【股関節を入れるって⁉】飛距離アップのために重要な股関節の使い方

 

ゴルファーたるもの、いつまでも飛距離を追い求めなければなりません。

今回はドライバーの飛距離をアップさせるための重要な要素の一つである「股関節の使い方」についてのレッスン動画を紹介したいと思います。

飛距離をアップするポイントは上半身と下半身の捻転差を大きくすることと言われますが、その捻転差を生むポイントが、上半身と下半身をつなぐ「股関節」にあるのです。

つまり、飛距離アップのカギは股関節の正しい使い方にあるのです。

そこで、今回は上田桃子プロによるドライバー飛距離アップのためのレッスン動画をご紹介します。

上田桃子プロがスイングにおける股関節の考え方をわかりやすく実践しながら解説してくれます。

動画の最後には股関節を柔らかくするストレッチも紹介してくれます。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

飛距離アップのための股関節の使い方レッスン

今回のレッスン動画のポイントはこちら

  • 飛距離アップのポイントは股関節
  • ジャンプして降りたポジションで低重心のアドレス
  • 足の裏に木の根っこが生えている感覚で地面に圧をかけるアドレス
  • バックスイングではしっかり右股関節に体重を乗せる
  • 股関節が使えるストレッチをしましょう

 

股関節に入れるとは?

股関節に乗るアドレス

股関節に乗らなければならないということはよく聞ききますが「股関節の乗るとはどういうことなのか?」いまひとつ理解できていないアマチュアゴルファーは多いのではないでしょうか。

股関節ってどこ?いう人もいるほどなので、股関節に乗るという感覚は、なかなか感じにくいものなのです。

まず一番大事なのは、まず「低重心をイメージするということ」です。

ジャンプした時に着地してからしっかり踏ん張れるところで、なおかつどこから押されても動かないようなポジションを見つけます。

ヒザに乗るイメージだとグラグラしてしまうし、カカトにいってもお尻が効いてないと着地しても足の裏を踏めている感じがしないので、ジャンプしてドンと落ちたところが自分の股関節に乗れているポジションになります。

また、ヒザが伸びていると股関節は感じられません。

ジャンプして降りたポジション、右から押されても、左から押されても動かない位置が一番アドレスを取る上で大事です。

 

地面に圧をかけるアドレスとは!?

アドレスではイメージとして足の裏に木の根っこが生えている感覚が必要です。

足の裏の吸盤でしっかり固定されて、押されても絶対に動かないポジションをつくることです。

これがしっかりした低重心をつくるポイントです。

また、アドレスで足の裏のどこに重心をかけたらよいか?

理想は「母指球」ですが、人によって足の裏のバランスは違うので、つま先とカカトに交互に体重をかけてみて、どこが自分の一番倒れにくいところかを探すのが一番良いです。

程よくヒザは曲がっていたほうがよく、足裏、ヒザ、股関節、お尻がしっかり全部連動している感覚、足の裏に木の根っこが生えている感覚が地面に圧をかけるアドレスです。

 

バックスイングで右股関節に体重を乗せる時に気を付けること

バックスイングでは右股関節に体重を乗せていきます。

その時に右ヒザが割れると絶対に股関節は使えません。

ヒザがアドレスの位置をキープできるようにしっかり両内側に体重があることが大切です。

この前提でしっかり右に身体をひねっていくと右のお尻が張ってくる。

お尻が張ってきたところにチョンと座れるくらいの位置がしっかり股関節に入っているポジションです。

逆に、股関節に入れようとしすぎて、体重移動できてない人も多いので注意してください。

飛ばすためには体重移動は必要です。

また、そけい部(足の付け根)は股関節ではありません。そけい部に乗ってしまうとヒザが内側に入ってしまいグラつきますので注意してください。

股関節に乗れているかどうかのチェック方法はアドレス時にお尻が少し張っているかどうかです。

 

股関節のストレッチ

動画の後半では上田桃子プロのパーソナルトレーナーである伊藤久氏が、股関節のエクササイズを教えてくれています。

内側にヒザをひねるストレッチ外側にひねるストレッチを分かりやすく教えてくれていますのでご確認ください。

ストレッチでしっかりと股関節に乗れる身体を作りましょう。

股関節のストレッチ&股関節のトレーニング法は【ゴルフスコアが10打縮まる!股関節のストレッチ方法とは?】で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

ゴルフスコアが10打縮まる!股関節のストレッチ方法とは?

2018年1月27日

スポンサーリンク

まとめ

以上、上田桃子プロのドライバー飛距離アップのための「ゴルフの股関節の使い方とゴルフに効果的な股関節のストレッチ方法」をご紹介いたしました。最後までご覧いただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか?

飛距離アップを実現するためには、しっかりと股関節に乗った低重心アドレスと、股関節に乗った安定したテイクバックが必要です。また、股関節が固くなっているとスムーズなスイングはできません。

動画のストレッチを実践して柔らかい股関節を作ってください。

柔らかい股関節を使ったスイングで、飛距離アップすればラウンドはさらに楽しくなりますね。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)