オーバースイングを直す超簡単な3つの方法

 

アマチュアゴルファーの前に最初に立ちはだかる壁はスライスですよね。

「ラウンドすると、急にスライスが出て最後まで直らない・・」

このような悩みを持っている人はいませんか?

 

スライスが直らない人は、オーバースイングになっている可能性が高いです。

特に、トップで視界にクラブヘッドが入ってくるという人は、ほぼ間違いなくオーバースイングになっていると思われます。

意外と自分では気づかないのがオーバースイングです。

多くのアマチュアゴルファーは、自分ではかなりコンパクトなスイングで打っているつもりでも、自分のスイングを動画で撮影し確認すると、「かなりのオーバースイング」であることに気づくはずです。

オーバースイングが直ると、かなりショットが安定してきます!

もちろん、スライスも克服できます!

今回は、簡単にオーバースイングを改善する方法を紹介します。

 

オーバースイングはプッシュスライスが出やすい

オーバースイングのデメリットとしては、振り遅れが生じやすいということですね。

振り遅れとは、クラブヘッドがアドレスの位置に戻る前にボールに当たってしまうことです。

オーバースイングは、トップでクラブが必要以上に上がってしまうため、クラブヘッドをアドレスの状態(ボールに対して正面を向いている状態)に戻すことが難しくなります。

つまり、フェイスが開いた状態でインパクトを迎えることが多くなるわけですね。

これがスライスの原因になります。

また、ボールが右方向へ飛び出すプッシュアウトの原因にもなります。

更に、オーバースイングだと、スイング軌道がアウトサイドイン軌道になりやすいため、このようなスイング軌道もスライスの原因となります。

ボールが右に出て更に右に曲がるプッシュスライスが多いという人は、オーバースイングが原因かも知れませんね。

 

オーバースイングを簡単に直す方法

オーバースイングは、ある一点を意識することで直る可能性が高いです。

それは「バックスイングでの右ひざの位置」です。

 

バックスイングで右ひざが伸びるのはダメ!

例えば、バックスイングで右ひざが伸びてしまうと、上半身は、それにつられて肩や腰が回りやすくなります。

肩や腰が回るというと、ゴルフスイングにとって良い事のようなイメージがありますが、必要以上に肩や腰が回るとオーバースイングになり、ショットが不安定になるだけです。

理想的なゴルフスイングは、下半身があまり動かない状態で上半身が回れるところまで回ることで捻転差が生まれ、これがパワーになります。

右ひざが伸びるなどの下半身のオーバーアクションは、上半身のオーバーアクションを誘導するので良くありません。

 

アドレス時の右ひざの位置をキープ

アドレス時に、右ひざを少し曲げますよね。

そして、右ひざは正面を向いているはずです。

この右ひざの位置をバックスイングでキープすることで、オーバースイングが改善する可能性が高いです。

このように右ひざの位置をキープすると、ある一定のところまで肩や腰が回るとそれ以上に回らなくなります。

この位置が、正しいトップなのです。

右ひざの位置が自由だと肩や腰がどこまでも回ってしまいますから、そのような状態でオーバースイングを直すのは難しいです。

右ひざの位置さえ変えなければ、回せるところまで肩や腰を回したところが正しいトップの位置になるため、オーバースイングを改善しやすいのです。

 

オーバースイングを直す練習法

カラダに柔軟性がある人は、右ひざが動いていなくても、オーバースイングになってしまう人もいます。

特に、女性はその傾向が強いようです。

そんな人に共通するのが「トップは深いほど飛距離が出る」という間違った認識です。

トップにおいて、肩がしっかりまわっていれば、手の位置は低くても問題ありません。むしろそれが正しいトップです。

にもかかわらず、多くのアマチュアゴルファーは、肩が十分に回った後に、さらに手をあげようとする・・・。

これでは、いつまでたってもオーバースイングは直りません。

 

そんなあなたには「ハーフスイング」がおススメです。

もともとハーフスイングは、「スイングの核」となる部分(腕を時計の針に例えると「3時から9時までのスイング」)を習得するための練習方法です。

この練習をしっかり行った後に、トップの位置(3時の位置)は変えない意識で、フォロースイングはフィニッシュまでしっかり振り切る!

実際には、3時の位置よりも高く上がりますが、これくらいの意識を持つことで、スイングがコンパクトになります。

これがフルスイングであり、そのスイングで飛んだ飛距離があなたの飛距離ということです。

ハーフスイングの練習方法は、こちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

これだけで絶対100切りできる!ゴルフのハーフスイング練習法

2017年1月25日

 

まとめ

オーバースイングを直すために一番簡単な方法は、「バックスイングで右ひざの位置をキープする」ことです。

その状態で回れるところまで肩や腰を回せば、それがトップになります。

そして、右ひざに注意しても、オーバースイングになってしまうあなたは、「ハーフスイングの練習」を取り入れましょう

どちらも、始めのうちは「物足りなさ」を感じるかもしれませんが、インパクトが安定し、オーバースイングは改善するはずです。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)