自宅で簡単に飛距離アップできる練習方法!

「ドライバーやアイアンの飛距離を伸ばしたい!」

多くのゴルファー求める飛距離アップですが、ただ力任せに、闇雲に、ゴルフ練習場で打ち続けても飛距離アップは測れません。

ということで、今回は「自宅で飛距離アップをするための練習」をご紹介します。

自宅で簡単に飛距離アップできる練習法

 

シャドースイングで切り返しを覚える

シャドースイングとは、クラブを持たずにスイングをする練習です。

シャドースイングは、石川遼プロや大山志保プロなど多くのプロゴルファーが実践している練習方法です。

ゴルフスイングにおいて、切り返しのタイミングは非常に重要な要素です。

ボールを打つ、クラブを振るといった動作が切り返しのタイミングを難しくします。

正しい切り返しを覚えるには、クラブも持たず、ボールも打たないシャドースイングが効果的です。

 

シャドースイングのやり方

  1. アイアンを一本用意して、肩に担ぎます
  2. テイクバックで肩を右に回転させます
  3. ダウンスイングでは、トップで右に乗った重心を左に移行させます
  4. フォローでは、右肩を左に回転させます

 

たったこれだけの練習方法ですが、いくつかチェックポイントがあります。

 

シャドースイングのチェックポイント

シャドースイングのチェックポイントをご紹介します。

バックスイングでのチェックポイント

バックスイングでの注意点は、肩をしっかりと回転させて右へ体重移動をすることです。

ここでの注意点は、「頭は数センチ動かしても良いけれど、右ひざの角度は動かさない」ということです。

 

右へ体重移動をしようと意識すると、右ひざの角度が動きやすいです。

右ひざの角度を動かさないようにすると、体重移動がしにくいです。

トップで、右足の真ん中に体重の80%が乗っていて、かつ、右ひざの角度が動いていないというのが理想的です。

 

切り返しのチェックポイント

バックスイングで上半身を捻転するのですが、この上半身の捻転が終わる前に左への体重移動が始まっているというのが、正しい切り返しです。

アマチュアゴルファーで多いのが、上半身が捻転し終わってから切り返しをしてしまうスイングです。

このようなスイングでは、タメができません。

正しいスイングは、上半身は左へ回転し、下半身は右へ回転します。

この捻転差がパワーを生むのです。

 

効果絶大!自宅で飛距離アップする素振り!

自宅の室内で、ドライバーを振り回すことができる広さがなくても、「この素振り」ならできるでしょう!

飛距離アップには効果絶大な「自宅でできる素振り」はこちらで詳しくご説明していますので、あわせてご覧ください。

自宅でゴルフがぐんぐん上達!室内できる素振りを一挙公開!

2017年1月11日

お風呂に入る前にやるだけで飛距離アップが期待できる「タオル素振り」はこちらにまとめています!

タオル素振りでゴルフが最短で上達する!タオル素振りの効果的なやり方

2018年1月1日

 

まとめ

ゴルフの練習というと、ボールを打つというイメージですが、正しいスイングを作るためにはボールを打つことが邪魔になる場合があります。

ボールを打つことで、スイングよりもボールを打つことに意識がいってしまい、スイングが崩れるからです。

正しいスイングをするためには、時には自宅で練習することが飛距離アップにはとても効果的なのです。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)