに多いのが、「ボールを上げたい!」という意識から、右足体重のすくい打ちになってしまうパターンです。

ゴルフにおいて、すくい打ちは良い結果を生みません。

右足体重になれば、スイングの最下点も右寄り、つまりボールの手前になります。

これがダフりの原因です。

スイングの最下点がボールより先にあるのがダウンブローという打ち方です。

プロゴルファーのアイアンショットでターフが取れるのに憧れたことはありませんか?

ターフが取れる打ち方は、カッコ良いですよね。

すくい打ちでは、ターフは取れません。

若しくは、大ダフリしてボールの手前のターフが取れるのが関の山です。

プロゴルファーは、アイアンショットをダウンブローで打っているからクラブフェイスがボールを打った後に、ボールの先のターフが取れるのです。

ところで、イメージを持つだけで、ダウンブローは打てるのでしょうか?

ということで、具体的にダウンブローのイメージの仕方をご紹介します。

 

ダウンブローで打つためのイメージ

ダウンブローで打つためのイメージとして有名な方法なのが、「ボールの先に仮想のボールをイメージしてその仮想のボールを打つようにスイングするという方法」です。

実際のボールを見ずに、ボールの先の一点に集中し、そこに向かって打っていくというものです。

このようなイメージで打つと、クラブが最下点に達する前にボールに当たります。

つまり、ダウンブローで打つことができるわけですね。

多少、邪道な方法ですが、ゴルフにおいて重要なのは、知識を得ることよりも体で覚えることです。

まずは、練習場などでこのようなイメージでアイアンショットを打ってみて下さい。

最下点より手前でボールを打つとどのような球筋が出るのか、きっと少し違ったインパクトの感覚が掴めるでしょう!

 

ダウンブローのイメージだけでなく、ダウンブローの打ち方はこちらで詳しく説明していますので合わせてご覧ください。

宮里藍の練習方法は口にポテチ!アマチュアがマネしたい5つの練習法

2017年6月10日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ダフらないアイアンショットの打ち方である「ダウンブローのインパクトのイメージ」について紹介しました。

ダウンブローで打つためには、すくい打ちになると、スイングの最下点がボールより右側になってしまうから、ボールに当たるより先に地面に当たってしまうことでダフりが発生しやすいスイング軌道になることを理解することが重要です。

クラブフェイスが最下点に到達する前にボールを打つダウンブローで打つためには、「実際のボールより先に仮想のボールをイメージしてそのボールを打つようなスイング軌道をする」というような形でスイングをすると、ダウンブローで打ちやすくなります。

アイアンでダフりが多い人は是非試してみて下さい!

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)