なに食べる?ゴルフラウンドで食べるべきお昼のメニューとは?

スポンサーリンク

 

あなたはゴルフのラウンドの時のランチでは何を食べていますか?

どうせだったら、スコアアップにつながる食べ物のほうがいいですよね??

でも「ゴルフのスコアアップできる食べ物って??」って方も多いと思います。

ということで、今回は「ゴルフラウンドで食べたほうがいいお昼のメニュー」をご紹介いたします。

ゴルフ場でのお昼を食べる際のご参考としてください!

 

ゴルフラウンドで食べるべきお昼のメニュー

 

とにかくスタミナ回復なら

alien0417 / Pixabay

ゴルフは18ラウンド、最短でも4時間はかかる長丁場のスポーツです。

ゴルフ初心者にとっては、「お昼ご飯の跡にまだ2時間以上もプレーするの?」なんて思ってしまうものです。

そんな時は、とにかくスタミナ回復メニューです。

後半の9ホール、スタミナ切れをおこさないように、しっかりとスタミナ回復をさせましょう。

スタミナ回復に一番大切なのは、ごはんやパン、麺類などの炭水化物をしっかりと摂取することです。

筋肉を動かくすためには、炭水化物は欠かせません。特に腹持ちが良いとされるのはごはんです。しっかりとお昼はごはんを食べることをおススメします。

ごはんのおかずにおすすめなのは、鉄分を多く含む食品です。

レバーやひじき、小松菜やホウレン草などです。疲れやすさは貧血が原因で起こる場合もありますので、貧血を防ぐために鉄分を補充しましょう。

 

ニラレバ炒め定食

鉄分を多く含むレバーをおかずにご飯を食べることが出来るニラレバ定食は、スタミナ回復の定番メニューです。

 

中華丼

中華丼の五目あんかけには、小松菜やホウレン草などの野菜や、レバーを含むお肉が使われていることが多いので、スタミナ回復飯と言えるでしょう。

 

疲労回復効果で疲れを癒したいなら

gumigasuki / Pixabay

ゴルフによる疲労回復は、筋肉疲労の回復が大事になります。

筋肉回復にはビタミンB1を多く含む、豚肉・うなぎ・豆腐などの摂取が効果的です。

ビタミンB1が不足していると、新陳代謝が遅れ、疲労や筋肉痛が発生してしまいます。

 

うな重

疲労回復メニューとしておなじみなのがうな重です。

疲労回復に欠かせないビタミンB1が豊富なうなぎと、スタミナ回復に欠かせないごはんとの組み合わせは最強です。

ベストスコアを狙うのであれば、奮発して「うな重」はいかかでしょうか。

 

豚肉の生姜焼き定食

うな重と同じくらい疲労回復メニューの定番として有名なのが、豚肉の生姜焼き定食です。

豚肉もビタミンB1が大変豊富なので、疲れているときはぜひ摂取しましょう。

 

思考力アップで集中力を高めたいなら

RitaE / Pixabay

やはりゴルフは思考力が大切です。

集中して考えることで、理想的なコースマネージメントを選択し、結果的に良いスコアにつながることが多々あるためです。

脳の働きに効果があるのは、魚から取れるEPAという成分です。

EPAは悪玉コレステロールを減少させて、血液をサラサラにする効果があります。

これで脳もすっきりするというわけです。

EPAはサバやイワシなどの青魚や、マグロやブリにも多く含まれています。

また、脳が働くためには甘いもの、ブドウ糖の摂取も効果的です。

バナナやリンゴなどの果物、はちみつを使ったデザートなども効果的です。

 

チラシ寿司

少々リッチな昼食をというのであれば、チラシ寿司はいかかでしょうか。

脳の働きを助ける魚が多種多様に摂取できます。

お酢のきいた酢飯は食欲アップになりますので、暑い時期にはスタミナ回復にもなります。

 

サバの味噌煮定食

EPAが豊富として有名なのがサバです。

サバの味噌煮定食は、体のスタミナ回復と脳の働きへの刺激、一石二鳥の献立です。

 

はちみつレモンドリンク

脳に働きかけるドリンクならば、はちみつレモンがおすすめです。

はちみつの糖分で脳の働きを、レモンのビタミンCで日焼け対策が可能です。

 

フルーツタルト

集中力アップに果物と糖分が一緒に取れるフルーツタルトをデザートにいかがでしょうか。

甘いもの好きな人は、ぜひお試しください。

 

熱中症対策を優先するなら

JerzyGorecki / Pixabay

これからの暑い時期、熱中症対策が大切です。

熱いゴルフで疲れ果てて食欲がない時でも、絶対に昼食を欠かしてはいけません。

熱中症対策におすすめなのは、夏野菜です。

キュウリ、トマト、ナス、オクラ、ゴーヤなどの夏野菜には水分が多く含まれますので、体を冷やす効果が期待されます。

 

サラダ

まずは夏野菜が多く入ったサラダは必ず食べましょう。

水分補給と体を冷やす効果があります。

サラダ+スタミナ回復メニュー、サラダ+疲労回復メニュー、などの組み合わせが適切です。

 

野菜を多く使ったパスタ

食欲が無い時は麺類がおススメです。夏野菜を多く使用したパスタは、スタミナ回復にもなるのでおススメです。

 

ネバネバそば

どうしても食欲が無い人は、冷たいそばでも良いので体に入れましょう。

おススメは、オクラや納豆などを入れたネバネバそばです。

塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムなどが豊富に含まれる梅干を入れると、最強の熱中症対策メニューです。

 

まとめ

以上「ゴルフラウンドで食べたほうがいいお昼のメニュー」をご紹介いたしました。

  • スタミナアップ
  • 疲労回復
  • 集中力向上
  • 熱中症対策

前半のラウンド状況に応じて、お昼のメニューを決めることで、ベストコンディションで後半のラウンドに臨めるでしょう!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です