そのパターの長さ、あなたに合ってます?パターの長さの選び方2つのポイント

スポンサーリンク

あなたのパターの長さって、あなたに合ってますか?

100切りできない人の多くは、そもそもパターの長さが合っていないという人が多いです。

あなたに合った長さのパターに変えるだけで、スコアが大きく縮まるなら、長さに無頓着ではいられませんよね?
パター選びは長さも重要なのです。

スポンサーリンク

ミスの種類で選ぶべきパターの長さがあります

パターの長さの選び方は、基本的には、身長等が大きな要素になってきますが、それだけではありません。
あなた自身が、パターでどのようなミスが多いのかということも、パターの長さを選ぶべき基準となります。

イメージしてみてください・・・。単純にショートのミスが多いのであれば、長めのパターを選ぶことが適切なような気がしませんか? でも、パターの長さは、そんなに単純ではありません。

同じショートでも、どのようなグリーンの状況でショートしてしまうのかを考えて、パターの長さを選ぶことが重要となってきます。

 

ショートパットが決まらない人のパターの長さの選び方

パターの長さを長くした場合には、慣性モーメントが大きくなります。

「慣性モーメント」を簡単に説明すると、一度動き出してしまったら、それを補正することが難しくなるということですね。つまり、パターが長くなれば、その分重くなるので、慣性モーメントが大きくなり、ストロークが安定するため、方向性がよくなります。

また、小さいストロークでも転がる距離が伸びるので、ふり幅が小さくてすむ分、ミスパットも少なくなります。

逆に、パターの長さを短くした場合は、慣性モーメントが小さくなります。
操作性がよくなる半面、ついつい、手先だけでヘッドを動かしがちになってしまう傾向が強くなります。
大きなテイクバックをとる必要があり、ミスパットの確率も高くなります。

ショートパットでミスしやすい人は、長めのパターがおススメです。

 

距離感が合わない人のパターの長さの選び方

グリーンでいつも2~3mショートしてしまう・・
もしあなたが、このようなミスが多いのであれば、「イ~チ、ニ~」というくらい、ゆっくりなリズムでストロークしているはずです。

実は、ボクシングのように「ワン、ツー」の速いリズムでパターを打つだけで、ショートすることは少なくなります。

パターが短くなればなるほど、慣性モーメントが小さくなる分、操作性が高まりますので、リズムを早めたり、遅くしたり、パターを自由に動かすことが可能となります。

上りのラインでいつもショートしてしまう・・・ というあなたには、短いパターにして、クイックに振ることで、ボールの初速を上がり、ショートが改善することもあります。

距離感が合わない人には、短めのパターがおススメということになります。

 

身長だけではなく、構えによって適切なパターの長さがあります

普通に考えれば、身長の高い人は長いパターを選び、身長の低い人は短いパターを選ぶのが適切ですよね。
ただ、考慮しなければならないのは身長だけではないということに注意が必要と言われています。

例えば、構え。パターのアドレスです。

パターを打つ構えが5角形の人、つまり、両ひじを曲げて両肩、両肘、グリップが五角形になるように構えるアドレスです。
パターを打つ構えが3角形の人、つまり、両肘を曲げずに、両肩とグリップが三角形になるように構えるアドレスです。

この二つのアドレスのパターンでは、身長が同じでも適切なパターの長さは少し違ってくるという考え方です。

当然のことですが、5角形の構えの人はひじを曲げる分、やや長めのパターを、3角形の構えの人は腕が伸びる分、やや短めのパターが適切な長さになります。

ご丁寧に、「五角形の構えの場合」と「三角形に構えた場合」における身長別パターの長さを教えているサイトもあります。

たとえば・・・、
五角形の構えの場合 身長 180センチ⇒35インチ
三角形の構えの場合 身長 180センチ⇒34インチ・・など

つまり、構え方 ⇒ その構え方に合ったパターの長さを選ぶ

しかし、この考え方は、あなたにとって間違ったパターを選ぶことになりかねません。

実は、あなたが使用しているパターのヘッド形状に合わせて、パターのアドレスは変わってくるからです。

パットには2通りの構え方がある  ~ティーチングプロ 中井 学~

 

パターヘッドの形状は、大きく分けてマレット型とブレード型の2つのタイプがあります。

直進性の高いマレット型パターは、ボールを眼の真下に置いて、前傾姿勢を深くします。
てんびんのイメージで肩を縦回転するするように打つため、フェースの開閉が抑えられ、ストローク軌道がストレートに近くなります。

つまり、マレット型パターは、五角形に近いアドレスの方がストレート軌道を作りやすいということ

一方、ブレード型のパターは、ボールから少し離れて前傾姿勢が浅めとなります。その分、フェースがやや開閉し、ストロークの軌道が緩やかな曲線となります。

つまり、ブレード型パターは、三角形に近いアドレスの方がイントゥインの軌道を作りやすいということ

なので、あなたのパターがピン型やL字型などのブレードタイプのパターならば、もともとパター自体が開閉しやすい作りになっているので、前傾姿勢を深め、ボールを目の真下に置き、ストレート軌道で打とうとすること自体、間違っているということになります。

