ゴルフ会員権を購入する5つのメリットと3つのデメリット

スポンサーリンク

ゴルフ場で、会員権を購入するメリットとデメリットをご存知でしょうか?

なんとなく、お金持ちがゴルフ会員権を持っていて、サービスがいいとか、割引が効くとか、曖昧なメリットしかご存知ではないのではないでしょうか?

実際、ゴルフ会員権を取得することで受けられる恩恵は非常に大きいものがあります。

また、金銭的な面だけではなく、ゴルフライフをもっと楽しくしてくれる様々な利点があります。

今回は、ゴルフ会員権を購入する(=メンバーになる)ことのメリットとデメリットについて、わかりやすく説明していきます。

 

ゴルフの会員ってどういうこと?

ゴルフ場のホームページや受付に、メンバーとビジターという言葉があります。

これは、「メンバー=会員」、「ビジター=一般客」ということです。

この両者の明らかな違いはプレーの値段に表れています。

そして、会員になるためには、ある条件があります。

それは、ゴルフ場の会員権を購入するということです。

これは、ゴルフ場の株を購入することになりますので、個人で売買することも可能ですが、名義変更など正式な手続きが必要になってきます。

詳しくは、ゴルフ場会員権を取り扱っているその地域の取引所に相談してみると丁寧に説明してくれます。

 

ゴルフ会員権の一般的な相場

その地域によって、ゴルフ場の会員権は値段が大きく違います。

当然地方のゴルフ場よりは都心部のゴルフ場の方が高価です。

また、同じ地域でも、ゴルフ場自体の価値に違いがありますので、値段にばらつきがあります。

ここでいうゴルフ場の価値とは、コースの設計や手入れの程度、また地域からの信頼やブランド的な意味合いを言います。

一般的に、男子プロや女子プロが、スポンサーをつけて試合を行っているようなゴルフ場は非常に高価です。

 

ゴルフ会員になる条件

ゴルフ場によって、多少条件に違いがあります。

しかし、ほとんどのゴルフ場では次の2点が主な条件です。

まずは、会員権を購入するための資金があること。

バブル時は、時価数千万円するようなゴルフ場も珍しくありませんでしたが、今では地方のゴルフ場ではまずそんな高価なところはありません。

一般的に30~200万程度で考えていただいて結構です。

そして、もう一つの条件が、ゴルフ場会員の推薦や紹介が必要であるということ。

これは必ずしも必要ではありませんが、メンバーの知り合いが多いようなゴルフ場ですと、スムーズに購入手続きができます。

そして、住民表や印鑑証明が必要になってきます。

 

ゴルフ会員権を購入するメリット

 

料金の違い

メンバーですと、プレー料金が割安になります。

これはゴルフ場によって違いがありますが、一般的に2割程度安くなると考えていただけたら問題ないかと思います。

また、平日や土日など曜日に関係なく同じ料金でプレーできるゴルフ場もあります。

ゴルフ場の会員権自体の価値は変動しますが、よほど経営難でつぶれない限りその価値はある程度残りますので、短期的に所持することでも、その恩恵はすぐに受けることができます。

 

オフィシャルハンディがもらえる

ゴルフ場の会員になると、毎月月例会と言われる競技があります。

この月例会でのスコアを数回こなすと、オフィシャルハンディと言われるものを与えられます。

このハンディが1桁の人が、シングルゴルファーです。

スコアというのはその日1日の結果でしかありませんが、平均値というものが真の実力を証明する際には信憑性が高くなります。

その平均値こそが、オフィシャルハンディになります。

 

人脈が広がる

たまに職場の人と、友達と、家族でゴルフされる方がほとんどではないでしょうか?

しかし、ある程度上達してくると、全くの他人に興味が湧いてきます。

例えば、ゴルフ場で「あの人は上手そうだなー」と思うような人がどんなプレーをするか気になったことはありませんか?

ゴルフの会員になることで、全く知らない人とラウンドする機会が、上記でも説明した月例会や研修会と言われる競技です。

上級者と一緒にラウンドしたり、様々な職種の人たちとラウンドすることで、人間性も養ってくれます。

 

若い人ほど元が取れる

一般的に、会員と言えば年配の方をイメージしがちです。

しかし、長い目で考えると、今後ゴルフのプレー回数が多いのは年齢が若い人になってきます。

例えば、年間20ラウンドする60歳と年間10ラウンドする30歳。

共に80歳までゴルフを続けたと想定すると、合計ラウンド数は前者が400ラウンド、後者が500ラウンドということになります。

ビジターよりもメンバーの方が安くプレーできるため、どうせなら早いうちに会員権を購入した方が結果的には恩恵が大きいです。

 

売却すれば利益が出るかも!?

現在少子高齢化や景気の低迷により、ゴルフは氷河期と言われています。

そのため、ゴルフ場の会員権は、今以上大きく下がることは考えにくいです。

つまり、会員権を売却すればある程度のお金は戻ってきますし、場合によっては多少の利益が出るかもしれません。

昔ほど敷居の高い買い物ではなくなってきているため、購入するなら今が買い時かもしれません。

 

ゴルフ会員権を購入した場合のデメリット

 

価値の低下やゴルフ場の倒産

現在、日本国内においてゴルフ場は減少の一途を辿っています。

ゴルフ場が倒産してしまえば、当然会員権はただの紙切れと化し、その価値はなくなります。

今後のゴルフ市場がどのようになっていくのかはあまり見通しが明確ではありません。

 

様々なゴルフ場に行かなくなる

上記でも説明しましたが、当然プレー料金が安いゴルフ場を選択しがちです。

そのため、自分が会員のゴルフ場ばかりに通い詰めてしまい、それ以外のゴルフ場にあまり出向かなくなる傾向があります。

様々なゴルフ場でプレーする方にとっては、会員権を取得することで、かえってゴルフの楽しみを半減させてしまう可能性もあります。

 

そもそも、ゴルフ場のプレー料金が割安傾向?

現在、スマホのアプリ等もあり、価格競争が非常に激しい世の中です。

また、曜日によって金額に差を設け、ゴルフを親しみやすく良心的な値段設定にしているゴルフ場は多いです。

また、定期的に割引券や、ポイントカードを設けているゴルフ場もあるため、安い日を狙って様々なゴルフ場を転々とするのも楽しみの1つかもしれません。

 

まとめ

ゴルフ会員権を購入するメリット、デメリットを簡単に説明してみました。

しかし、結局は「あなたのプレースタイルに合わせること」が最も大切です。

競技志向が強いゴルファーであれば、会員権を取得することで多くの恩恵を受けられますし、あくまでも楽しく、のびのびをゴルフを楽しみたいのであれば、ビジターでも存分に楽しむことができます。

一度、自分が住まれている地域の会員権の値段を調べてみてはいかがでしょう?

比較的安価で、あなたのゴルフライフをより満足させてくれるかもしれません。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です