【女性ゴルファーの平均飛距離は?】非力な女性ゴルファーでも飛距離がアップする方法

スポンサーリンク

ダスティン・ジョンソンやブルックス・ケプカなど最近の世界で戦うプロの飛距離は軽く300ヤードは超えます。

アマチュアゴルファーでも道具の進化の影響で力のある人なら260ヤードほどの飛距離を出せる人は多くいるのではないでしょうか。

ゴルファーなら誰でも飛距離を追い求めたいものですが、飛距離不足で悩む女性やシニアゴルファーは多いもの。

少しでも飛距離がでるとスコアメイクはとても楽になります。

ということで、今回は一般的な女性ゴルファーの平均飛距離を検証しつつ、非力な女性ゴルファーでも飛距離アップできる方法を教えるレッスン動画をご紹介いたします。

スポンサーリンク

女性ゴルファーの飛距離

アマチュア女性ゴルファーの飛距離はどれくらいなのでしょう?

もちろん人によって違いますが、平均をとってみると3つのボリュームゾーンに分かれます。

一般的なあまり飛距離のでない非力な女性ゴルファーの多くは150ヤード程度の飛距離です。

また、ある程度の上級者で女性にしては飛距離のでるアマチュアゴルファーは200ヤード程度の飛距離の方が多いです。

またその中間の180ヤード程度の女性ゴルファーも多いです。

それぞれの飛距離のゴルファーの平均スコアを見てみると、200ヤード飛ばす女性ゴルファーの約60%は100を切っているのに対して、180ヤード平均のゴルファーで100切りは約25%、そして150ヤード平均のゴルファーで100を切るのはわずか1%程度というデータもあるそうです。

つまり良いスコアを目指すためには、やはり飛距離が大切だということです。

スポンサーリンク

非力な女性ゴルファーのための飛距離アップ法

 

おすすめのレッスン動画

今回は女性など非力なゴルファーがいかにして飛距離を伸ばすことができるか、というレッスン動画をご紹介します。

今回のレッスン動画は以下のようなゴルファーにオススメです。

  • 女性など非力なゴルファー
  • 筋トレなどしなくても飛距離を伸ばす方法がしりたいゴルファー
  • ドライバーの飛距離をだすためのメカニズムを知りたいゴルファー

とても楽しく分かりやすいレッスン動画ですので、是非チェックしてみてくださいね。

 

力がなくても飛距離アップするレッスン

いかがでしたか?

非力な人向け飛距離アップレッスンでした。今回のレッスン動画のポイントは以下になります。

  • 非力な人は手を使って振る
  • 下半身を踏ん張る
  • 腹筋を意識する
  • 軽いクラブをできるだけ早く手で振る練習

飛距離を伸ばすのに一番大切なことは何か?

それはヘッドスピードを上げること。

女性など非力なゴルファーがヘッドスピードを上げるためにはどうすればいいのか?

動画で教えてくれるのは、いかに体を使って振らないかを考えるということです。

…体を使わない?

いったいどういうことでしょうか?

 

体を使って振らないことでヘッドスピードを上げる

体を使って振らないこと、とは?

プロや力のあるゴルファーは体を使って、体全体の動きで引っ張るようにしてヘッドスピードを上げるスイングができます。

しかし非力の人にとっては体で引っ張る打ち方は難しいのです。

からだを使わずグラブを振るとはどういうことか、それは手を使って振るということです。

非力な人にとってヘッドスピードを上げるためには手で振るということが効果的なのです。

感覚をつかむための練習方法として軽いクラブをできるだけ早く手で振る練習がオススメされています。

 

下半身を止めて、手で打つ!

また手でヘッドスピードを上げるには下半身を止める必要があります。

プロはインパクトで体が正面、その後に体が左を向いているのですが、力強い動きを真似ようとすると、非力なゴルファーはインパクトで体が左に突っ込んでしまいます。

体が左に突っ込むと振り遅れてしまいます。

下半身をどうやって止めるか?

非力なゴルファーにとってはこれが大きな課題となります。

下半身を止めて、手で打つ、二つの動作は難しいです。

脚は自動的に止まるようにしたいものです。

これらの動作が自動的にできるように「右足かかとの下に何かを挟んで打つ方法」を動画ではご紹介しています。

また、この動きでは体が伸びあがりやすいので、それを防ぐために腹筋を意識することが大切になります。

 

まとめ

さてさていかがでしたでしょうか?

力のないゴルファーのための飛距離アップレッスンでした。

筋トレに励んで、必要な筋力を付けて、ゴルフの基本に忠実にスイング練習を積み重ねれば飛距離はアップします。

しかし、アマチュアゴルファーには筋トレをする時間を作るのも難しいものです。

十分に力のないゴルファーがそれなりの飛距離を身に付けるには、基本セオリーの忠実ではいけないのです。

セオリーを無視した中でスイングを作ることも時には必要になってきます。

セオリーではNGとされる手で振る感覚を身に付けて、飛ばすコツを覚えれば確実に飛距離は伸びます。

セオリー無視でも自分のものにできればスコアアップに間違いなくつながりますよ。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です