ゴルフ練習をする時の靴はゴルフシューズがいいのか徹底考察!

スポンサーリンク

 

ゴルフの練習で履く靴とは?

ゴルフ練習場で、ゴルフラウンドの際に使用するようなスパイクがついた、ソフトスパイクのゴルフシューズを履いて練習している人をよく見かけます。

ゴルフラウンドの際には、ゴルフシューズの底に付けられたプラスチック製の滑り止めがついた、このソフトスパイクのゴルフシューズの法が滑らないため重宝します。

しかし、ゴルフ練習場ではちょっと勝手が変わってきます。

 

ゴルフコースでは芝の上に立つため、スパイクが付いたゴルフシューズは少し沈みます。

ゴルフボールは芝の上に乗っているので、足の裏はゴルフボールとかなり近い高さ関係になります。

ゴルフ練習場の場合は人工芝のマットの上に立ちます。

硬い人工芝のマットではスパイクの付いたゴルフシューズは沈まないため、ゴルフボールの位置より少し高い位置に足の裏がきてしまいます。

このように、ゴルフ練習場でスパイクの付いたゴルフシューズを履いて練習すると、ゴルフラウンドの時とは違った、ゴルフボールと足の裏の高さ位置になってしまいます。

結果的にゴルフラウンドではダフリ(クラブヘッドがゴルフボールの手前に入ってしまうミス)が出やすい、ゴルフ練習場ではトップ(クラブヘッドがゴルフボールの上部を打ってしまうミス)が出やすいといったミスが多発します。

 

ゴルフ練習には最適な靴とは?

 

スニーカー

普段履いているスニーカーでゴルフ練習をすれば、靴を持参する必要がなく楽になります。

レンタルシューズは衛生面が気になる人にもメリットです。

先ほどのスパイクの付いたゴルフシューズで発生してしまうゴルフボールと足裏の高さ位置関係も、スパイクの付いていないスニーカーであればゴルフランドの際に近い状態になります。

そういう意味では、ゴルフ練習場ではスパイクの付いたゴルフシューズで練習するよりは、スニーカーのほうが実際のゴルフラウンドと同じ条件で練習できます。

ただ、気を付けてほしいのはスニーカーでは滑ってしまう恐れがある点です。

特に雨が降っている冷雨上がりの時などは、いくら屋根があるとはいえ足元は濡れているため人工芝のマットも水分を含んだ状態となっています。

雨の時はスニーカーでのゴルフ練習は避けたほうが無難です。

 

革靴・パンプス

当たり前ですが、革靴やパンプスのままゴルフ練習をするのは禁止です。

まず滑りやすいためとても危険ですし、さらにヒールが付いたパンプスは練習用のマットを傷めてしまいます。

 

裸足

革靴やパンプスは危険だから、思い切って裸足になってみるという発想もありますし、「裸足で打つ練習法」やその効果も立証されています。

それは正しい体重移動が出来ているのかを足の裏と10本の指でしっかりと確認することが出来る点です。

実際にショットを打つ、ゴルフクラブを振り回す、こういった行為は危ないので、クラブがあるつもりでゴルフスイングを裸足で行ってみる練習は効果的です。

 

スパイクレスシューズ

ゴルフ練習場で履くべきおすすめは、スパイクレスのゴルフシューズです。

靴の裏側には滑り止めとして凸凹した滑り止めが付いています。素材はゴルフのグリップのような素材です。

スパイクレスシューズであれば、雨が降っても滑らないので安全です。

ゴルフボールと足裏の高さ関係もラウンド時とかなり近い状態となるので、効果的なゴルフ練習が出来ます。

スパイクレスシューズはゴルフラウンドでも使用することはできます。

ただ、ゴルフ場には傾斜が多く、芝や落ち葉ですべりやすくなるため、しっかりとしたスパイクの付いたゴルフシューズの方が安全です。

ベテランゴルファーの人は、ゴルフ場ではスパイクの付いたゴルフシューズ、ゴルフ練習場ではスパイクレスなゴルフシューズと、上手に使い分けをしています。

 

まとめ

以上「ゴルフの練習で最適な靴」をご紹介しました。

ゴルフの練習は、ラウンドと同じ靴の「スパイクのついたシューズ」は避けて、スパイクレスシューズやスニーカーを履いて行う練習が良いようです。

たまには、靴を履かずに、裸足で行う練習もおススメです。(クラブの落下などには注意してください。)

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です