ショートパットが入らない原因!?ショートパットを外す人の3つの共通点

スポンサーリンク

絶対に入れたい1~2mのショートパット。

どうしても入れたいというプレッシャーが強すぎるのか、何故か外してしまうアマチュアゴルファーの方は多いのではないでしょうか。

練習ではなんでもなく入る距離なのにどうして?

プレッシャーがかかればかかるほど、ますます入らなくなるショートパット。いったいどうすればいいのやら…。

今回はそんな悩めるアマチュアゴルファーのために、ショートパットを入れるための素晴らしい動画を見つけてきました。

今回のレッスン動画はショートパットが入らない原因とその対策を分かりやすく教えてくれます。

ショートパットに苦手意識があるゴルファーは必見の動画です。是非チェックしてください。

スポンサーリンク

ショートパットが入らない原因!?

今回の動画内でスギプロが指摘するのは、ショートパットを外してしまう人の3つの共通点です。

それは以下の3つになります。

  • 慎重になりすぎる
  • 打つのが遅い
  • スイングを緩めてしまう

アマチュアによく見られるのは慎重になりすぎるということ。

セットアップでしっかり構えることは大切ですが、必要以上に慎重になりすぎると入るものも入らなくなります。

また構えてから打つのが遅い傾向もアマチュアゴルファーに多く見られます。

またショートパットが苦手な人ほど打つのが遅くなる傾向があります。

構えてから打つまでの時間が長いと、その間にどっちに曲がるのかとか、左に外してしまうのではないかとか考えてしまい決心がつかなくなってきてしまいます。

そのうち何か間違えているのではないか、という思いが膨らんできて不安になってしまうのです。

そんな気持ちになってくると上手く打てるわけがありません。

素振りをしてから、構えてカップを見たら戻してすぐ打つ。このタイミングで打ちましょう。

また、パットでNGなのがインパクトを緩めてしまうこと。

緩む人は、怖がって打っている場合が多く、インパクトで緩むと方向性は安定しません。

 

ショートパットが入らない人の修正法

さらに動画内では、スギプロ流のショートパットを入れる極意を教えてくれています。

その方法とは次の2つです。

 

芯に直角に当てて打つ

ショートパットは曲がる前に入れるつもりで芯にしっかり当てて打ちましょう。

打つ方向に直角に当てれば入ると信じてしっかり打つことです。

パターは芯に当てればほぼ入るのです。

とにかく芯に当ててしっかり入れようと思うことが大切になります。

 

タップで打つ

タップで打つことで強くボールが出て切れる前に入ってしまいましょう。

強くたたけばいいわけではないですが、心を決めてしっかり打つ意識が重要です。

 

実際に試してみました

ボク自身も大切なパットになればなるほど慎重になりすぎて打つのも遅くなる傾向がありました。

入れたい気持ちが強くなるほど、考え込んでしまう、これは気持ちが弱い証拠ですね。

スギプロが言う通り、「思い切りよく打つこと」が本当は大切なのです。

そのためには素振りをしたら、カップを一回見てすぐに打つ。これをまず練習で繰り返してみました。

こういうものは繰り返して癖をつけることが一番なので、徹底的に繰り返し練習しようと思います。

次にショートパットを入れる極意。

まず、芯に直角に当てて打つということです。

パットの芯に当てるということは分かってはいるものの、実際に打つ時には忘れがちです。

ストロークの大きさや真っすぐ引くとか、ラインの乗せようとかということに意識がいってしまうと芯に当たってないケースが多くあります。

スギプロの言うとおり、パットは芯に当てれば入ると信じて、まずは芯に当てることを考えてストロークします。

あとはタップインです。これも思い切って打つということです。

これらを繰り返すうち、思いっきりよく打てるようになってきます。そうすると不思議とカップインの確率も上がってきました。

みなさんもやってみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

以上「ショートパットが入らない原因!?ショートパットを外す人の3つの共通点」をご紹介いたしました。

3つの原因を特定してくれる、とても明快で理解しやすいレッスンでしたね。

パットで大切なのは何よりも思いっきりよく打つということです。

ショートパットを外してしまう人の3つの共通点をしっかり認識して、スムーズでしっかりしたパットが打てるようになりましょう。

アマチュアゴルファーにとって1~2mのショートパットの確率が上がるとスコアは劇的に伸びるはずです。

思いっきりよく打ってナイスインの成功体験を積み重ねれば、ショートパットは怖くなくなってきます。

それを目指して頑張って練習してくださいね。それでは引き続き楽しいゴルフライフを!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です