左足かかと前は時代遅れ?ドライバーとアイアンの正しいボールの位置の新常識!!

ドライバーショット時の正しいボールの位置はどこでしょう?

アドレスでのボールの位置は大切!という話はよく聞きますよね。

ショットがうまくいかない時「ボールの位置が間違っているのかも」と考えていろいろなボールの位置を試してみたものの結局、いろいろやりすぎて何が良いのかよくわからなくなった経験ありませんか?

そんなあなたのために、今回は、有名ティーチングプロの中井学氏による「正しいボールの位置」をわかりやすく教えてくれるレッスン動画をご紹介いたします。

ビギナーゴルファーはもちろんのこと、中上級ゴルファーもおさらいの意味で要チェックです!!

スポンサーリンク

スライスの原因はボールの位置?

 

ボールの位置を変えればスライスは直る!?

「ボールの位置は左足かかと前」というレッスンはよく聞きますよね。

実際に、そう信じ込んでいるゴルファーは意外と多いものです。

そう信じて実践しているあなた!もしかしてティーショットのスライスに悩んでいませんか?

そうなんです。

「左足かかと前」にボールをセットすることはスライスの原因となるのです。

正しいボールの位置を知れば、ドライバーのスライスを矯正することもできるのです。

自分のスウィングに合った位置にボールをセットすることで、あなたのショットは劇的にかわります。

ボールにスウィングを合わせるのではないのです。

中井 学
このボールの位置であなたのスライス病は直ります

 

ボールの位置を変えれば軌道が変わる

 スライスの原因を一言で簡単に言ってしまうと「アウトサイドイン軌道でカット打ちになっているから」です。

なぜカット打ちになってしまうかというと、スウィング中に次のような動きがあるからです。

  • 身体が目標(飛球)方向に突っ込んでしまう。
  • インパクト時に右肩が突っ込んでしまう。
  • 振り遅れて、インパクトでフェースが開いてしまう

これらの動きをしてしまう大きな原因の一要素となるのがボールの位置なのです。

アウトサイドインを修正するにはインサイドアウトになるように意識すればいいのですが、自分の意識だけで軌道を修正するのはとても難しいことです。

考えすぎて手打ちになったり、無理な動きを取り入れてスウィングリズムがおかしくなったりします。

でも、ボールの位置を変えるだけで、なんと!自然にインサイドアウトへと軌道修正ができてしまうのです。

スポンサーリンク

 

正しいボールの位置はどこか!?

 では、正しいボールの位置とは?

いったいどこにボールを置けばいいのか?

それをわかりやすく解説してくれるレッスン動画をみつけました。

有名ティーティングプロ中井学氏によるレッスン動画です。

とてもわかりやすく解説してくれていますので、是非チェックしてみてください。

ドライバーの正しいボールの位置は「左脇の延長線上」

中井プロがレッスンで教えてくれるのは、ドライバーの正しいボールの位置は「左脇の延長線上だということです。

正しいボールの位置を教えてくれるレッスン動画のポイントはこちら

  • 自分のスウィングの動きを知り、最下点がどこかを理解する
  • 「左かかと前」は昔のクラブのセオリー
  • 現在のクラブでは正しいボールの位置は「左脇の延長線上」

ドライバーのボールの位置は「左脇の延長線上」が正解。

つまり「左かかと前」よりも右寄りになります。

スライスに悩むアベジージゴルファーはボールを右寄りにするだけでスライスが矯正されるはずです。

中井プロが言うのは、自分のスウィングを理解して、「振ったら勝手にボールに当たる」状態を作ることができれば、ゴルフが楽になるということ。

だから、「振ったら勝手にボールに当たる」ボールの位置を見つけることが大切なのだと。

クラブの円軌道の中のどの位置にボールがあればいいのかイメージしてみてください。

自分のスウィング軌道上でのクラブの最下点を知り、ドライバーの場合は最下点を過ぎた瞬間の位置にボールがあることが大切なのです。

 

中井 学
「ボールの位置は左足かかと前」というのは実は昔の考え方なのです。

 

それはヘッドが今よりも小さくシャフトも短かったころの理論です。

今のシャフトの長いクラブになってからは、それに合わせるためスタンスが広くなっています。

その広いスタンスで昔の「左足かかと前」のボールを打とうとすると、上体をつかってグラブを合わせに行く動作をしなければならなくなり、結果としてクラブを切ってしまってスライスになってしまうのです。

 

アイアンの正しいボールの位置は

では、アイアンの正しいボールの位置はどう考えればいいでしょう。

中井プロは、「身体の中心と左脇の間に置く」ことをすすめています。

あなたは、ショートアイアンではボールは身体の中心より右脇寄りにしていませんか?

ボールを体の中心よりも右脇寄りにおいてクラブを鋭角にぶつけて打つ、そういった理論も確かにあります。

しかし中井プロは、そのボールの位置は自然なスウィングを壊してしまう原因になるといいます。

安定したスウィングを維持するためにも、アイアンショットの正しいボールの位置は、「左脇よりも右、身体の中心よりも左」というのがオススメですよ。

中上級者は、頑(かたく)なに右寄りのボール位置を変えようとしませんが、一度、練習場で試してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「ドライバーとアイアンのボールの正しい位置」を教えてくれるレッスン動画をご紹介しました。

特に、スライスに悩むアベレージゴルファーには簡単で即効性のあるレッスンです。

ドライバーもロングアイアン、ショートアイアンでも正しい位置にボールを置けば、強いつかまった球が安定して打てるようになります。

いろいろ悩まずに、このボールの位置の教えを信じて、頑張って練習してみてください。

スコアアップの大きなヒントになるかも知れませんよ。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)