ドライバーを安定させる4つのコツ

 

「アイアンはそこそこ打てるのに、ドライバーがいつまで経っても安定しない・・」

このような悩みを持っている人はいませんか?

 

ゴルフ上級者に共通しているのは、「ドライバーが安定している」ということです。

やはり、ゴルフのスコアを良くするためには、ドライバーでのショット(ティーショット)が重要です。

これは、飛ぶ、飛ばないかではなく、いかに安定してOBを打たないかということです。

 

ドライバーが不安定だと・・

  • OBが多くなるのでスコアが安定しない
  • いつも、悪いライから打つので2打目でミスが出やすい

などのデメリットがあります。

 

ドライバーが安定してくると、これらのデメリットがなくなるのでスコアが安定してくるはずです。

今回は、「ドライバーショット(ティーショット)を安定させるコツ」を紹介します。

 

ドライバーが安定しない原因

ドライバーが安定しないのは、「スイング軸が崩れること」が大きな原因のひとつとして挙げられます。

ゴルフスイングは、回転運動です。

回転するための軸が「スイング軸」です。

 

スイング軸は、クラブが長くなるほど崩れやすくなりますから、ドライバーショットでは特に注意しなければなりませんね。

スイング軸が崩れると、体の余計な動きが多くなる分、当然、上手くボールを捉えることが難しくなります。

スポンサーリンク

 

ドライバーを安定させる4つのコツ

スイング軸がずれないようにするためには、もちろんスイングの矯正も必要ですが、「スイング軸がブレにくいアドレスを作ること」が重要です。

スイングを直すのは難しいですが、アドレスを直すのは簡単です。

ゴルフスイングにおいてアドレスは、重要ですから、ゴルフを始める時にしっかりと教わっていると思いますから、アドレスについて説明しても、「そんなこと、知っているよ」と思うかもしれませんが、ゴルフは「忘れる」スポーツです。

 

ドライバーショットが安定しない人は、もう一度アドレスを見直してみましょう。

アドレスにおいて、スイング軸がブレないようにするための基本的なチェックポイントを紹介します。

 

アドレスで背筋を伸ばす

一般的には、アドレス時に背筋を伸ばすことでスイング軸が作りやすくなります。

なぜなら、アドレスで背中を伸ばすと自然とあごが上がるからです。

アドレスが猫背だと、自然とあごが下がります。

あごは少し上がっている方が、肩の回転をスムーズに行うことができるようになります。

 

アドレス時に背中を伸ばすことで、

  • 背中が一直線になるからスイング軸が作りやすい
  • あごが少し上がるから、肩の回転がスムーズになる

というメリットがあります。

 

ただし、背中が反り返るくらいピンと伸ばしすぎると、

  • 腰を痛める
  • 肩や肩甲骨に力みが出る

というデメリットが生まれますから、力みが生まれない程度で背中を伸ばすことが重要です。

 

自然体のアドレスを作る方法

アドレスで膝を伸ばしすぎると、体が動きすぎてスイング軸が崩れる原因になります。

逆に、アドレスで膝を曲げすぎると、体重移動が上手くできず、手打ちの原因になります。

では、どのくらいひざを曲げて、どこに重心を置くのが自然なアドレスなのでしょうか?

 

それは…、

リラックスした状態で、軽くジャンプして着地した姿勢です。

この形が「自然体のアドレス」になります。

 

リラックスして構える

「アドレスを見ただけでミスショットを打つのがわかる」とよく言われますね。

肩や肩甲骨に力が入り、見るからに力んでいるアドレスからスイングしても必ず、力みが出てしまい、スイング軸が崩れる原因になります。

スイング軸が崩れないようにするには、いかにリラックスした状態で打てるかが重要です。

 

でも、ゴルフで緊張するなというのも無理な話ですよね?

オススメなのは、「呼吸」です。

ショットを打つ前に「ホッ」と息を吐いて肩を落としてからアドレスに入ると、力みの抜けたアドレスになります。

ゴルフスイングにおける「呼吸」については、こちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

飛距離が10ヤード伸びる!ゴルフスイング中の呼吸法4つのポイント

2018年1月21日

 

右肘を少しだけ曲げる

アドレス時には、右肘を少しだけ曲げた方が良いです。

右肘がピンと伸びた状態でアドレスをすると、右肩が前に出てしまうため、スイングがアウトサイドイン軌道になりやすくなります。

アドレス時の右肘は、少しだけ曲げた方が、正しいスイング軌道を得られ、ショットが安定しやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スイング軸を安定させれば、ひどいミスショットが出る確率は大きく減ります。

大事なのはアドレス。

ナイスショットかミスショットはアドレス時に決まると言っても過言ではありません。

今回紹介したスイング軸を安定させるアドレスのチェックポイントを是非参考にしてみてください。

 

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)