なので、

  • マレット型パター ⇒ 五角形に近いアドレス ⇒ 短めのパター
  • ブレード型パター ⇒ 三角形に近いアドレス ⇒ 長めのパター

ということになります。

パターの性能に応じた構え方があり、さらには、その構えに応じてパターの長さが変わってくるということです。

単純に「自分の構えは三角形だから、じゃ、短いパターを選ぼう」という考えでは、よいパッティングストロークはできないということになるでしょう。

ただ、五角形、三角形は、それほど意識する必要はありません

そもそも「パターに型なし」と言われているのに、「パターのアドレスは五角形や三角形にしなさい」というレッスン自体、矛盾してます。

アドレスは自然体が一番です。

変に両肘を張って五角形を崩さないように意識してストロークしたり、肘を曲げずにピンと伸ばしてストロークするのも、パターのスムーズなストロークとは程遠くなります。

あくまで、基本は、自然です。

イボミのパターアドレス
出典:ワッグルONLINE

女子プロゴルファーイボミ選手のパターのアドレスです。

イボミ選手のアドレスは、「五角形」と説明されていますが、私から見れば、「五角形」には見えません。どちらかと言えば「三角形」に見えますが、肘はピンと伸びているわけではありません。

つまり、両肘を張って五角形を意識することもなければ、両肘をピンと伸ばして三角形を意識する必要はないということです。

両肘は自然に構える。それがパターのアドレスの基本です。

ちなみに、イボミプロは、ブレードタイプのパターを使用しているので、ボールの位置は目の真下ではありません。

前傾姿勢を浅くし、イントゥインの軌道でパッティングしているということです。

パターの長さ putter-addrss2
出典:ワッグルONLINE

スポンサーリンク

 

あなたに合ったパターの長さとは?

私は、身長180センチでパターを”五角形に近い構え”をするタイプです。

身長基準でいけば、35インチくらいの長さが自分に合っている長さということになりますが、私の使用しているマレット型パターは、33インチです。

直進性を意識するために、目の真下にボールを置き、前傾姿勢を深くしています。

その分、短いパターがちょうどよい長さになります。
このパターでは、ショートパットを外すことは少なくなりましたが、ロングパットの距離感が合わないことがあります。

なので、距離感を合わせるため、アプローチと同じ感覚で、ロングパットを打てるように、35インチのL字ブレードタイプのパターを購入しました。

アイアンと同じ感覚でフェースを”わずかに”開閉させるので、”三角形に近いアドレス”で、前傾姿勢を浅くし、ボールは目に下に置かずに、パッティングを試みました。

まさに、イボミプロと同じような感じです。

個人的な感想ですが、マレット型より軽いはずのブレード型ですが、35インチと長くなった分、33インチのパターと比べると、重いという感じがします。

そして、重い分ボールの初速が上がってしまい、結果的に、ロングパットがオーバーするというミスが出てるようになりました。

ですから、身長による基準はあくまでも目安にして、あなたのイメージ、あなたのパッティングスタイル、あなたが使いたいたパター形状、あなたのミスの傾向によって、パターの長さを決めていくのが、いいかもしれません。

 

パッティング軌道によるパターの長さの違い

  • パッティング軌道はストレートのイメージで打ちたいあなた

マレット型 ⇒ 五角形に近いアドレス ⇒ 長めのパターを選択

  • パッティング軌道はイントゥーインのイメージで打ちたいあなた

ブレード型 ⇒ 三角形に近いアドレス ⇒ 短めのパターを選択

 

パターのヘッド形状によるパターの長さの違い

  • パターのヘッド形状がマレット型のあなた

五角形に近いアドレス ⇒ 長めのパターを選択

  • パターのヘッド形状がブレード型のあなた

三角形に近いアドレス ⇒ 短めのパターを選択

 

ミスの傾向によるパターの長さの違い

  • ショートパットが苦手なあなた

重いマレット型がおすすめ ⇒ 五角形に近いアドレス ⇒ 長めのパターを選択

  • ロングパットが苦手なあなた

軽いブレード型がおすすめ ⇒ 三角形に近いアドレス ⇒ 短めのパターを選択
※重いブレードタイプもあります。

 

ゴルフグッズに関する情報などをメルマガ配信中

メルマガ内容

ゴルフはパターの長さが変わるだけで、結果は大きく変わってきます。

それはパターに限ったことではありません。

ゴルフクラブやグローブやボールなど、あなたに合ったものであれば、あなたのゴルフは大きく変わるでしょう。

そんなゴルフグッズに関する「知って得する情報」やゴルフ上達方法をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です