【誰でもできる】アイアンをダウンブローで打つ方法

スポンサーリンク

 

アイアンショットで必要不可欠なのが「ダウンブロー」

ほとんどのアマチュアゴルファーは、この「ダウンブロー」ができていませんし、「ダウンブロー」はただ打ち込めばいいというものではありません。

 

このわかりずらい「ダウンブロー」を、誰でも、超簡単に体感でき、そして「この方法」を繰り返すことで「ダウンブロー」を習得できるようになるのです!!

 

 

ダウンブローとは

ダウンブローとは、アイアンショットのスイングにおいて、クラブヘッドが最下点に達する前、まだクラブヘッドが下降し続けている途中でボールを捉えることを言います。

 

地面にあるボールを直接打つアイアンは、他のクラブとそもそも「クラブ軌道」がまったく違います。

 

アマチュアゴルファーは、ボールを上げようとするあまり、「アイアンショットはヘッド軌道の最下点でボールを捕える」という認識を持っている人も少なくありません。

 

事実、多くのアマチュアゴルファーは、すくい打ちになってしまったり、それが原因で、ダフってしまったり…。

 

でも、正しいダウンブローで打てるようになれば、キレのある、正確なアイアンショットが打てるようになり、確実にスコアアップにつながります。

 

ここでは、アイアンの理想的な軌道を 実現するために大切になる「ダウンブロー」を簡単に体感でき、そして習得できる方法をご紹介していきます。

 

アイアンショットをダウンブローに打つ練習方法とは?

では、どんな練習をすれば、すくい打ちを解消でき、正しいダウンブローを習得できるようになるのでしょうか。

 

アマチュアゴルファーは、「ダウンブローというのはただ打ち込めばいい」と思っている人も少なくありません。

 

しかし、正しいダウンブローとは…、

  • 正しい前傾角度を維持
  • 手首のコックをキープ
  • ややハンドファーストな状態

でボールをとらえることが必要です。

 

この感覚をつかむのに役立つのが・・・、

 

「クロスハンドグリップでのボール打ち」です。

 

クロスハンドグリップとは
通常のグリップは、右打ちの人の場合、右手が下で左手が上になりますが、手の位置関係を逆にし、左手が下で右手が上となる握り方を言います。

 

この「クロスハンドグリップ」に握り方を変えるだけで、途端にボールを打つのが難しくなります!!

 

ゴルフ中級者でも、ダウンブローが正しくできていない人が、この「クロスハンドグリップ」で素振りをすると、クラブヘッドをマットに擦らすことすら難しいと感じるでしょう。

いきなりボールを打とうとすると、「空振り」するくらいのドリルです。

 

この「クロスハンドグリップでのスイング」はPGAツアーのプロゴルファーたちのティーチングコーチである「デビッド・レッドベター」が推奨するドリルだけあって、非常に理にかなった練習法です。

 

このクロスハンドグリップだと「すくい打ち」ではボールにクラブヘッドが届きません。

前傾角度が起き上がった場合にも、ボールにクラブヘッドが届かなくなります。

ダウンスイングで右ひじの使い方が正しくない場合も、ボールにクラブヘッドが届きません。

さらに、インパクトで左手が浮いたり、左ひじが引けるような動作が入る人も、ボールにヘッドが届かなくなってしまいます。

 

 

逆に言うと、この「クロスハンドグリップ」でボールをうまくとらえることができるようになると…、

  • 自然と「すくい打ち」が解消される
  • 自然と「前傾姿勢」をキープできる
  • 自然と「正しい右手の使い方」ができる
  • 自然と「正しい左手の使い方」ができる

 

その結果・・・、

打ち込もうと思わなくても、自然と「ダウンブロー」の軌道でボールをとらえることができるようになるのです。

 

アイアンが苦手だと感じているなら、ぜひ一度試してみてください。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です