打感・ライ角・フィーリング!ゴルフのパターの選び方の3つの基準

スポンサーリンク

パターを選ぶ基準は、長さ、重さ、ヘッド形状以外にもまだまだあります。

ゴルフショップにある数多くあるパターの中からあなたにとって最適なパターを選ぶ基準をお話しします。

 

ゴルフのパター選びは、打感も重要

フェースインサートのパタ―

パターの打感を決める重要な要素として「フェースインサート」というものがあります。

フェースインサートとは?
フェースインサートとは、パターのフェース面に埋め込まれているファイバーやプラスティックの板のことを指します。打感が柔らかくなるなどの効果があります。
パターフェースインサートありなし

フェースインパクトのあり、なしによって、大きく変わるのは「打感」と、「インパクトの音」です。

フェースインサートがないパターは、フェース面と本体とが同一素材で作られているパターです。

基本的には、そのようなパターは、フェース面が硬いパターです。フェース面が硬いということは、打感が硬いということになります。

逆にフェースインサートを使っているパターは、一般的には打感が柔らかいということになります。最近では、硬いインサート材を使っているパターもあります。

打感をソフトにするか、ハードにするかは、極論を言えば「あなたの好み」、「どちらが距離感をイメージしやすいか」ということになります。

フェースインサートがあるパターの方が、打感が柔らかくなり、ボールを転がすというイメージが出やすくなります。
逆に、フェース面を硬くすると「転がす」というより、「はじく」というイメージが出やすくなります。

一般的には、ショートのミスが多い人はインパクトが緩んでしまうことが多いので、緩まずインパクトしやすいインサート有の打感が柔らかいタイプを使うと良いと言われています。

ロングパットで、柔らかすぎると距離感が上手く掴めないと感じて、フェースインサートを硬い素材のものに変える人もいます。

パッティングの音については、
フェースインサートがあるパターは、ソフトなフィーリングのため、音はあまりしませんが、インサートがないパターは、しっかりとした打感があり、なおかつ、高めの打音感がなるパターもあります。

このインパクトの音で、距離感をつかむ人もいます。

 

ゴルフのパター選びは、ライ角も重要

意外と気にする人が少ないのがパターのライ角です。

パターライ角

いくらパターを練習しても上手くならない・・という人はライ角が合っていないかもしれません。
なぜなら、パターのライ角は、ミート率に大きく影響するからです

インパクト時にアップライト、つまり、ヒール側が上がりすぎたり、その逆に、フラット、つまり、トゥー側が上がりすぎたりすると確実に打点がバラついてしまします。

あなたのパッティングスタイルに、ライ角が合っていないと、打点がバラつくだけでなく、引っ掛けや押し出しのミスも多くなります。

例えば、引っ掛けが多い人は、ライ角がアップライトすぎる可能性があります。

パターはライ角どおりに構えた時にフェースがスクウェアになるようになっています。

ということは、ライ角どおりに構えることができなければ、フェースが開いたり閉じたりしてしまうということです。

一度ライ角の調整をしてみることをおすすめします。

まあ、初心者の人などはライ角と言われても・・という感じではないかと。

例えば、パターのメーカーで有名な「PING(ピン)」では、身長と手首から床までの長さ、構え方などを指標にして最適なライ角を決定してくれるのでおすすめですよ。

「PING(ピン)」サイトの「Web-Fit」であなたに最適なパターが確認できます。

 

ゴルフのパター選びは、フィーリングも重要

パターを選ぶ際の基準は、ヘッドの形状、シャフト、ネック、重さ、長さ、ライ角、フェースバランス・・・

数多くありますね。

この中から、自分に合ったパターを探すのですから、大変です。

基本的には、自分のパッティングスタイルから、選ぶのがベターです。

大体、ストローク派かインパクト重視派に分かれます。

それぞれ、どちらかに合っているので、それらを参考にして何本か選びましょう。

 

最後は打ってみて、自分のフィーリングに合ったパターを

一般的な基準から、自分に合っていると思われるパターを何本か選んだら、実際にボールを打ってみましょう。

何だかんだ言っても、これが一番重要です。

まず、構えやすさ。

自分の目標に対してフェース面を真っすぐ構えやすいかどうかです。

長さや、ヘッドが合わないとどうしても構えにくいと感じてしまいます。

ですから、構えにくい時点でどこか自分に合っていないところがあるんだと思いましょう。

そして、最終的に一番重要なのはフィーリングです。

特に、距離感。

自分のイメージと同じような転がりをするパターを選びましょう。

ストローク派なら、この振り幅ならこのくらい転がるなとイメージして打ったボールが自分のイメージと同じだったら、それだけでOKです。

逆に、えっ?こんなに転がるの?とか、こんなに転がらないの?というようなイメージと違う感覚、違和感を感じた場合は、そのパターは自分に合わないパターなのだと割り切って候補から外しましょう。

 

ゴルフクラブに関する情報などをメルマガ配信中

知っているだけでスコアアップできる!

そんなゴルフクラブに関する「知って得する情報」やゴルフ上達方法をメルマガで無料配信中です。

無料プレゼント実施中

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です