スライスが直る!スイング以外の3つのチェックポイント

 

「どうすればスライスが直るかわからない…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

アマチュアゴルファーが最初に悩むミスがスライスです。

もちろん、私にも経験がありますが、一度でもスライスしだすと、もう何を意識しても、打ったボールはスライスしてしまいますよね?

スライスは、球が捕まっていないので飛距離も出ません。

逆にスライスが改善できれば、方向性も安定しますし、飛距離もアップするので大きなメリットがあります。

スライスを改善することは、ゴルフのスコアを上達させるための第一歩と言っても過言ではありません。

スライスを改善するためには、スイングの改善などの努力が必要ですが、「スイング以外の部分でも多くのチェックポイント」があります。

今回は、スライスを改善したい人が、最初にやるべきことを紹介したいと思います。

 

スライスする原因はたくさんある

当然ですが、スライスには、原因があります。

スライスする原因は様々であり、スライスには種類があります。

 

右に出て右に曲がるプッシュスライス

ボールが右に出て右に曲がるスライスは、危険な球筋です。

OBになる確率が高いからです。

プッシュスライスになる原因は…、

  • 振り遅れ
  • フェイスターンのし過ぎ
  • 極端なインサイドアウト軌道

などがあります。

 

左に出て右に曲がるカットスライス

左に出て右に曲がるカットスライスは、その名の通り、ボールを外からカットするように打つことで出ます。

カットスライスは、とにかくコスリ球になるので飛距離を大きくロスしてしまいます。

左に出て右に曲がるスライスの主な原因は、「極端なアウトサイドイン軌道」です。

他にもスライスの原因は多くあり、

  • グリップが悪い
  • アドレスとボールの位置が悪い

というスイング以外の部分が原因となっているケースもあります。

 

スイングを改善する前にやることがある

スライスするからスイングを変えようとすることが悪いことであるとは言えませんが、スイングを改善するのには、多くの時間と労力が必要です。

また、スイング以外の要素が原因でスライスしているという場合もあります。

例えば、ボールの位置やグリップの握り方、アドレスなどです。

ですから、スライスが直らない場合には、慌ててスイングを変えるのではなく、スイング以外の部分をチェックしてみましょう!

 

アドレスをチェックする

ミスショットの原因の9割はアドレスであると言われています。

スイング以外の部分とは、アドレス(グリップ、ボールの位置を含む)です。

スライスしやすいアドレスになっていませんか?

スライスしやすいアドレスとは、

  • 向いている方向が意識している方向と違う
  • オープンスタンスになっている
  • 極端なウィークグリップになっている
  • ボールの位置が左過ぎる、若しくは右過ぎる

などをチェックしてみましょう!

オーバーラッピンググリップの考案者である有名なプロゴルファーのハリー・バードンは、こう言っています。

「多くの場合、方向性に難がある人はスイングよりグリップが悪い」

~ ハリー・バードン ~

スライスが直らない人は、まずはグリップの握り方を変えてみるのも良いかと思います。

ある程度大胆に極端なフックグリップで握ってみても良いかと思います!

 

方向性を確認する

右に出て、右に曲がるプッシュスライスは、実は、打ち出したボールは右に出ていない可能性があります。

どういうことかと言いますと、「アドレスの向きが最初から右を向いているということ」です。

90%のアマチュアゴルファーは右を向いていると言われるくらいですから、あなたが右を向いている可能性はかなり高いです。

スライスを直したければ、スイングをいじくる前に、アドレスでのスタンスを確認してみましょう。

方向性と飛距離を手に入れるアドレスのスタンスのポイント」はこちらで詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

方向性と飛距離を手に入れる!ゴルフアドレスのスタンス3つのポイント

2017年1月15日

 

ボールの位置を確認する

アドレスにおけるボールの位置も、スライスの原因の1つです。

ボールの位置を変えるだけでスライスがピタッと直ってしまうこともあるくらいですので、ボールの位置はなんとなくではなく、細心の注意を払いましょう。

スライスが出やすいティーショットについてのボールの位置など、「ドライバーショットのアドレス5つのポイント」はこちらでご紹介していますので、あわせてご覧ください。

あなたの疑問がすべて解決!ドライバーのアドレスの仕方5つのポイント

2017年2月26日

 

まとめ

今回は、スライスが出る原因は、スイング以外の部分(アドレス)にあることが多いという話でしたがいかがでしたでしょうか?

アドレスとは、グリップの握り方、ボールの位置、スタンスの方向などです。

中でもグリップの握り方は、球筋に大きな影響を与えます。

極端なウィークグリップになっていませんか?

スライスが出て直らないという人は、アドレス(グリップ、スタンス、ボールの位置)を見直してみて下さい!

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)