ショットの精度を上げる「ゴルフ筋トレ練習法」とは!?

スポンサーリンク

あなたはゴルフの練習は好きですか?

ゴルフは大好きでラウンドは楽しくてしかたないけど、ゴルフの練習はあまり好きではない。

練習場でただ球を打つのは単調ですぐ飽きてしまう。

そんなアマチュアゴルファーが多いのではないでしょうか。

ボク自身、練習は好きな方で週1~2回は打ちっぱなしに行きますが、たまに単調さに飽きてきて、打つのに集中できなくなり、漫然と意味のない練習を続けていることがあります。

ナイスショットが続けば、それはそれで気持ちがいいので練習を楽しく続けられます。

でもあまりうまくいかないときは、誰しもゴルフの練習が楽しくないものです。

今回は、そんなゴルファーのために、ただ「ボールを打つ練習」を「筋トレ」「ダイエット」など別の意味を持たせてくれる方法を説明する素晴らしい動画をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ゴルフ練習場では何をやるべきか?

ゴルフ練習場はあくまでもゴルフの練習するところであって、ナイスショットを打ちに行くところではありません。

これは重要なポイントです。

練習場でナイスショットを打って満足しているあなた!それは勘違いしていますよ!

ゴルフ練習場は、ゴルフが上手くなるための練習をするところなのです。

その場でナイスショットにならなくても、正しい体の動きに近づけるようにすることが重要なのです。

練習場でできること、やるべきことは何か考えて、いろいろやってみることが大切です。

今回ご紹介するのは、練習場でやるべきことを新しい視点で教えてくれるレッスン動画です。

今回の先生は熱血ティーティングプロの藤井誠氏です。

「練習場は研究室だ!」と常日頃からおっしゃる藤井誠プロのいろいろな実験の末に生まれた練習方法です。

スポンサーリンク

こんなゴルファーにオススメ

いつも熱心な指導で有名な藤井誠プロの今回の動画はこんなゴルファーにオススメです。

  • ゴルフ練習場でナイスショットを打って満足してしまっているゴルファー
  • ゴルフ練習場での練習に飽きてきたゴルファー
  • ゴルフに適した体づくりをしたいゴルファー
  • 体感を意識したスイングをしたいゴルファー

とにかく「目から鱗」的なためになるレッスン動画になっていますよ。

是非ともチェックしてください。

 

藤井誠プロの筋トレ練習法

 

今回、藤井誠プロはショットの精度を上げるための練習方法として、以下の方法を紹介してくれています。

  • 左手一本ショット…腹筋を使う練習
  • 右手一本ショット…体感をチェックする
  • かかと重心ショット…手を自由に使えるから軸のチェックに最適
  • つま先重心ショット…テイクバックで腹筋が使える

練習場ではナイスショットを打つことを目的として球筋ばかり気にしていてはいけません。

テーマをもった練習こそが大切なのです。

普段のスイングとは違うスイングをすることで、体のいろいろな部位に意識を集中して理想のスイングを作り上げてショットの精度を上げましょう。

理想のスイングのためには、さまざまな筋肉を鍛え、体感をしっかりさせて体全体の効率的な動きを実現することが必要となります。

スポンサーリンク

「筋トレ練習法」を試してみた

さっそく練習場へ。実際に「筋トレ練習法」を試してみました。

まずは片手打ちから初めてみました。

腹筋を意識しての片手打ちは、想像通りヘビーです。左も右も相当に腹筋を使います。

また、片手では腕の筋肉もかなり必要です。これはまさに筋トレです。

10球ほどで体力の限界、汗だくでした。

しかし片手で筋肉の動きを実感することによって、スイング時の体の大きな使い方が理解できてきたように思います。

また、体感を鍛えられるということについても、大変有効だということはよくわかりました。

次に、かかと重心、つま先重心ショットです。

こちらも相当に筋力を必要としますので、筋トレの続きです。

さらに不安定な態勢の中でのスイングは、バランス感覚を養う効果がありそうです。

いずれにせよ、練習のバリエーションとして組み込めば飽きずに練習を続けることができますし、普通のスイングをするだけでは分からなかったことが理解できる効果のある練習です。

また、かなりヘビーで筋トレになりますし、ダイエットにも効果がありそうです。

ゴルフ以外であまり体を動かさない方にはいい運動になりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

「練習場は研究室だ!」

いつも研究熱心で熱血指導の藤井誠プロによる筋トレにもなる練習方法でした。

かなりヘビーなメニューなのでダイエットにもなって一石二鳥ですよ。

だたし、このメニューだけだとヘビーすぎて続けられませんので、皆さんもいろいろ工夫して何かプラスアルファを得らえる練習方法を考え出して試してください。

いろいろやってみることで単調なゴルフの練習も飽きずに続けることができますよ。

あれこれ考えながら、いろんなことを試してみるのもゴルフの楽しみの一つですね。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です