アプローチのダフりを簡単に直す方法

 

「せっかく、グリーン周りまできたのに、またザックリ…」

短い距離のアプローチで起こりうるミスとして多いのがトップとザックリですよね?

グリーン周りでのザックリに悩まされている人は多いかと思います。

私も昔は良くザックリに悩まされていました。

ザックリした後にまたザックリ・・などということもありましたね・・

「アプローチのザックリを直すための方法がわからない・・」

このような悩みを持っている人はいませんか?

ザックリをする原因はいくつかありますが、「インパクトで緩むこと」がザックリの原因であることが多いですね。

 

ザックリを直すことで、

  • 短い距離のアプローチが得意になり、寄せワンが増える
  • ザックリへの恐怖心がなくなり、自信を持ってアプローチが打てる

などのメリットがありスコアアップにつながります。

今回は、アプローチのザックリの原因である「インパクトの緩み」を直す方法を紹介します。

 

 

アプローチのダフリの原因はインパクトの緩み

アプローチのダフリ(ザックリ)の原因は、「インパクトで緩みが出ること」です。

インパクトで緩みが出ると、スイング軌道にズレが生じ、安定したインパクトができなくなります。

よくあるパターンとしてあるのが、バックスイングで(少し大きく上げすぎたかも…)と思うことで、インパクト時に手先でスイングを調整してしまうパターンですね。

これは、まあ、心理的に仕方がないことなのですが…。

 

このような緩みを直すためには、振り幅が大きすぎないようにすることが重要です。

アプローチが難しいと言われる理由は、フルショットでないからです。

アプローチで距離を調整するためには、振り幅で調整する必要があります。

ここまで上げると30ヤード、ここまでなら10ヤードというように、振り幅で距離を調整することが多いと思います。

残り距離が10ヤードなのに、勢いで30ヤードの振り幅までバックスイングを上げてしまうと、この振り幅のミスを手だけで調整しようとしてインパクトが緩むわけです。

 

アプローチでインパクトが緩まないようにするためには?

インパクトが緩まないようにするためには、「バックスイングの振り幅」が大きなポイントになります。

バックスイングの振り幅をしっかり決めることで、インパクトの緩みを防止することができるからです。

そのためには、「アプローチを打つ前の素振り」がとても重要となります。

 

ザックリすることが多い人は、このアプローチを打つ前の素振りをいい加減にしている人が多い傾向があります。

アプローチでザックリしないためのポイントは、本番のアプローチショットを打つ前の素振りにあります。

振り幅の調整は、短い距離ほど難しいです。

通常のフルショットの時に素振りを1回する人なら、短い距離のアプローチでは素振りを2回、3回と行ってからアドレスに入るというルーティーンにすると良いですね。

 

アプローチショット前の素振りのポイントは?

アプローチショットの前にする素振りは、次の点に注意して行いましょう。

 

  • 本番と同じようにアドレスをとる
  • 本番と同じ振り幅で素振りをする
  • 本番と同じリズムで素振りをする

 

簡単に言えば、いい加減に素振りをしないということですね。

特に振り幅は重要ですね。

アプローチショットを打つ前にしっかりと「打ちたい距離の振り幅」で素振りをしましょう。

ここで重要なことは、「打ちたい距離の振り幅は考えるものではない」ということ!

あくまで、「距離感」の「感」は、感覚です。フィーリングです。

この感覚(フィーリング)を「振り幅」に活かすのに最高の方法があります。

それは…、

ボールの落としどころだけを見ながら、素振りをするということ!

石川遼選手もこう言っています。

アプローチショットの基本はピンを見ないこと

多くのアマチュアゴルファーはアプローチの時にピンを見て打っています。

これではピンに寄りません。

アプローチショットの基本はピンを見ないこと。

『ここ』に落とせば、転がってピンに近づくという「落としどころ」を見つけたら、そこだけに集中することで、素振りの振り幅も決まってきます。

 

まとめ

以上「アプローチで簡単にダフリを直す方法」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

アプローチショットを打つ前に行う素振りにザックリしないポイントがあります。

ザックリの原因であるインパクトの緩みが出ないようにするためには、「本番と同じアドレス、リズム、振り幅で素振りをする」ことが重要です。

落としどころを見つけ、本番と同じように素振りをして、素振りと同じように本番のショットを打つことができれば、インパクトは緩まないはずです。

ぜひ、お試しください!!

 

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)