ピンまで30ヤードのバンカーショット攻略法

スポンサーリンク

 

ピンまでの距離の長いバンカーショットは嫌ですよね?

30ヤードのアプローチは難しいショットではありません。

ただ、30ヤードのバンカーショットはかなりの難易度です。

プロゴルファーでも難しいショットではないかと思います。

ですから、ピンまでの距離が30ヤード以上あるバンカーにつかまった時は絶望的な気分になります。

まあ、グリーンオンを諦めて取りあえず、バンカーから脱出することだけ考えるというのもひとつの手段ではあります。

でも、たった30ヤード。

バンカーだからと言って、バンカーから脱出できればいいや・・という考えでは夢がないと思いませんか?

ということで、今回は、「30ヤードのバンカーショットを何とかグリーンに乗せるための攻略法」をご紹介します。

 

サンドウェッジで砂を薄くとる

30ヤードのバンカーショットのひとつの手段として、サンドウェッジでバンカーの砂を薄くとるという方法があります。

バンカーの砂の爆発力でボールを飛ばす通常の「エクスプロ―ジョンショット」は飛距離をかなりロスしてしまいます。

30ヤードというバンカーショットとしては長い距離をサンドウェッジで打つためには、飛距離をできるだけロスしないようにバンカーの砂を薄くとらなければなりません。

しかし、砂を薄くとろうとすることで、クラブフェイスがボールに直接当たってしまうホームランやトップのミスが出やすくなります。

バンカーの砂を薄くとるショットは、かなり難易度が高いのです。

その上で30ヤードの距離感を出さなければならないので、更にアマチュアゴルファーの技術では、ミスをする確率が高くなります。

 

長い距離のバンカーショット攻略法

サンドウェッジを使わない

サンドウェッジでバンカーの砂を薄くとるショットは難しいけれど、やはり30ヤードですから、何とかグリーンに乗せたいですよね。

バンカーショットで距離を出したいなら、サンドウェッジではなく、アプローチウェッジやピッチングウェッジでバンカーショットを打つのもひとつの方法ですね。

当然ですが、番手が上がるほど同じスイングでも距離を出すことができます。

ロフトが立っている分、サンドウェッジで打つ弾道より低く、ランが出る弾道になりますが、確実に前に飛ぶ理からは大きくなるので距離が出ます。

 

長い距離のバンカーショットの打ち方

ここで、サンドウェッジ以外の番手でバンカーショットを打つには、どのように打てば良いのか?という疑問が出てくるでしょう。

結論から言いますと、バンカーショットの打ち方は通常のバンカーショットと同じでOKです。

特に打ち方を変える必要はありません。

 

クラブフェイスを開いてエクスプロ―ジョンショットで打つだけですね。

砂を薄くとるという意識は必要ありません。

番手が大きい分、多少ダフっても大きなミスになりにくい点が大きなメリットですね。

もちろん、番手を上げたからと言って、30ヤードのバンカーショットは簡単なものではなく、距離感の調整には経験と技術が必要ですが、サンドウェッジで砂を薄くとる打ち方に比べると、簡単でミスの少ない打ち方であると思います。

基本的には、番手を上げて、後は通常のバンカーショットと同じ打ち方ですからね。

 

まとめ

30ヤードのバンカーショットは、プロゴルファーでも難しいショットです。

アマチュアゴルファーであれば、グリーンに乗りさえすれば100点です!

30ヤードのバンカーショットの一番簡単な打ち方は、「サンドウェッジではなく、ピッチングウェッジやアプローチウェッジなどのサンドウェッジよりもロフトが立っている番手で通常のバンカーショットと同じように打つ」という方法です。

運悪く、30ヤードのバンカーショットが残ってしまった場合には、是非試してみて下さい!

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です