それっていいマメ?手のマメの位置でゴルフの上手さがわかる!

スポンサーリンク

ゴルフが上手い人は、間違いなく正しいグリップができている人です。

そして、正しいグリップができている人は、正しい位置にマメができます。
もちろん、正しいスイングをしている人も同じです。

その逆に、ゴルフが上達しない人には、共通する位置にマメがあります。

ゴルフが上手い人に共通するマメの位置はどこなのでしょうか?

あなたの手にできたマメの位置であなたのゴルフの上手さが分かります。

そのマメ、いいマメ、悪いマメ?

スポンサーリンク

 

右手にできていいマメの位置

結論から言うと、ゴルフにおいて、右手でマメができてもいい位置は、「人差し指」だけです。

それも、「右手人差し指の付け根から、第2関節の側面」だけです。
この位置にマメは、「右手でボールを押し込むこと」によってできるものです。

ただ、人差し指にマメができることも、決して良いことではありません!

ゴルフのグリップで右手は添えるだけというのが原則です。
なので、右手にはマメができないのが理想です

特に、マメができてはいけない位置は「右手親指」です。

もしあなたが、この位置にマメができるのなら、要注意です。

右手親指にマメができる人は、まず下半身主導のスイングができていないという可能性が高いです。

おそらく、ダウンスイングで手だけでボールを叩きにいっているのではないでしょうか?

いわゆる、「手打ち」の状態ですね。

そうなると、スイング的は、インサイドインと言う正しいスイング軌道から外れて、アウトサイドイン軌道になってしまいます。

アウトサイドインの軌道になると、基本的には、ボールを外から叩く、カット打ちになってしまいます。カット打ちになるとボールにスライス回転がかかり、飛距離が出ません。

スイングを後方から見た場合に、「クラブが肩口より上から入ってくる打ち方」です。

 

例えば、ドライバーでのティーショットで、自分より、明らかに非力な人に飛距離で負けてしまう・・・このような経験がある人は、極端なアウトサイドイン軌道で、コスリ球になってしまっている可能性が高いでしょう。

そして、そのような人は、右手、特に親指にマメができやすいと言えます。

右手の親指にマメができやすい人は、「右手を使いすぎ」る傾向にあります。

その他にも、右手の薬指や中指にマメができる場合もありますが、これも右手を使いすぎの傾向があると言えるでしょう。

人差し指はクラブを握っている指なので、マメはできやすいですが、できれば、右手にはマメができないようなグリップ、スイングを身につけたいものですね。

右手親指、人さし指もすべて解決!ゴルフのグリップ右手の握り方5つのポイント

2016年12月31日

 

左手にできていいマメの位置

左手にできていいマメの位置は、「小指、薬指、中指とその付け根」です。

ゴルフのグリップは、基本的に、この3本の指でクラブを握るからです。

右手のマメは不要な力が入っている証拠ですが、左手は、力が入って当たり前ですので、クラブを握る3本の指にマメができるのは当然です。

ただし、強く握りすぎは良くありません。

 

左手親指、人さし指のマメはNG

左手の指にマメができるのは、基本的にはOKですが、「親指、人さし指」にマメができやすい人は、要注意です。

左手親指、人さし指にマメができやすい人は、グリップに問題がある可能性が高いと言えます。

なぜなら、上記したように左手でクラブを握るのは、小指、薬指、中指の3本ですから、その3本以外にマメができるということは、間違ったグリップをしている可能性が高いと言えます。

グリップは、ゴルフをする上でとても重要です。

ウィークグリップからストロンググリップに変えただけで、スライスしなくなったという話は良く聞く話で、これは、グリップを変えるだけで球すじも変わるという証拠ですね。

ですから、もしもメチャクチャな握り方をしていたとしたら・・

良い球が打てるはずがありませんよね。

左手の親指、人さし指にマメができやすい人は、一度、グリップを見直してみるというのも良いかと思います。

これだけ読めば完璧!【図解】ゴルフのグリップ左手の握り方7つのポイント

2016年12月23日

スポンサーリンク

 

ゴルフのマメ正しい位置とダメな位置

ゴルフマメの正しい位置とダメな位置です。

画像にはありませんが、手の甲側にできるマメや指と指の間にできるマメは、すべて悪いマメです。
特に、インターロッキンググリップの人は、からめた右手小指と左手人さし指の摩擦で、指の間にできることがあるので、要注意です。

 

ゴルフのマメを防止するには?

グリップ、スイングの改善

ゴルフの上手い人は、あまり手にマメができていないように思います。

マメを防止するには、「正しいグリップの握り方」をすることがとても重要です。

丸山茂樹プロの元コーチとしても有名な内藤雄士プロは、こう言っています。

クラブを握るのは、両手で5本の指でことたります。
その5本とは「右手の中指と薬指」と「
左手の中指と薬指、小指」です。
~ 内藤 雄士 ~

そして、「グリップを握る強さ

これは、軽く握りすぎても強く握りすぎてもマメのできる原因となります。

さらに、グリップと指の間に隙間ができるような握り方もマメのできる原因となります。

 

マメができる人は、まずグリップの改善、それができたら、スイングの改善が必要です。

手打ち → 下半身主導のスイング

右手主導のスイング → 左手主導のスイング

に改善することで、マメのできる頻度は少なくなります。

 

マメ防止グッズを使う

『フィンガーブラ』と言う商品があります。

簡単に言うと、指のサポーターのような感じで、手の指のマメのできやすい位置にこれをつけることでマメ防止の効果があります。

また、テーピングの代わりにもなりますので、マメができてしまった位置に装着するのもありですね。

 

ゴルフに関する「知って得する情報」などをメルマガ配信中

メルマガ内容

ゴルフは知っているだけで、スコアアップやゴルフ上達につながる情報がたくさんあります。

そんなゴルフに関する「知って得する情報」や「ゴルフ上達方法」をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です