ゴルフリフティングで上達!ゴルフリフティングの効果とやり方3つのコツ

スポンサーリンク

プロゴルファーが遊びの一環として披露することもある「ゴルフクラブで行うリフティング」

ゴルフクラブでリフティングができると「なんかゴルフ上級者」っぽくないですか…。

実は、リフティングが上手くなると、ゴルフ自体も上手くなるのです!

ということで、今回はゴルフリフティングのコツをご紹介します。

 

ゴルフのリフティングの効果

ゴルフのクラブでボールをポン、ポンとリフティングするゴルフリフティング。

ゴルフの上達に効果があるという人もいれば、そんなものできたってゴルフのスコアアップにはつながらないと言い切る人もいますが、実際のところはどうなのでしょうか?

じつは、ゴルフリフティングは、ゴルフの上達に効果があるといわれています。

 

ゴルフリフティングをすればフェイスの芯が分かる?

ゴルフリフティングをするひとつの意味としては、クラブフェイスの芯(スイートスポット)が分かるようになるということがあります。

実際にゴルフリフティングをやってみると分かると思いますが、ボールをクラブフェイスに当てた時に、フェイスのどこで当たったかによってボールの跳ね方が違うということが分かるかと思います。

つまり、いくらヘッドスピードが速くてもボールをクラブフェイスの芯で捉えなければ、飛距離アップをすることが出来ないということを体感できるということです。

 

クラブフェイスを器用に扱えるようになればアプローチが上手くなる?

例えば、ゴルフ以外のスポーツを考えてみます。

テニスやバトミントン、卓球などボールを面で捉えなければいけないスポーツのプロは、ラケットでボールをリフティングしているイメージがありませんか?

そう考えると、ゴルフも同じようにボールを面で捉えなければならないスポーツですのでリフティングをすることに意味がないとは思えません。

特にアプローチでボールリフティングの効果は出るのではないかと思っています。

というのも、アプローチでは、ボールを上げる、転がす、スピンをかける、かけないなどクラブのフェイス面を操作する場面が多くなります。

また、距離感の問題もあります。

どの程度の力でインパクトすれば、どれくらいボールが飛ぶかということですね。

このような、クラブフェイス面の操作、距離感を養うためにゴルフリフティングは効果があると思っています。

 

ゴルフリフティングはカッコ良い

ゴルフの効果とは少しずれますが、単純にカッコいいというのもゴルフリフティングをする効果としてあるのではないかと思います。

意外と、出来る人少ないですからね。

プロゴルファーでは、ナイキのCMでタイガーウッズが見事なゴルフリフティングをしていましたね。

日本では、石川遼選手がやっているイメージがありますが、やはりカッコいいという印象ですよね。

 

ゴルフのリフティングのコツ

 

短くてフェイス面が広いサンドウェッジがオススメ

ゴルフリフティングのクラブは、サンドウェッジやアプローチウェッジなどクラブフェイスが広いものがボールを捉えやすいのでオススメです。

また、クラブが長いとクラブの操作性が悪くなりますからこの点からも短いクラブであるサンドウェッジなどが一番ゴルフリフティングに適しているクラブであると言えます。

ゴルフリフティングは、指先でのクラブの操作が必要ですのでクラブは少し短めに持つのがコツです。

 

クラブのフェイス面は絶対に変えないこと

フェイス面は上を向くようにして、最初にセットしたフェイス面を変えないことを意識します。

フェイスにボールを乗せたら、自分の体に引き付けるようにクラブを動かすと上手くいきます。

 

「継続は力なり」練習すれば必ずできるようになります

ゴルフリフティングのコツは色々ありますが、結局のところ感覚的なものですので、何回も練習をすることがゴルフリフティングをマスターするコツであると言えます。

毎日練習していると、不思議と出来るようになってきますからとにかく練習をすることが大事ですね。

 

