時間がない子育てパパでもゴルフが上手くなる方法

スポンサーリンク

「ゴルフが上手くなりたいけど、子育てと仕事でゴルフの練習をする時間がない・・・」

このような悩みを持っている子育てゴルファーは多いのではないでしょうか?

ゴルフが上達するためには、当然ですが練習・ラウンド経験が大事です。

でも仕事も家庭も忙しい子育てパパにとってはゴルフの練習やラウンドに行っている時間がありません。

また、育児をしているママを置いて休日にゴルフに行くのにも、何となく気を遣いますよね。

しかし、上手く工夫することで、子育てパパゴルファーも少しずつゴルフの腕を上げることが可能です。

理想は、家庭も仕事もゴルフライフも充実させることです。

少しでもその理想に近づくために、今回は子育てパパゴルファーのゴルフ上達方法について解説します。

スポンサーリンク

子育てとゴルフを両立する方法

子供と一緒にゴルフ練習場に行く

休日練習場に行きたくても子供と遊ばなければならないので、行きにくいし、少ない小遣いを練習場にとられたくないという人も少なくないのではないかと思います。

ボクもそうでしたが、子供が小さいとできるだけ子供と遊んであげたいという気持も出てきますし、子供を妻に任せて自分だけ練習場に行くのは気が引けますからね。

そんな時は、子供を巻き込んで、子供と一緒にゴルフ練習場に行くという方法があります。

今は子供用のクラブもありますし、子供と一緒に遊びながら自分もゴルフを上達できれば一石二鳥ですよね。

もしかしたら、練習場の料金を奥さんに出してもらえるかもしれませんし、子供に才能があれば将来一緒にゴルフをすることもできますし、もしかしたらプロゴルファーになるかもしれません。

多くのきっかけを与えることは、親の義務でもありますし、子育てパパにとって堂々とゴルフに行くための唯一の方法かもしれませんね。

 

練習場だけがゴルフの練習ではない

子育てパパゴルファーにとって練習場に行くことはやっぱりハードルが高いです。

ゴルフの練習と言えば練習場を思い浮かべる人が多いかと思いますが、ゴルフの練習は練習場に行かなくてもできます。

家に小さなスペースがあれば、簡易的な打ちっ放し場を作ることも可能ですし、素振りは最も効果的な練習方法であると言われています。

また、パターマットなどを購入すれば家でパターの練習をすることができます。

パターの練習というのは意外とやっていそうでやっている人が少なく、パターの練習を熱心にやることで周りと差をつけることができます。

シングルゴルファーの中には、素振りとパターマットでの練習だけで、シングルゴルファーになった人もいるくらいです!!!

 

日常生活にゴルフの練習を取り入れる

サラリーマンが傘で素振りをする姿は良く見る光景かもしれませんが、実は結構大事です。

ゴルフはひらめきが大事。

日常生活からゴルフのことを考え、ちょっとした時間でスイングを考えることでゴルフを上達させることができます。

日常生活のちょっとした時間の中で自分のスイングを見直し、修正点を明確にすることで効率的にゴルフが上手くなるはずです。

身体の動きをイメージするためのスペースや、クラブの動きをイメージできる道具など、場所や物があればいつでもどこでもゴルフのイメージを掴むことはできます。

駅で傘などを使って素振りをするのは大変危険ですので、おやめくださいね。

また、通勤電車では、頭の中でラウンドナイスショットをイメージするのもいいスコアを出すにはとても効果的です。

いつものコースを1番ホールからラウンドしていきます。

ナイスショットやナイスアプローチなど、いいイメージを繰り返すことで、いいイメージでラウンドに臨めようになってきます。

スポンサーリンク

まとめ

仕事も育児も忙しいパパゴルファー。

仕事も育児もゴルフも上達するためには、努力と工夫が必要です。

今回紹介した方法は、

  • 練習場に子供を連れていく
  • 練習場に行かなくても自宅でできる練習がある
  • 日常生活のちょっとした時間を有効に利用する

ということでした。

仕事や育児が忙しいからとあきらめずに、工夫をしてゴルフを上達させることができれば、おそらく仕事も育児も上手くいくのではないでしょうか。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です