ゴルフの飛ばしを諦めない!!正しいフェースコントロール6つのポイント

スポンサーリンク

飛ばしをあきらめたくない…

そんな飛距離への憧れを捨てられないゴルファーのために、今回は素晴らしいレッスン動画をご紹介いたします。

今回は飛距離アップを実現するためのスイング中のフェースの動き(フェースコントロール)にフォーカスしたレッスンです。

正しいフェースコントロールができれば、方向性と飛距離の両方を手に入れることがきます。

レッスンをしてくれるのは神スイングでネットや雑誌で話題になっている小澤美奈瀬さんによるレッスン動画です。

フェースとボールの関係を理解することから始める飛ばしのレッスンですので、なんとなくスイングしているあなたこそ、この機会にフェースコントロールを見直してみましょう。

スポンサーリンク

小澤美奈瀬プロ「フェースコントロール」レッスン動画

今回レッスンしてくれるのはゴルフダイジェストのガールズユニット「GULULU」のメンバーとして活躍中、ティーチングプロの小澤美奈瀬さんです。

いつも美しい小澤美奈瀬さんですが、そのやさしくかわいらしい喋り方が癖になるとレッスン動画がネットで話題です。

小澤美奈瀬さんはゴルフスイングにおける手首の役割に関して「手首を使わないと飛距離は生まれません」と話します。

とかく手首の動きはスイングにおいてはネガティブに語られることが多いものです。

でも小澤美奈瀬さんは手首の動きこそが飛距離アップのポイントだと言います。

手首を使った時に問題となるのがフェースの向きです。

特にバックスイングでのフェースの向きが大切だと小澤美奈瀬さんは言っています。

正しいフェースの動き(フェースコントロール)を理解できていないとボールを効率よく飛ばすことはできません。

それではフェースの向きとボールの関係はどのように考えるのが正しいのでしょうか。

正しいフェースコントロールを小澤美奈瀬さんが分かりやすく説明してくれます。

これは必見ですよ!

 

こんなゴルファーにおすすめ

今回の小澤美奈瀬さんの「フェースコントロール」レッスン動画はこんなゴルファーにオススメです。

  • 正しいフェースコントロールがいまいち分らないゴルファー
  • 飛距離を伸ばすことの憧れを持ち続けているゴルファー
  • 小澤美奈瀬さんのやさしいレッスンを受けたいゴルファー

ビューティブルスイングを持つ小澤美奈瀬さんの分かりやすいレッスンです。

美しい小澤美奈瀬さんのレッスンは癖になると評判ですよ。

スポンサーリンク

フェースコントロール飛距離アップレッスン

「みんなの飛距離、伸ばしちゃうぞ!」という小澤美奈瀬さんのレッスン動画。

クセになるやさしい口調で分かりやすくレッスンしてくれます。

ホントにシンプルでわかりやすので、こちらを是非チェックしてみてください。

この動画のポイントは以下になります。

  • フェースをすぐに開かない
  • ボールとフェースは向き合ったまま
  • フェースがボールを見続けるようにバックスイング
  • フェースをボールが向き合うのは腰の高さまで
  • 少し早くバックスイング
  • 腕と肩はずっとボールの正面

スポンサーリンク

フェースコントロールのコツ

今回動画で解説されるのは、小澤美奈瀬さんが研究に研究を重ねた結果、導き出された結論です。

まず、フェースをすぐに開くような動きはNGです。

ボールとフェースは向き合ったままフェースとボールが見合ったままテイクバックするイメージが大切です。

バックスイングの時、フェースがボールを「見てるぞ~見てるぞ~」という状態が正解。

 

小澤美奈瀬さんはフェースコントロールのコツとして、次のように言っています。

小澤 美奈瀬
ボールとクラブのフェースはカップルだと思って、ずっと見合ったままで上げてあげてくださいね。

 

なるほど!!スイングを考えるにもやさしい気持ちが大切なんですね。

あとは、飛距離につなげる重要な部分として、バックスイングのスピードがあります。

基本的にバックスイングはゆっくりではいけません。早いバックスイングが飛距離アップのためには重要なのです。

米国LPGAの選手を見ても、基本的にほとんどのプレーヤーは早いバックスイングで早いダウンスイングであることがわかります。

飛ばしのためには早いバックスイングが必要になります。

スポンサーリンク

まとめ

フェースとボールのやさしい関係を理解することから始める飛ばしのレッスンでした。

フェースの動きの正しい関係を理解できれば、インパクトでの正しいボールコンタクトが実現し飛距離もアップします。

ボールもフェースも自分の味方となるよう愛情込めて扱いましょう。

そうすれば自分の思い通りのボールコントロールができるようになり飛距離もアップすることでしょう。

引き続き楽しいゴルフライフをお送り下さい。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です