ゴルフのスコアが確実に5打縮まる!イボミから学ぶプレショットルーティン

スポンサーリンク

プレショットルーティーンとは

あなたは「プレショット・ルーティン」という言葉を聞いたことがありますか?

ラグビー日本代表の五郎丸歩選手で話題になった「ルーティン
「五郎丸ポーズ」は、2015年の流行語大賞にもノミネートされましたので、知っている人も多いと思います。

プレショットルーティン・五郎丸

メジャーリーガーのイチロー選手が打席に入る前の一連の仕草も「ルーティン」ですね。

「プレショットルーティーン(pre-shot routine)」とは、ショットの前に、行われる一連の準備の動作のことを言います。

プロゴルファーやゴルフ上級者は、その方法は違えど、間違いなくプレショットルーティンを行っています。そして、その「リズムは常に一定」です。

帝王と呼ばれた「ジャック・ニクラウス」の全盛期時代のプレショットルーティンは、ティーアップしてから打ち終わるまでの動きが全く同じで、しかも1秒の狂いもなかったといわれています。

プレショットルーティンを行う目的として、次のようなことがあげられます

    1. 同じ動きを繰り返すことで、一定のリズムができ、自然と集中力が増す
    2. 同じ動き、同じリズム、同じタイミングで、同じアドレスをとることができるため、ナイスショットの確率が高まる
    3. 同じ動きを行うことに意識が向くため、余計なことを考えなくなり、ショットに対する不安がなくなる

特に、ラウンドの最初の朝一のティーショットの場合などは、緊張しますし、不安ですし、ミスショットする確率の方が高いと思いますので、このプリショットルーティーンは、かなり効果を発揮します。

第一流のプレーヤーたちのスイングを見れば見るほど、 私はゴルフのスイングにおける最も重要なただひとつの要素は、 リズムであるということを信ぜずにはおれない。
P・ワード・トマス~

 

プレショットルーティーンの重要性

プレショットルーティーンは毎回同じように行うことで、誰でも効果を発揮しますが、人それぞれでやり方や順番は違います。

プレショットルーティーンを行う理由は、スムーズにショットに入ることや、同じ動作をすることで考え方も単純化して集中力を高めることができることです。

なので、「あなたなりのプレショットルーティーン」を確立しておくことが重要になります。

ボールを目の前にして、クラブを持ちながら、ボールを打たない練習をしなさい
~中嶋 常幸~

中嶋常幸プロは、ボールを打つ練習ではなく、ボールを打たない練習、プレショットルーティンの練習をすすめているくらいです。

プレショットルーティンを習得することは、ボールを打つ練習よりも、スコアアップには効果的ということですね

 

プレショットルーティーンの動きの一例

それでは、プレショットルーティーンの動きの一例をご紹介しましょう。

  1. ボールの後方からターゲットを確認し、打ちたい球筋をイメージする
  2. イメージした球筋を打つための素振りを1回~2回行う
  3. ボールとターゲットを結ぶライン上に目印(スパット)を見つける
  4. ボールの後方から3~5歩でボールの横に回り込む
  5. クラブフェースを目印(スパット)に合わせ、正しい位置でグリップする
  6. ターゲットラインと平行にスタンスをとる
  7. 必要に応じ、ワッグルを行う
  8. あなたなりの始動のタイミングで、スイングを開始する

以上のような流れが、プレショット・ルーティンです。

「1」のイメージをすることはとても大切です。
目を閉じて、飛んでいくボールをイメージするジェイソン・デイのようなプロゴルファーもいます。

目を閉じて、自分がスイングしている姿を見ています。
テークバックして、フィニッシュまで振り切る。
そしてボールが飛んでいくさま、それがどこに落ちて、どう転がるか。
そのビジュアルができあがるまで、僕はショットしない。
~ジェイソン・デイ~

できれば、「2」での素振りの回数や「4」でのボールに近づく歩数も、毎回同じにするほうが、いいでしょう。「プレショットルーティンは常に一定」が基本だからです。

 

ワッグルもプレショットルーティンの一部

一般的なワッグル

ゴルフのワッグルはスイングの前に行う「体をリラックスさせるテクニック」です。特に、決まった動きがあるわけではありません

よくあるワッグルは、クラブのヘッドを左右前後に軽く動かすというもの。

その他、打つ前に、腰の位置くらいまで、テイクバックを行うワッグルなどもあります。

静止した状態からスイングを行うと身体の動きがぎこちなくなる場合もありますが、ワッグルをすることで身体の余分な力が抜けて、自然な形でスイングができるメリットがあります。

