【飛ばす秘訣】クラブに仕事をさせる飛ばしのテクニックとは!?

スポンサーリンク

まだ若いし、体も鍛えているのでパワーには自信がある。

しかし、いざドライバーを飛ばそうとすると、なぜか飛距離がでない。

力が足りないのか?さらに力を入れて打ってみるとますます飛ばなくなる…。

道具の問題なのか?とも考え、最新のドライバーを買ってみたもののそれほど飛距離が伸びるわけでもない。

ヘッドスピードが上がらないから飛距離が伸びていないのはわかるけど、どうしたらヘッドスピードが上がるのかがわからない。

そんな悩みを持つゴルファーは多いのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたにオススメしたい植村啓太プロによる「飛ばしの秘訣」を教えてくれるレッスン動画をご紹介します。

クラブに仕事をさせる飛ばしのテクニック…

植村啓太プロが教えてくれるその方法とはいったいどういうものなのでしょう。

スポンサーリンク

「飛ばしのテクニック」レッスン動画

クラブは日々進化しています。特に最近のドライバーの進化は目を見張るものがあります。

それほど優良な道具ですから、効率的にその性能を発揮させることができれば確実に飛距離は伸びていくはずです。

 

こんなゴルファーにおすすめ

今回ご紹介する植村啓太プロによる動画はこんなゴルファーにオススメです。

  • せっかく買った新しいドライバーを上手く使いこなせないゴルファー
  • ドライバーのボールを上げることが苦手なゴルファー
  • ドライバーの正しいインパクトを知りたいゴルファー

悩み深いアマチュアゴルファーのために、植村啓太プロが分かりやすく解説してくれるレッスン動画です。

4分足らずの短い動画で、ホントにわかりやすいので是非ともチェックしてみてください。

 

クラブに仕事をさせるスウィングとは?

この動画のポイントは以下になります。

  • 基本は正しいインパクトの形をつくり、あとはクラブにまかせてスウィング
  • ボールを押す形のアドレスを意識する
  • インパクト時はボールの後ろ側(右側)に体を残す
  • ボールの右側で回転するとフィニッシュで自然に右足が上がる状態(体重移動ができている状態)を作る

植村啓太プロが言うように、今はクラブが進化しているのでクラブの飛ばすための性能は高くなっています。

簡単にボールが上がって、余計なスピンがかからないように設計されているのです。

言うならば、最新グラブは何もしなくても飛ぶようにできているのです。

植村プロは言います、「だからあまりがんばらなくてよいのです。」

一般のアマチュアはとにかく力が入りがちな傾向があります。

力んでスウィングするためインパクトで体が左へ突っ込むなどヘッドスピードを落とす原因となる動作をしてしまっているのです。

植村プロが言うように、スピードを出すことよりもボールの右側で無理せずにいい形でインパクトする。

それだけを考えればボールは飛んで行ってくれます。

ドライバーの進化は「高反発エリアの拡大」といったメーカーのキャッチコピーにもあるように、少々芯を外しても真っすぐに、遠くへ飛んでいくようになってきています。

このような道具の進化もあり、今やPGAツアーの選手ならドライバーで350ヤードはあたりまえ、400ヤードを超える選手もいるような時代に入っています。

アマチュアゴルファーでも道具のおかげでそこそこの飛距離を手に入れられる時代なのです。

そんなに力を入れる必要はありません。

スポンサーリンク

「飛ばしのテクニック」を試してみた

動画視聴後、ボクもさっそく練習場へ。植村プロのレッスンを試してみました。

ボクの現在の使用しているドライバーも昨年購入したばかりのものです。

最新のギアなので進化した飛ばし性能を本来的に備えているはずです。

そして植村プロによればグラブの性能を引き出すことができれば、飛距離は伸びるはずです。

まずはボールを押すようなアドレスを。実際に押してはいけないですが、押すイメージです。

そしてボールの右側に体を残すことを意識してインパクトをむかえます。

右側に体を残すべきことは前から理解していましたが、実際に強く意識を持つと、今までは少しですが左に体が突っ込む傾向があることがよくわかりました。

いろいろ考えながら練習することの大切さを再認識させてくれます。

レッスン動画などで知識を取り入れたら試す、そして考える、そういった繰り返しは大事ですよね。

練習を続けるといままでよりも球が安定してきました。

また、飛距離も伸びたように思います。結果的に力も抜けていいスウィングになったように感じました。

スポンサーリンク

まとめ

植村啓太プロによるドライバー飛距離アップの方法でした。

インパクトで体が左に突っ込むと、ヘッドスピードも上がりませんが、クラブが鋭角に入るので出玉が低くなる傾向があります。

ドライバーで高さがでないということです。

ドライバーで高い球がでなくて悩んでいるゴルファーもこちらの動画を参考にして正しいインパクトの形を覚えて球筋を変えてしまいましょう!

クラブの性能を信じて、力を抜いて気楽な気持ちでスウィングする。

ポイントさえ押さえてスウィングできればあなたの飛距離も伸びて、ベストスコア更新の日も近づくはずですよ。

これからも楽しいゴルフライフを送ってくださいね!!

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です