【おすすめ動画レッスン】ショートパットが9割入るパットの極意とは!?

スポンサーリンク

200ヤード越えのドライバーショットも1打。1メートルのショートパットも1打。

よく言われることですが、スコアにおける重みは全く同じです。

アベレージゴルファーにとって、毎回ドライバーショットをフェアウェイに置くことは不可能ですよね。

フェアウェイキープ率を9割にすることも無理です。

しかし1メートルのショートパットを9割以上の確率で入れることはできそうな気がしませんか?

正しい方法で練習すれば不可能ではありません。

ということで、『1メートルを9割入れるパッティング方法!』そんなレッスン動画を見つけましたので、ご紹介します。

ショートパットの確率を上げることでスコアアップを実現しましょう。

スポンサーリンク

1メートルのパットは難しい

あなたは1メートルのショートパットをどれくらいの確率で入れられますか?

仲間同士のわいわい楽しいエンジョイゴルフでは「1グリップOK」などといいながら、残り1メートルくらいならOKにしたりしてませんか?

そうなのです。普通のエンジョイゴルファーはOKが緩いことも多いので、実際のコースでは1メートルのパットを打つこと自体が少なかったりします。

クラブに所属して月例に参加したことがあったり、正式な競技を経験したことのあるゴルファーならわかると思いますが、完全ホールアウトでOKがない場合、この1メートルのパットというのは結構外れるものなのです。

1mのショートパットといえど、なかなか9割の確率で入れるのは簡単ではありません。

スポンサーリンク

ショートパットの攻略方法とは

「短いパットを確実にいれる方法とは!?」

その答えを一言で言えば、「パターの芯でボールを確実にとらえる」ということです。

何はさておき、芯でボールをとらえることが大切です。

芯でとらえられないと、どうしてもボールの転がりがブレてしまいます。

このブレがショートパットを外す大きな原因となるのです。

ただ、パターの芯でボールをとらえるためにはどうすればいいのか?

これがなかなか難しいのです。

 

誰かわかりやすく教えてくれないものか?

探してみたらありました。どうすれば芯でボールを捉えられるかをわかりやすく解説したレッスン動画をみつけました。

武市悦宏プロによるゴルフレッスン動画です。

芯でとらえるコツをシンプルにわかりやすく解説してくれています。

「エっ!それだけ!」と思わず絶句するほどシンプルなコツです。

パッティングに対する考え方をシンプルにすることができ、自信を持って打てるようになりショートパットのプレッシャーと恐怖から解放されます。

ホントわかりやすいですよ。是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ショートパットの極意「1mを9割入れる」レッスン動画

こんな悩みをもったゴルファーにオススメのレッスン動画です。

  • ショートパットに苦手意識がある方
  • スムーズなパッティングストロークができない方
  • 3パットが多めの方

武市プロのシンプルなレッスンをご覧ください。

 

あなたはショートパットを打つ瞬間、どこを見ていますか?

動画内で教えてくれるのは

「カップとボールの両方を見ながらパッティングしよう!」

ということです。

なんとシンプル!

パットはボーリングやビリヤードと同じようにターゲットを狙うものです。

ターゲットを確実に狙うためには、正しい狙い方を知ることが大切になります。

正しく狙うために大切なものとは、それは打つ瞬間の目(視点)であると武市プロは教えてくれます。

 

打つ瞬間の視点をどう考えるか?

目は何を見るべきか?

その答えがカップとボールの両方を見るということです。

 

2~3メートルあるパットでは打つ瞬間にカップとボールの両方を見ることはできません。

しかし1メートルのパットならば両方を視界に収めることが可能になります。

頭を動かさないことを意識しすぎるためにボールだけを見てストロークすると、頭のどこかでカップの位置が見えていない不安が生まれてストロークに迷いが生じ、スムーズなパッティングができないことがあります。

その結果、ボールを芯でとらえることができずカップを外してしまうのです。

 

しかし、ボールと一緒にカップを見ることによって、その不安感を払拭することができます。

そして自信を持ってスムーズなストロークができるようになります。

そうすればボールを芯でとらえる確率が上がり、カップインの確率も上がるのです。

スポンサーリンク

まとめ

ヘッド形状やシャフトの長さはさまざま、またパットのグリップもいろいろあり、ストロークの方法も人それぞれです。

しかし、パットが上手なゴルファーに共通するのは、パターの芯でボールをとらえる確率が高い、ということです。

芯に当たらなければ、距離感もつかめませんし、ラインの読みが正しかったのかなど外れた原因もよくわかりません。

確実に芯に当てることがまずは大切なのです。

そしてショートパットの確率を上げる極意でもあります。

そのためにボールとカップを同時に見ながらパットする意識は、かなり効果的な方法と言えるでしょう。

あなたも1メートルのパットを9割入れることを目標に、さっそく実践で試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です