ゴルフトラベルカバーのおすすめは? トラベルカバーの種類と使い方

スポンサーリンク

飛行機などで移動の際やゴルフ宅急便を利用するときに欠かせないアイテム「ゴルフトラベルカバー」。

でも…、

トラベルカバーってどんな種類があるの?

ゴルフメーカーによって違いがあるの?

ゴルフのトラベルカバーってどれがおすすめ?

そんな疑問を持っていませんか??

そんなあなたのために、今回は、ゴルフ旅行するときなどに便利なトラベルカバーについて、「トラベルカバーの選び方」と「トラベルカバーの種類や使い方」さらに「売れ筋人気ランキングのおすすめトラベルカバー」をご紹介します。

大切なゴルフバッグを傷や汚れからしっかり守ってくれるのはもちろんのこと、あなたのお気に入りのトラベルカバーが見つかれば、それだけで遠出してゴルフしたくなってきますよ!

 

トラベルカバーとは?

トラベルカバーとは、遠方の旅行先などでゴルフをやりたい場合に、ゴルフのキャディバッグを宅配便で送る場合や、目的のゴルフ場へ行くのに飛行機を利用する場合に使うキャディバックのカバーのことです。

キャディバッグにクッション性のあるトラベルカバーをかけることで、バッグやゴルフクラブを傷や汚れから守る役割があります。

キャディバッグやゴルフクラブは、高額なものが多いですので、遠方に運ぶ時はこのようなトラベルカバーを使うことが少なくありません。

 

ゴルフトラベルカバーの選び方

 

サイズ

当たり前ですが、トラベルカバーは、あなたのキャディバックの大きさに合わせる必要があります。

サイズが合っていないと、トラベルカバーのファスナーが閉めにくくなったりします。

まずは、キャディバッグのサイズはもちろん、カバーの幅もしっかりチェックしておきましょう。

とりあえず、目安としては、キャディバッグのサイズとなる「9.5型」・「8.5型」・何インチ口径等といった表示を確認しましょう。

 

用途

トラベルカバーにはいろいろな種類が用意されており、ちょっとした違いで、その使いやすさは大きく変わってきます。

トラベルカバーを使う用途に合わせることも選び方の基準です。

 

主に宅急便を利用する

主に宅急便を利用するのであれば、トラベルカバーの生地に厚みがあって、しっかりとしたクッション性があるトラベルカバーをおススメします。

丈夫な生地や厚めのポリエステル地などであれば、ゴルフクラブはもちろんのこと、キャディバッグにも傷がつきにくくなります。

ただし、このタイプのトラベルカバーは自宅での収納時にかさばってしまうことがデメリットです。

また、おもに宅急便を利用するなら、絶対おすすめなのが「伝票ポケット付き」のトラベルカバーでしょう。

伝票ポケット付きでないトラベルカバーには、直接、伝票が貼りつけられます。

そのため、はがした後のシール跡や糊の残りなど、カバーの表面が汚れてしまいます。

主に宅急便を利用するなら、絶対に「伝票カバー付き」のものをおすすめします。

 

飛行機輸送など旅行に利用する

飛行機での旅行や長距離の移動が目的であるなら、「キャスター付」のトラベルカバーがおすすめです。

旅先でのゴルフプレーは何かと荷物が多いもの。

そんな中、ピックアップ後は、キャディーバックも手荷物として自分で持ち運ばなければならないのは、とても大変です。移動の負担を減らすために最適ないアイテムがキャスター付きのトラベルカバーなのです。

キャスター付きは簡易なトラベルカバーと違って、小物入れなどの機能を備えたものもあるので、かなり重宝するでしょう。

 

使用頻度が少ない場合

たまに使いたいと思うけど…、そんなトラベルカバー使用頻度の低いあなたには、

薄手でコンパクトに折り畳め、付属のポーチに収納できるタイプのトラベルカバーをおススメします。

クッション性は期待できませんが、宅配便のビニールカバーなどよりは耐久性はあります。

また、メーカーロゴが目立つため、自分のバックであることが一目瞭然です。

 

