ゴルフボールUS仕様と日本仕様の違いとは?

スポンサーリンク

ゴルフボールを購入するときの疑問!

US仕様(アメリカモデル)と日本仕様(日本モデル)のゴルフボールはどこがどう違うのか?

今回は、ゴルフボール事情についてご紹介します。

 

ゴルフボールには2種類ある

ゴルフボールは大きく2種類に分けられます。ディスタンス系とスピン系という2種類です。

ディスタンス系ゴルフボール

ディスタンス系のゴルフボールは、飛距離を一番重視して開発されたゴルフボールです。

ボールを固くしてスピン量を減らし、曲がりを抑えて飛距離を稼ぎます。

打った時の打感は、固めと感じる場合が多いタイプのゴルフボールです。

一般的に初心者ゴルファーにオススメのゴルフボールです。

 

スピン系ゴルフボール

スピン系のゴルフボールは、コントロールを重視したゴルフボールです。

スピンをかけやすいので、ピタッと止まるショットを打つことができます。

打った時の打感は柔らかく、ボールを潰したような感覚とたとえられます。手

に衝撃が少ないのも特徴です。

 

ディスタンス系とスピン系のボールの違いは、ショットよりアプローチのほうが分かりやすいです。

同じ強さのアプローチショットでも、ディスタンス系とスピン系のボールではランが大きく変わります。

この2種類のゴルフボールの特徴は海外でも同じになります。

日本仕様でもディスタンス系ボールであれば、US仕様(アメリカモデル)でも同じディスタンス系となります。

 

同じボールでも日本とアメリカで商品名が違う場合がある

ゴルフボールの商品名は、日本とアメリカで異なる場合があります。

日本では「Tp5」という商品名で販売されているテーラーメイドのゴルフボールが、US仕様(アメリカモデル)では「Pentagon」という商品名になります。

このように日本とアメリカで同じゴルフボールなのに、商品名が異なる場合はあります。

ゴルフボールに限りませんが、商品名はそれぞれの国で浸透しやすい名前を付けられるようです。

 

また、商品名だけでなく、箱のデザインや色が異なることもあります。

ボール自体のデザインも若干異なる場合もあるので、見慣れたデザインと違うからといって偽物というわけではありません。

 

日本仕様とUS仕様のボールの違い

商品名や箱のデザインは違っても同じボール

結論からいうと、同じメーカー、同じ種類のボールであれば、商品名や箱のデザインに違いがあっても、日本仕様とUS仕様に違いはありません。

基本的には、同じ性能で作られた同じゴルフボールです。

 

わずかな違いは検品のシビアさ?

「US仕様(アメリカモデル)のゴルフボールは日本仕様のゴルフボールよりも固い」

こういった意見をよく耳にしますが、先ほども言いましたとおり、基本的には日本仕様とUS仕様(アメリカモデル)のゴルフボールに硬さなどの違いはありません。

唯一の違いともいえる点が「検品の厳しさ」と言われています。

これは国民性の違いからなのかもしれませんが、アメリカモデルのゴルフボールの検品は、日本モデルよりも少しゆるいといわれています。

そういった検品のシビアさの違いが、若干の日本モデルとアメリカモデルのゴルフボールの硬さを生んでいるのかもしれません。

 

打感の違いは気圧や気候の違い

日本仕様とUS仕様(アメリカモデル)のゴルフボール、打感に違いを感じる人は、同じゴルフ場で同じ日に打ち比べていますか?

打感の違いを訴える人の中には「アメリカでゴルフをした際にアメリカモデルのゴルフボールを使用したら硬かった」などという人がいます。

ゴルフボールの打感の違いは、気圧や気候で大きく異なります。

少し標高が高いゴルフ場に行ったことがある人ならお分かりかと思いますが、標高が高い場所ではゴルフボールの飛距離が平地よりのびます。

感触はやや硬くなります。

このようにゴルフボールの打感は気圧や気候で大きく変わります。

日本モデルとアメリカモデルのボール性能の違いというよりも、気圧や気候の違いを疑うべきかと思います。

 

海外で注意するべきゴルフボール

海外では「REFINISHED」と表記されたゴルフボールが販売されています。

これは、ロストボールに綺麗に塗装を施して新品に近い状態で売り出されているゴルフボールです。

ここで注意が必要です。

塗装を上からやり直しているので、中身のボールが表記されているものでない場合があるのです。

海外で「REFINISHED」と表記されているボールには気を付けてください。

 

ゴルフボールの選び方については、こちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

そのボールでは100切りできない!初心者のためのゴルフボールの選び方

2017年2月3日

 

お得な情報をメルマガにて配信中

以上「US仕様と日本仕様のゴルフボールの違い」についてご紹介しました。

このような「知って得する」ゴルフに関する情報やゴルフ上達練習法などをメルマガにて無料配信中です。

知るだけで、効率的にゴルフのスコアアップが期待できます。

【無料プレゼント実施中】

現在、メルマガに登録してくれたあなたには、期間限定で無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です