パット数激減!パターの芯で打つためのドリル

 

「同じ強さで打っているのに、オーバーしたりショートしたりして距離感が合わない・・」

このような悩みを持っている人はいませんか?

パットイズマネーと言われているように、パッティングは、ゴルフのスコアを良くするためには、最も重要な要素です。

パッティングで注意することは、リズム、ストローク、ボールの位置など・・山のようにあります。

パターの上達は、中々大変ですよね・・

 

パターが不得意な人がまずやって欲しいのが、「パターの芯でボールを捉える練習」です。

実際に打ってみるとわかると思いますが、同じストローク、同じスイングスピードでボールを打っても、パターの芯でボールを捉えている時と、パターの芯を外して打った時ではボールの転がる距離が違います。

これでは、ストロークの振り幅で距離を合わせることはできませんよね?

ですから、ストロークやリズムの練習をする前にパターの芯でボールを捉えることができるようにならなくてはいけません。

最優先するべき練習が、パターの芯で打つという練習なのです。

 

プロゴルファーは、パターで気をつけなければならないことは、無意識にできるように練習するそうです。

地味な練習ですが、パターが上手くなるためには無意識にパターの芯で打つことができるようにならなければならないのです。

パターの芯でボールを捉えることができるようになれば、

  • 振り幅で距離感を調整できるのでタッチが合ってくる
  • 大ショートや大オーバーがなくなる

などのメリットがあり、ゴルフのスコアが良くなるはずです!

今回は、パターの芯で打つためのドリルを紹介します。

 

パターの芯とは?

パターの芯で打たなければならないというと、パターの左右の位置を気にする人が多いと思います。

パターの芯で打つとは、ボールの真ん中をパターのフェイスの真ん中でヒットすることです。

ですから、パターのインパクトはパターのソールが少し浮いた状態でヒットすることになります。

ソールが地面に接地している状態でインパクトでは、パターの芯で打てません。

インパクトでは、パターは地面から少し浮いた状態にあるということを意識しましょう。

 

ショットマークを使った練習なら自宅でできる

ショットマークとは、クラブフェイスに貼るシールで、ボールをヒットするとボールの跡がそのシールにくっきりと出ます。

ショットマークをクラブフェイスに貼ることで、ボールを芯で捉えているか否かが確認できます。

 

このシールについているボールの跡を確認することで、

しっかりと芯でボールを打てているか

芯で打てていないとしたら、どのようなズレがあるのか

ということを確認することができます。

芯に当たっていないなら、どのように打てば芯に当たるのかを研究し、練習しましょう。

このほかにも、「パターの芯で打つための打点を安定させる方法」をこちらにまとめていますので、あわせてご覧下さい。

パターは打点位置で大きく変わる!正確なインパクトを身につけるための3つの方法

2017年4月9日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

漠然と、自分はパターが苦手だな・・

と思っている人は、まずはしっかりとパット数を記録しましょう。

ハーフでパット数が20以上なら、他のショットの練習よりもパターの練習をした方が良いです。

意外かもしれませんが、パターは結構技術的な面が多く、更に感覚的な面もありますから練習が必要なのです。

まあ、パターの練習をしようと思えば、いろいろとやるべきことはありますが、大前提として「パターのフェイスでしっかりと、芯で当てることができる」ということができなければ他の練習をしても上手くいかないはずです。

常に芯に当てることができるから、振り幅で距離を調整できるのです。

あなたがもし、パターで芯に当てることができていないのなら、まず芯に当てる練習をすべきです。

パターが芯に当たるようになれば、劇的にスコアが良くなるはずです。

 

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)