その他にも、自宅の玄関にキャディーバックを置いている人や部屋の片隅においている人などは、常時、キャディーバックにトラベルカバーをかけておくだけで、埃(ほこり)などを防いでくれます。

月一ゴルファーなど、トラベルしない人でもトラベルカバーは、おすすめアイテムですよ。

それでは続いて、それぞれのトラベルカバーの種類とメリットデメリットをご紹介いたします。

 

トラベルカバーの種類とメリット・デメリット

トラベルカバーには、ハードケースとソフトケースの2つの種類があります。

またキャスターがついているトラベルカバーもあります。それぞれの「メリット・デメリット」をご紹介します。

 

ハードケースのメリット・デメリット

ハードケースは、カバーの素材が硬い素材でできているものです。

キャディバッグやゴルフクラブに対する保護機能としては、圧倒的にハードケースが良いですね。

宅配便や空輸などでは、時には輸送途中で他人のキャディバッグに潰されてしまうケースもあります。

たまに起こるのが、他人のキャディバッグに潰されてキャディバッグの形が変形してしまった…、などのトラブルです。

また、まれではありますがゴルフクラブが折れてしまった…、などという事故も考えられます。

ハードケースは、硬い箱の中にキャディバッグを入れているようなものですので、キャディバッグが変形してしまうような心配はありません。

高額なゴルフクラブやキャディバッグを使っている人は保護機能が高いハードケースをオススメします。

 

ただし、ハードケースにはデメリットもあります。

一つ目は「重い」ということですね。

持ち運びにはかなり苦労します。

また、飛行機を利用する場合に海外線などでは、20キロの重量制限がありますよね。

ハードケースは重いので、20キロを超えてしまう可能性が高くなります。

そうなると、追加料金を取られる場合がありますので注意が必要です。

 

二つ目は、ソフトケースに比べて「価格が高くなる」場合が多いです。

相場では、ソフトケースの2倍〜3倍くらいはかかると思って良いかと思います。

 

ソフトケースのメリット・デメリット

ソフトケースは、柔らかい素材でできたゴルフ用トラベルカバーです。

ゴルフクラブやキャディバッグを衝撃から守り、汚れや傷を防止します。

ソフトケースのメリットは、「価格が安い」という点ですね。

価格が安い割には、ある程度の衝撃や汚れから守ることができますので、コストパフォーマンスは良いですね。

また、やはりハードケースよりもソフトケースの方が市場に出回っている種類が多いので、選ぶ選択肢が多いというメリットもあります。

ソフトケースのデメリットは、ハードケースほどの保護機能がないということです。

クッション性の高いものを選べばある程度は衝撃から守ることはできますが、まれにキャディバッグが潰れて地面に置いても立たなくなった、クラブが折れたなどのトラブルがあるので、注意が必要です。

 

キャスター付きトラベルカバーのメリット・デメリット

ゴルフのトラベルカバーにキャスターが付いているものもあります。

まあ、1番のメリットは「持ち運びに便利」であるという点ですよね。

ゴルフ場へ行くのに飛行機などをよく利用する人にはオススメでしょう。

デメリットは、キャスターが付いているぶん大きくなってしまいますので、車などに積み込みがしにくいことがあります。

 

ゴルフのトラベルカバーおすすめ5選

トラベルカバーは、基本的にはキャディバッグやゴルフクラブを保護するものですが、オシャレなトラベルカバーがあればなお良いですよね。

そこで「おすすめのトラベルカバー5選」をご紹介します。

 

パーリ―ゲイツ トラベルカバー

パーリ―ゲイツは、「もっと気軽にもっと楽しくゴルフをしよう」をコンセプトに独特の色使いやセンスで人気のあるゴルフウェアメーカーです。

まあ、一目見ればわかると思いますが、これぞパーリ―ゲイツといった感じのデザインと色使いで他のトラベルカバーとは違った雰囲気を持っています。

トラベルカバーの色も豊富で、グレー、イエロー、ピンク、ネイビー、カーキー、ブルーから選ぶことが出来るのも嬉しいですよね。

パーリ―ゲイツのトラベルカバーをしていれば、空港などでもすぐに自分のキャディバッグを見つけることができるでしょう。

「斬新なデザインでトラベルカバーもオシャレにしたい!」というあなたにはおすすめです。

 

