【あなたに合ったシャフトを選ぼう!!】正しいキックポイントを知るたった1つの方法とは!?

スポンサーリンク

あなたのシャフトは自分のスウィングに合っていますか?

あなたのシャフトのキックポイントは自分のスウィングに合っていますか?

「シャフト」や「キックポイント」があたなのスウィングに合っていれば、それだけで飛距離アップや方向性アップが実現して、ゴルフそのものが変わります!

でも世の中には、たくさんのメーカーから、たくさんの種類のシャフトが発売されています。

いったいどれが自分に合うシャフトなのか?

どのシャフトを選べばいいのか?

そもそもキックポイントってなに?

シャフトについて詳しく知らないというゴルファーは多いのではないでしょうか。

カタログなどでは、それぞれのメーカーが自社のシャフトの優秀性をアピールしていて、どれもこれもよさそうです。

そうしたメーカーの謳い文句につられて購入したものの、結果は自分にあっていないシャフトやキックポイントが原因で調子を崩してしまってはとてももったない…。

ということで、今回はそんな悩めるゴルファーのために、「正しいシャフトの選び方」、「キックポイントの選び方」を説明する動画をご紹介します。

「シャフトやキックポイントなんて、なんでもいいよ。」なんて言っているあなた!!

ゴルフ道具に無頓着ではゴルフは上達できませんよ。

スポンサーリンク

純正シャフトとカスタムシャフト

シャフトのキックポイントをご説明する前に、シャフトの基本をお話しいたします。

あなたは、「純正シャフト」と「カスタムシャフト」の違いをご存じですか?

市販のドライバーに標準装備されているのが「純正シャフト」と言われるものです。

純正シャフトのキックポイントは一般的に「中調子」のものが多くなっています。

幅広いゴルファーにフィットするのが「中調子」だからです。

すべてにおいて平均点を狙ったシャフトが純正シャフトです。

 

一方、カスタムシャフトは「先調子」や「元調子」のキックポイントを持つものや硬さや重さ等さまざまなバリエーションがあります。

その多くの種類の中から、自分に合った1本を探すのが至難の業なのです。

あれこれ試してみても何が合っているのかさっぱりわからない!

こんな悩めるゴルファーのために、今回は自分に合ったカスタムシャフトの選び方を紹介します。

クラブフィッターたけちゃんによる、自分にあったカスタムシャフトを見つける方法の動画です。

スポンサーリンク

あなたに合ったキックポイントとは?

シャフトの特徴をわかりやすく説明してくれる動画です。

こちらのたけちゃんの動画を是非ご覧下さい。

 

動画の中でたけちゃんは様々なバリエーションを取りそろえるMamiyaのATTASシャフトで、正しいシャフトの選び方を語ってくれます。

キックポイントとは、シャフトの最も柔らかい部分を示します。

まずは、正しいキックポイントを知ることが大切になります。

シャフトのキックポイントは、次の4つに分類されます。

  1. 先調子…先端側が柔らかい
  2. 元調子…手元側が柔らかい
  3. 中調子…真ん中付近が柔らかい
  4. ダブルキック…先端と手元側の両方にしなるポイントがある

また、メーカーのカタログ表記は、売りやすい「中調子」と書きたがるので、実際は「先調子」でも「中調子」を表記されていることがあります。

正しいシャフトを選ぶためには本当の調子を知ることが重要です。

そのためには実際に打ってみることが必要になります。

スポンサーリンク

シャフトのキックポイントの特徴

 

先調子のシャフト

動画内でたけちゃんは、先調子のシャフトの特徴として次の5つをあげています。

  1. ハイドローが打ちやすい
  2. ヘッドスピードが上がる
  3. 高弾道
  4. スピン量が多い
  5. 引っ掛けやすい

先端が柔らかい先調子のシャフトは、ヘッドスピードは上がるので飛距離は出やすいのですが、引っ掛けのミスが出やすい特徴があります。

 

元調子のシャフト

元調子のシャフトの特徴としてあげられるのは、次の5つになります。

  1. 分厚いインパクト
  2. ヘッドスピードが出にくい
  3. 当たり負けしにくい
  4. スピン量が抑えられる
  5. 引っ掛けにくい

元調子のシャフトはヘッドスピードはがでにくいので、飛距離は先調子のシャフトに劣りますが、分厚い感触のインパクトを生み安定した球が打てるのが特徴となります。

 

中調子のシャフト

中調子のシャフトの特徴は次の3つです。

  1. 先・元調子の中間
  2. スウィングに癖のない方に合う
  3. 特徴が出にくい

シャフトの真ん中が柔らかい中調子は、特徴も中間的なものになりますので、万人向けのシャフトを言えるでしょう。

純正シャフトと呼ばれるものは、おおむね、この中調子のシャフトになります。

 

また、先端と手元側の両方にしなりポイントのあるダブルキックと呼ばれるシャフトの特徴としては中調子のシャフトに近いものになります。

自分に合えばタメをつくりやすく振りやすいですが、合わないとシャフトが暴れて安定した球を打つことができません。

スポンサーリンク

理想のシャフトを選ぶ方法!?

自分にあった理想のシャフト…。欲しいですねぇ。

ここまでシャフトの種類と特徴をお伝えしてきましたが、その理屈だけでは理想の1本は決められません。

決めるためには実際に打ってみることが絶対に必要です。

あなたに合うシャフトと合わないシャフトは、打ってみると一目瞭然です。

ゴルフ歴が浅く、打っても違いがよくわからないというあなたは、計測器のあるゴルフショップで、ヘッドスピードやスピン量、弾道、飛距離などを見ることでその違いがよくお分かり頂けると思います。

やはり理想のシャフトは、クラブフィッティングをしなければぴったりのシャフトは見つかりません。

クラブフィッティングで実際に打つ際には、

  • シャフトごとの手元の硬さの違いを感じて、試打した時の切り返しのしなり具合で自分に合う手元の硬さを決めていく。
  • インパクト時のシャフトのしなり具合を感じて、自分のフィーリングに合うものを見つける。

といったことを意識してシャフト選びをすればいいと思います。

あとは信頼できる工房を探して、フィッティングしてみましょう。

理想のシャフトが見つかれば、今まで味わったことのないドライバーショットが手に入るかもしれませんよ。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です