なので、多くのゴルファーはワッグルをしますが、まったくワッグルをしないゴルファーもいます。

ゴルフの難しいところは、「静」から「動」への切り替えです。
この切り替えを行うのに、ワッグルは、とても効果的です。

ワッグルをすることでショットに備える準備をするとともに、ショットの前の緊張をほぐすので、リラックスしてスイングを始めることができるのです。

ワッグルを一定のリズムで行うことも、プレショットルーティンの一部になります。

 

おススメのワッグル

一般的なワッグルは、手先で、クラブのヘッドを左右前後に軽く揺さぶるものですが、

手先でクラブを動かしたところで、体のリラックスができたとしても、正しい動きでクラブを振れるかというとはなはだ疑問です。
~ティーチングプロ 中井学~

つまり、中井学プロは、「手先でワッグルを行うと、その延長で、下半身を使わずに、手先でクラブをひょいと担ぎ上げるようなスイングになり、、その結果、スイングが手打ちになる」という指摘をしています。

その手打ちスイングを誘発しないために、中井学プロがおススメするのが、「足ワッグル」なのです。

足ワッグルによって、鈍感な下半身から始動させれば動きが一定しやすし、スムーズにスイングをスタートできます。
~ 中井 学 ~

左右の足(つま先)を交互にパタパタ動かしながら、体重を左右に移動させ、右足に体重が移動するタイミングでテイクバックに入ることで、自然と「下半身主導でテークバックを始動する」ことができるようになります。

実は、トーナメント中継を見ると、手先を動かすワッグルと同時に、足のワッグルも行っているツアープロたちも多いことが分かると思います。

 

イボミのプレショットルーティンに学ぶ

まずは、2015年、2016年賞金女王のイボミプロの「プレショットルーティン」を見てください。


出典:書斎のゴルフ 

イボミプロの「プレショットルーティン」を言葉にしてみると・・・、

  1. ボールの斜め後方で素振りをする
  2. ボールの後方に回って、ターゲットラインを確認する
  3. アドレスをとる
  4. 数回ワッグルをする
  5. スイング始動

と、このような「流れ」になります。

さらに、詳しく見てみましょう。

  1. ボールの斜め後方で素振りをする
  2. ボールの後方に回る
  3. クラブを体正面に持ち上げ、ターゲットラインを確認する
  4. クラブを右手で持って、左足から歩き始め、ボールに近づく
  5. 両足をそろえて立ち、左手グリップを決め、右手グリップを決める
  6. ターゲット方向を見る(1回目)
  7. 左足スタンス位置を決め、右足スタンス位置を決める
  8. クラブヘッドをわずかに上下動
  9. ターゲット方向を見る(2回目)
  10. クラブヘッドを上下動
  11. スイング始動

どうですか?
このルーティンがすべてのショットごとに行われているのです。

さらに、さらに、細かく見てみると・・・、

「2」の「ボールの後方に回った」後に、

「左袖をまくる」
「左腕で服の裾を下す」
「右腕に持ったクラブをとんと地面に落とす」

その後に、「3」の「クラブを体正面に持ち上げ、ターゲットラインを確認する」行為がすべてのショットで行われているのが、わかると思います。

「そんな細かいところまで??」って思うかもしれませんが、イボミプロにとっては、そんなことですら、「1つのリズム」となって、すべてのショットで行われているのです。

さらに、「6」の「ターゲット方向を見る(1回目)」以降、「右手親指をトントントン」とリズムをとっているのも見てとれます。

「7」のスタンス位置を決めているときも、「右手親指をトントントン」そして、最後に「右手親指をトン」と1回動かした後に、スイングが始動しています。

つまり、イボミプロは、「右手親指のワッグル」と「クラブヘッドの上下動」で、始動のタイミングをとっているのです。

この「常に一定のプレショットルーティン」が、ティーショットでもアイアンショットでも、すべてのショットで行われているのです。

これが、賞金女王の強さの秘密なんですね。

あなたのスイングはどうですか?いつもバラバラではありませんか?
そのバラバラを、一定にするだけで、ただそれだけで、ゴルフが大きく変わります。

 

あなたが集中できるのであれば、「プレショットルーティン」はどんな動きでもいいのです。

こんなユニークなプレショットルーティンをするプロゴルファーたちもいるくらいですから・・。


Dufner and Bradley’s unique pre-shot routines  出典:PGA TOUR

プレショットルーティンはスコアアップには、効果絶大なので、ぜひ「あなたなりのプレショットルーティン」を確立してみてください。

スポンサーリンク

ゴルフ上達練習方法をメルマガにて配信中

以上、「プレショットルーティンの効果」をご紹介しました。

このように、知っているだけで、スコアアップは可能です!

「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にミート率向上が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です