サムソナイト トラベルカバー キャディバッグカバー

やはりトラベルカバーの役割は、キャディバッグを守ることですよね。

世界一流のスーツケースのブランドサムソナイトのトラベルカバーはシンプルなデザインながら、しっかりとした作りでキャディバッグを守ってくれます。

保護機能を高めるために内側にウレタンを使用、カバー内部に固定ベルトを装備などしっかりとした設計になっています。

また、移動時に助かるキャスター付きのゴルフ用トラベルカバーです。

少し価格は高いですが、キャディバッグやゴルフクラブの保護など機能性を重要視する人にはおすすめのトラベルカバーです。

機能性を重視したいあなたにはおすすめです!

 

 

最新SKB社製 TSA鍵付き ゴルフキャディバック用ハードケース

ゴルフ用のトラベルカバーを探しても、ほとんどのゴルフ用トラベルカバーはソフトケースではないかと思います。

まあ、コストパフォーマンスを考えれば、ソフトケースが人気であることは仕方がないかとは思いますが、保護機能に関しては少し頼りない気がしますよね。

やはり大切なゴルフバッグとゴルフクラブ。

万が一のことがあっては絶対に困るという人、年間に何回も遠方でゴルフをする機会のある人には、できるだけ保護機能の高いハードケースがおすすめです。

 

SKB社は、弦楽器などのケースでトップブランドのメーカーです。

ハードケースのイメージとしては「ギター」を入れるケースのような感じですね。

しっかりと鍵もついていて、盗難対策も万全です。

価格もかなりお高いですが、レンタルもできるようですので一度試してみてはいかがでしょうか?

最高峰の保護機能を実感したいあなたにはおすすめです!

 

タイトリスト トラベルカバーAJCT7

タイトリストといえば、ゴルフ用品メーカーとしてはトップクラスの人気のあるメーカーですよね。

個人的な意見ですが、何となくタイトリストを使っている=ゴルフが上手いというイメージがあります。

そんなタイトリストのトラベルカバーは、意外にもリーズナブルな価格で手に入れることができます

 

タイトリスト トラベルカバーAJCT7などは、お値段もかなり安いですしクッション性などの保護機能もそれなりに備えていますので、コストパフォーマンスが良い商品ではないかと思っています。

色は、ブラックとレッドから選べます。

レッドなどは、かなり目立つと思いますので飛行機などをよく利用する人にはおすすめのゴルフトラベルカバーです。

多くの通販サイトでも、やはりタイトリストのトラベルカバーは人気があり、常にランキング上位にいるのは、やはりコストパフォーマンスが良いからなのではないでしょうか。

コスパ最強!!コスパ重視のあなたにはおすすめです!

 

ラウドマウス ゴルフトラベルカバー

ラウドマウスというメーカーをご存知でしょうか?

ラウドマウスはアメリカサンフランシスコ発祥の個性的なデザインが特徴的なメーカーです。

とにかく柄が凄いですね!

かなり遠くから見ても自分のゴルフバッグが分かるはずです。

このメーカーの面白いところは、トラベルカバーの種類を選ぶとき普通は、ブラックかレッドかなど色で選びますよね。

ラウドマウスは…、

  • シャカデリックブラック
  • ドロップクロス
  • シャカデリックホワイト
  • ペイントボール
  • シヴァミーテンバース
  • ハウンドトゥース
  • タグ
  • フラガデリック

の中から選びます。

「なんのこっちゃ」って感じですが、一般的なトラベルカバーは、同じデザインで色だけ違うといったパターンですが、ラウンドマウスのトラベルカバーは「もうほとんど別のトラベルカバーといえるのでは?」と思うほど柄が違います。

伝票を入れるためのクリアポケットがついているのも嬉しいですよね。

デザインにこだわるだけではなく、しっかりと使いやすさも追求している商品だと思います。

とにかく、個性的なデザインのトラベルカバーを持ちたいあなたにはおすすめです! 

スポンサーリンク

ゴルフグッズに関する情報などをメルマガ配信中

 

ゴルフグッズに関する「知って得する情報」やゴルフ上達方法をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です