短いアプローチを攻略!絶対ダフらないアプローチの打ち方3つのコツ

スポンサーリンク

絶対寄せたい場面でのアプローチでダフってしまうアマチュアゴルファーは少なくありません。

アプローチでのダフリ経験を積み重ねてしまった結果、手が動かなくなりアプローチに苦手意識を持ってしまうゴルファーもたくさんいます。

今回はそんなアプローチのダフリに悩むゴルファーのために、「絶対にダフらない打ち方」を教えてくれる素晴らしいレッスン動画を紹介しちゃいます。

「ダフらないアプローチの打ち方のレッスン」をしてくれるのは、ネット上で人気の美人レッスンプロである小澤美奈瀨プロです。

そのしなやかなスイングでヘッドスピード50m/sを超えるという飛ばし屋の小澤美奈瀨プロですが、今回はアプローチについて的確なレッスンをしてくれます。

とても楽しくためになる必見の動画ですよ。必ずチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

絶対ダフらないアプローチの打ち方3つのコツ

こんなゴルファーにオススメ

今回の小澤美奈瀨プロのレッスンはこんなゴルファーにオススメです。

  • アプローチの成功確率を上げたいゴルファー
  • アプローチの考え方の基本が知りたいゴルファー
  • 短いアプローチのコツを知りたいゴルファー

今回もいつも美しい小澤美奈瀨プロが優しい語り口でわかりやすく教えてくれますよ。

 

小澤美奈瀨プロのアプローチレッスン

アンタッチャブル柴田さんの悩みはアプローチでどうしてもダフってしまうということです。

せっかく近くまで寄ったのにそこから3打、4打と打ってしまうこともよくあるそうです。

10ヤードくらいになるといろんなことを考えすぎて、上手くいかないことも多いようです。

アプローチ上達のために小澤美奈瀨プロはどんなレッスンをしてくれるのでしょうか。是非ご覧ください。

今回の動画のポイントはこちらになります。飛ばさない方法を考えることを、いろんな角度から教えてくれます。

  • スタンス幅は狭く
  • グリップギリギリのところまで短く持ってボールの近くに立つ
  • ボールの位置はセンター

 

飛ばさないアプローチ

小澤美奈瀨プロが指摘するのは柴田さんのアドレスはきれいなのだが、少し飛ばしの要素がいろいろ入ってくるような構え方をしてしまっているということ。

スタンスが広すぎて、クラブを振りやすい状態になっていたのです。

アプローチには球を飛ばす打ち方は必要ありません。飛ばさない構え、飛ばない構えを意識すると良いのです。

まずはスタンス幅を狭くして、クラブヘッドが足に当たるかと思うくらい近くに立ちましょう。

振りづらい構えをつくりましょう。振れない構えなら大きく振りすぎる心配はなくなり、体重移動も入りにくいのでトップすることもなくなります。

アプローチではとことん飛ばす要素を排除した飛ばさない構え、飛ばない構えを意識することが大切になります。

 

絶対ダフらない短いアプローチの打ち方

もっとダフらない打ち方として小澤美奈瀨プロがとっておきの方法を教えてくれます。

それは飛ばないアプローチ。短いアプローチの時に有効な打ち方です。

まず手元はハンドアップにします。

その時、クラブのヒール側は浮かせてOK、ほとんどトゥ側で構えます。ボールは真ん中に置きましょう。

あとはこの状態でパターのように振るだけです。

そうするとクラブの先、トゥ部分で球を捕らえることになりボールは飛びません。

クラブの先っちょで打つことはクラブを作る人は誰も考えていません。だからクラブの構造上も飛ばないのです。

アプローチに関しては必ずしも芯で打つ必要はないのでこのような考え方も有効なのです。

この方法だと本当に飛ばないしダフらないです。

飛ばないアプローチを打つためには、飛ばない要素をどんどん取り入れましょう。

さらにスイングスピードをゆっくりすることを意識すると、死に球になってキャリーのあとのランはほとんど出ない球がでます。

この打ち方なら1ヤードでも打てます。これは実践で役立ちそうな方法ですね。

このアプローチの方法は「初心者でもできるランニングアプローチの打ち方」としてプロゴルファーの深堀圭一郎プロもおすすめするアプローチの打ち方です。

確実に寄る!ランニングアプローチ6つのコツ」の記事の中でもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ダフらないアプローチの打ち方」のレッスン動画をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

小澤美奈瀨プロとアンタッチャブル柴田さんの楽しいレッスンでしたね。

距離のないアプローチでは飛ばない構えを意識することが大切です。

そしてクラブの先っちょで打つアプローチはやってみるとわかりますが、ホントに飛ばないし慣れると簡単なので実践ではかなり有効な武器になりますよ。

少し練習が必要なのでやってみてください。

短いアプローチが寄るようになるとラウンドのリズムがでますし、そして何より気持ちも盛り上がってきますので楽しくラウンドでします。もちろん結果としてスコアアップにつながります。

あなたも今回のレッスン動画を参考にしてアプローチ名人になってください!

それでは引き続き楽しいゴルフライフをお送り下さい。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です