【おすすめ動画】チーピンの恐怖から脱出!ドライバーのチーピンを直す3つのコツ

スポンサーリンク

ラウンド中のここ一番、特にティーショットでのドライバーショットでチーピンがでてしまうことってありませんか?

しかも自分ではなぜチーピンになってしまったのかさっぱりわからない…。いったい何が悪いのか?

  • コックを解くのが早い?
  • 腕の使い方が間違っている?
  • 体が止まってしまっている?
  • 体の開きが早すぎる?
  • そもそもグリップの握り方が悪い?
  • アドレスの方向が違うから?

いろいろ考えてはみるものの、対処方法がさっぱりわかりません。

あれこれ考えているうちに、ますますチーピンが酷くなってしまった!なんてことも起りがちです。

極端に意識してしまった結果、今度は右にプッシュアウトでOBになってしまうことも…。

これぞまさにチーピン地獄。

はまってしまうとその日のゴルフはまさに地獄、スコアメイクどころではなくなり、せっかくの楽しいはずのゴルフがストレスをためるだけの1日になってしまいます。

この最悪の状況を抜け出すために何かいい対処方法はないものか。

そんなチーピンに悩むゴルファーのためのレッスン動画を発見しました。

スポンサーリンク

チーピンの対処方法をスバリ!!のレッスン動画

目から鱗のチーピン対処方をぜひご覧ください。

この動画、ホント、簡単でわかりやすいですよ。

このレッスン動画はティーチングプロの坂本龍楠氏によるものです。

もちろん、チーピンへの対処方法はいろいろありますが、このレッスン動画はシンプルに一番簡単に効果があるであろう方法を教えてくれます。

以下のようなゴルファーは是非ご覧になり参考にしてみて下さいね。

  • どうにもこうにもチーピンへの対処方法が分からないゴルファー。
  • チーピンが原因でスコアを大きく乱してしまうゴルファー。
  • スライサーなのに逆玉のチーピン、フックがよくでてしまうゴルファー。

スポンサーリンク

チーピンの原因は上半身だけではない

このレッスン動画ではチーピンをなくすための下半身の使い方をレッスンしてくれます。

チーピンの原因は下半身、特に「右足」にあるのです。

ポイントは…

  • ダウンスウィング時は右足かかと内側に重心をかけること。
  • ダウンスウィング時は右足を早く上げすぎないこと。
  • ダウンスウィング時は右足を上げるタイミングを我慢するイメージを持つこと。

チーピンの原因はどちらかというと上半身の問題だと思ってるゴルファーは少なくありません。

事実、グリップやコック、腕の使い方など上半身のセットアップや動きがうまくできていないからチーピンがでるのかと考える傾向にあります。

あなたはどうですか?

チーピンを治すために、上半身を修正することばかり考えて、結果、手打ちになってしましい、ますますチーピンが酷くなる…。

そんなことを繰り返していませんか?

 

坂本龍楠先生が教えてくれるのは、下半身、特に右足の使い方の意識です。

チーピンの原因を右足の使い方にフォーカスしてわかりやすく対応策を解説してくれます。

トップから切り返していくときに右足が早く上がってしまうと、右肩が早く突っ込んでしまい、スウィング軌道がアウトサイドから入ってしまいます。

アウトから下りてくるクラブヘッドをボールにインパクトさせようとすると手首をこねて合わせるような動作になってしまい、これがチーピンを生み出すのです。

ちなみに手首をこねる動作をしなければ、プッシュアウトが出てしまいます。

スポンサーリンク

この動画を実際にやってみた!!

この動画レッスンを実際に練習場で試してみました。

今までは、スウィング時に右足の意識をしたことはありませんでしたが、動画内でのレッスンのように、右足に意識を集中して、我慢!

この意識をもつだけでチーピンがでる雰囲気がなくなったような気がします。

多くのゴルファーは、チーピンがでると上半身の修正ばかり考えてあれこれ修正してみたり、また、体の回転が止まってしまうことも原因の一つと考えて、意識的に体を回そうという修正をやりがちです。

体回そうとする意識を高めた結果、レッスン動画内で指摘される右足が上がるのが早くなってしまって、ますます「チーピン地獄」に陥っていることが実感できますね。

右足の意識…。

チーピンに悩む人は、たったこれだけで劇的な改善が実現できるでしょう。

なによりチーピンに対する不安感がなくなると思います。

あとは本番のここ一番のティーショットで対応できるかですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上「チーピンを直す方法」とおススメレッスン動画をご紹介いたしました。

いかがでしょう、参考になりましたか?

ラウンド中でチーピンがでてしまうと、あれこれ考えてどんどんひどくなってしまい、その結果、一日チーピンは治らず楽しいはずのゴルフがストレスをためるだけの結果となってしまいます。

そういう経験のある方は、是非、いろいろ考えこまずに、ほんの少し右足を意識してみてください。

チーピン地獄から抜け出して楽しいラウンドができるはずですよ。

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です