永久保存版!曲がらない球「ライン出しショット」の打ち方

スポンサーリンク

あなたは「ライン出しショット」って知っていますか?

低く、真っすぐに飛んでいくアイアンショットのことです。

絶対に曲げたくないシチュエーションで威力を発揮するショットです。

狙いどころの狭いショートホールのティーショットや、風の強い日に風に負けない強い低い球を打ちたいときに使うショットになります。

この「ライン出しショット」ができるようになると、コースマネジメントの幅が広がり、確実にスコアアップもできるようになります。

今回は武市悦宏プロによるライン出しショットの打ち方のレッスン動画をご紹介します。

スポンサーリンク

ライン出しショットの打ち方

 

非力なゴルファーでもできるライン出しショット

「ライン出しショットって、ボールを右寄りに置いて上からボールを潰すイメージで打ち込むんじゃないの?」

そう思っていませんか?

いえいえ、それはプロやパワーのあるゴルファーの打ち方です。

女性ゴルファーや非力な男性ゴルファーはそんな打ち方はできません。

武市悦宏プロが今回教えてくれるのは、非力なゴルファーでも簡単にライン出しショットが打ててしまう方法です。

 

こんな方にオススメのショットです

今回ご紹介するのは、非力なゴルファーでも対応できる実践向きのライン出しショットを打つ方法です。

このレッスン動画は以下のようなゴルファーにオススメです。

  • 方向性を重視したアイアンショットを打つ方法が知りたいゴルファー
  • ここぞという時に曲がらないライン出しショットを打ちたいゴルファー
  • 風に負けない強いライン出しショットを打ちたいゴルファー

スポンサーリンク

プロのようなライン出しショットを手に入れる動画

それでは武市悦宏プロによるプロのようなライン出しショットを手に入れるレッスン動画をご覧ください。

5分程度の短い動画ですが、ポイントが分かりやすくまとめられています。

ホントに分かりやすいですよ。

 

この動画内で解説されるポイントは以下になります。

  • ボールの位置は真ん中、グリップは短く持つ
  • フィニッシュはバレーボールのレシーブのイメージで。
  • スウィングスピードは少し遅めに。
  • クラブは1~2番手上げる。

 

いかがでしょうか?

一般的に言われているライン出しショットの打ち方とは違いますよね。

 

安定した曲がらない球をうつために

「ボールを右足寄りにおいて打ち込む…」

そのような「ライン出しショット」は、プロゴルファーのように様々シチュエーションから何万発も練習した百戦錬磨の強者ならば上手くいくのかもしれません。

が、一般的なアマチュアゴルファーは、ボールを右に置き上から抑え込むように打った場合、引っ掛けてしまう可能性が非常に高くなります。

ライン出しショットをする最大の目的は絶対に曲げないことです。

引っ掛けてしまう可能性が高い打ち方をすべきではありません。

 

引っ掛けないための方法

それが「ボールの位置は真ん中、グリップは短く持つ」ということです。

それにより自然なスウィングプレーンで打つことができるので、曲がらない球になるのです。

また、グリップを短く持つことでシャフトのしなりも抑えられ、球筋が安定する効果もあります。

 

フィニッシュは「バレーボールのレシーブ」

「バレーボールのレシーブ」というのは、フィニッシュでクラブを上に持ち上げないとうイメージです。

これによりクラブが自然に下を差すフィニッシュの形ができると低い球を打てるのです。

 

「スウィングスピードは少し遅め」

ゆったりとした安定したスウィングで、ボールを曲げないスウィングプレーンを作ることができます。

 

ここまでのようなスウィングをすると飛距離はどうしても落ちてしまします。

それを補うためグラブは1~2番手上げましょう。

スポンサーリンク

ライン出しショットを試してみた

さっそくゴルフ練習場に行って、武市プロ流「ライン出しショット」を試してみました。

ボクもこれまで、ライン出しショットとしてはボールを右寄りに置いて強く打ち込んでいくような打ち方をしていました。

確かに、タイミングを間違えると、引っ掛けのミスは多かったように思います。

早速、個人的に気になっていた「バレーボールのレシーブ」の形のフィニッシュを試してみました。

つまりは、クラブヘッドをフィニッシュで下に向けるイメージ??

なかなか難しいです。

インパクトからどう動いていけばいいのか、いろいろ試行錯誤して続けてみたところ、ようやく感触がつかめてきました。

 

「ボールは真ん中、グリップは短く、ゆったりと振る。」

そういう意識を持って丁寧に打つと確かに方向性は安定します。

慣れてくると、力を入れないことで得られる安定性に気付かされました。

真っすぐの球を打つという最大の目的を達成することを考えた時に、いままでの力を入れる打ち方がいかにナイスショットの確率が低いショットであるのかを実感しました。

武市プロありがとうございます!

スポンサーリンク

まとめ

以上「武市悦宏プロによるライン出しショットの打ち方」でした。

武市悦宏プロが教えてくれるポイントをしっかり理解して実践できれば、ここぞというときの真っすぐ飛ぶアイアンショットが手に入ります。

武市悦宏プロの解説するポイントは、言い換えれば「曲がる要素を排除する打ち方のポイント」とも言えます。

あなたも今回のレッスンを参考に練習を重ねて、絶対に曲げたくない場合に打てる曲がらないショットを自分のものとしてください。

ここ一番の必殺技!

これが手に入れば、ますますゴルフは楽しくなりますね。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です