ゴルフのリフティングのやり方

サンドウェッジを用意して、右手(または左手)で出来るだけ短く握ります。

最初からボールリフティングしようとせずに、クラブのフェイス面を変えずに上下に腕を動かす練習をします。

次に、クラブフェースにボールを乗せます。

まずはクラブフェイスにボールを乗せてそのままキープすることから始めましょう。

ボールを乗せたままキープすることは意外と難しいことがお分かりになると思います。

ゴルフリフティングを初めてやる人は、まずはクラブフェイスにボールを乗せて30秒間キープする練習から始めましょう。

クラブのフェイス面が変わらないように固定して腕を上下に動かします。

どうしても腰の高さくらいでリフティングをしたくなると思いますが、フェイス面を変えずにクラブを動かすには最初は膝の下くらいでやった方がやりやすいかと思います。

 

ゴルフのリフティングの種類

 

サンドウェッジでボールを拾い上げてリフティング

ゴルフのラウンド中に何気なくやったらカッコいい技ですね。

地面に落ちているボールをサンドウェッジですくって、そのままリフティングするという技です。

それほど難しくないので、普通にリフティングが出来るようになればすぐに出来るゴルフリフティングの技です。

 

ゴルフリフティング中にボールを止める

ゴルフリフティングだけでは、だんだん飽きてきますので、リフティング中にクラブフェイスの上でボールを止める練習をするのも面白いと思います。

これが出来ると、ゴルフリフティングにメリハリが出て見ている側は楽しいですね。

 

ゴルフリフティング 神業編

ゴルフリフティングに慣れてきたて、ボールをクラブのフェイス上で止めることができるようになったら、いろいろな技に挑戦してみるのも面白いかと思います。

ゴルフリフティングの技は、歩きながらゴルフリフティングをする、クラブをまたいでゴルフリフティングをする、手を後ろに回してゴルフリフティングをする、クラブを二本使ってゴルフリフティングをするなど・・いろいろあります。

ゴルフリフティングを極めた人の動画などを見ると、ジャグリングを見ているのと同じような感覚になります。

一芸としてゴルフリフティングを極めて披露するのも良いですね。

 

【参考動画】ゴルフリフティング

最後にゴルフリフティングの動画をいくつか紹介します。

やはり、ゴルフリフティングのやり方などは動画で見る方が分かりやすいかと思います。

ひとつは、ゴルフリフティングのハウツー動画を紹介します。

もうひとつは、ゴルフリフティングを極めるとこんなことも出来るようになるんだ・・という夢のある動画を紹介したいと思います。

 

ゴルフリフティングのやり方

ゴルフコーチの佐田あつのりさんという人が、丁寧にゴルフリフティングのやり方を教えてくれる動画です。

クラブの握り方から解説してくれていますので、ゴルフリフティングをやったことのない人でも、ゴルフリフティングのやり方がわかるようになっています。

ゴルフリフティングをやったことのない人は、この動画を見るとわかりやすいかと思います。

【誰でもできちゃう!?できるとちょっとカッコいい「ゴルフボールリフティング」3ステップ】


出典:ゴルフサークル GOLFPORT

 

プロゴルファーが行う神業ゴルフリフティング動画

フランス人プロゴルファーのロマン・ベシュという人がゴルフリフティングをしている動画です。

ゴルフリフティングもここまでくると、もはや曲芸ですよね。

ボールがクラブに吸い付いているように見えます。

クラブをリフティング中に回したり、自分がクルクルと回りながらリフティングをしたりとまさにゴルフリフティングを極めているような動画ですね。

約4分半ひたすらゴルフリフティングをするだけの動画ですが、飽きずに最後まで見てしまいました。

【GOPRO GOLF TRICKS ROMAIN BECHU 2013】


出典:Romain Bechu 

 

ゴルフリフティング以外の練習方法をメルマガにて配信中

以上「ゴルフリフティングの効果&コツ」をご紹介しました。

ラウンドの待ち時間などに練習するのもアリですね。

また、さりげなく「ゴルフリフティング」ができるとカッコいいですよね。ぜひあなたも「ゴルフリフティング」に挑戦してみてください。

ゴルフリフティング以外にも、自宅でお手軽で簡単にできる「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にゴルフ上達が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です