飛距離アップをしたければまずはこれを試してください!

スポンサーリンク

 

「何とか、飛距離アップをしたい!」

このような願望は、ゴルファーなら一度は思った事があるのではないでしょうか?

飛距離アップをするためには、いくつか方法がありますが、「上半身をしっかりと回す」というのもひとつの方法です。

飛距離アップをするためには、ヘッドスピードを上げるのが、一番の近道です。

そして、ヘッドスピードを上げる方法に、上半身と下半身の捻転差を上げることです。

捻転差とは、バックスイング時の腰のラインに対して上半身がどれだけ回転しているかということです。

捻転差が大きいほど、パワーが生まれますし、体で打つことで手打ちの防止効果もあります。

単純に捻転差を大きくするためには、上半身をしっかりと回すことが重要です。

上半身をしっかりと回すことができれば、捻転差が生まれヘッドスピードが上がります。

結果的に飛距離アップにつながるわけです。

上半身をしっかりと回すことは、簡単なようで中々難しいです。

実は、自分ではできていると思っていても、正しい捻転ができていないというゴルファーは少なくありません。

私も、ゴルフを始めたころは、「肩が全く回っていない手打ちになっている」とよく言われたものです。

当然、飛距離も出ませんでした。

上半身をしっかりと回すことができれば、飛距離アップにつながるのでパーオンする確率が増え、スコアアップにつながるはずです!

今回は、飛距離アップを図るために、上半身をしっかりと回すコツを紹介します。

 

背中がターゲットを向くくらい肩を回すのが正解

「どのくらい肩を回せばいいの?」と疑問に思う人もいると思います。

実は、ほとんどのアマチュアゴルファーは肩がしっかり回っていません。

プロゴルファーのスイングをスローで見るとわかると思いますが、ほとんどのプロゴルファーは、トップの位置で背中がターゲット方向を向いています。

多くのアマチュアゴルファーの場合、「ボールに当てたい!」という思いが強すぎて、腕だけ回して、身体(上半身)の回転が明らかに不足しているのです。

でも、結果的には上半身の捻転不足は手打ちの原因となり、ボールに当たりにくくなるというのが現状です。

結果的に肩をしっかりと回した方が、飛距離も方向性もアップします。

 

「力み」が肩の回転を妨げる

上半身に力みが入ると、肩が回転しにくくなります。

スタートホールで緊張して、肩が回転せず打ち急ぎのミスが出るのは、上半身が緊張して肩が回っていないからです。

上半身をリラックスさせることで肩が回転しやすくなります。

上半身をリラックスさせるための方法のひとつとして、上半身ではなく下半身に意識を向けるという方法があります。

アドレス時に、しっかりと両足を踏みしめることで上半身がリラックスしやすくなります。

 

下半身はできるだけ耐える

ただ、上半身の捻転を意識する時に、「左肩を回すこと」だけに意識すると、今度はスウェーにつながることが多いですから危険です。

ですので、捻転差が生まれるためには、肩を回すことと同時に下半身を動かさないことが重要です。

よく見るのが、肩を回すと同時に下半身も同じ方向へ動いてしまっている人です。(まさに、スウェーですね)

これでは、いくら肩が回っても捻転差は生じません。

捻転差が生まれるためには、下半身を耐えることが重要です。

下半身を固定するためには、右ひざが重要です。

テイクバック時に右ひざの角度や向きが変わらないように意識することでスウェーを防止することができます。

また、スウェーしやすい人は、「肩を回す」というよりも「右肩を後ろに引く」というイメージの方が、スウェーをせず肩を回転させることができます。

 

効果的な飛距離アップのための捻転ドリル

腕だけ回して、身体(肩)がしっかりまわっていない人のための最高のドリルがあります。

手順は次のとおり

  1. 両手を胸の前でクロスし、肩にあてがいます。(右手は左肩、左手は右肩にあてがいます)
  2. その状態でアドレスをとり、スイング動作を行います。

普段、腕だけでスイングしている人は、肩が90度しっかりまわっていないことに気づくと思います。

しっかりアゴの下に左肩が入るくらいまで、回すことを意識してください。

しっかり捻転できたその状態で、腕を伸ばしたところがトップでいいのです。

肩がしっかりまわっていれば、意識的に、腕をそれ以上高く上げる必要はありません。

 

これらの動きやドリルを実践するためには、その前提として、「柔軟な股関節」が必要となります。

股関節ストレッチも合わせて日々のトレーニングに取り入れれば、飛距離アップは間違いなしでしょう!

簡単にできる股関節ストレッチはこちらでご紹介していますので、あわせてご覧ください!

ゴルフスコアが10打縮まる!股関節のストレッチ方法とは?

2018年1月27日

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飛距離アップをするためには、上半身を回すと同時に下半身を固定することが重要です。

このような動きをすることで、捻転差が生まれ、パワーの源となるのです。

ゴルフは、いくつになっても飛距離アップすることが可能です。

飛距離アップを目指している人は、上半身をしっかりと回すことを意識してみてください!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です