なぜゴルフはレッスンによって言うことが違うのか!!ゴルフレッスンを受けるうえでの注意点

スポンサーリンク

何人かの人にゴルフを教えてもらっていると、「前の人から教えてもらったことと違う!」と思った経験がありませんか。

場合によっては、全く真逆のことを言われた経験がある方もいるのではないでしょうか。

教えてもらった方法を一生懸命練習していたら、それはやってはいけないなどと言われるとパニックです。

いろいろ違うことを言われると、わけがわからなくなってしまいます。

教えてくれる人からすると、それなりに裏打ちされたことを伝えているはずなのに、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

そこで今回は、「なぜゴルフレッスンは人によって言うことが違うのか」を説明してくれる動画をご紹介いたします。

教えてくれるのはレッスンプロの吉本巧さんです。

この疑問の核心を明快に解説してくれる動画ですし、レッスンを受けるうえでの注意点がよく分かるので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

なぜゴルフレッスンは人によっていうことが違うのか?

 

こんなゴルファーにおすすめの動画です

誰もが求めるゴルフレッスンとは、自分の問題点を的確に指摘してもらい、修正方法を明快に示してくれるということではないでしょうか。

でもなかなかそんなレッスンにはめぐり合えません。それはどうしてなのでしょう。

そんな疑問に答えてくれる吉本巧プロの動画はこんなゴルファーにおすすめです。

  • 教える人によって言うことが違うと感じているゴルファー
  • レッスンで何を信じていいのかわからなくなったゴルファー
  • 自分にとって正しいレッスンを見極めたいゴルファー

ゴルフレッスンの核心に迫る必見の動画です。

 

なぜ、ゴルフレッスンは人によって言うことが違うのか?

人によって言うことが違うのにはメカニズムがあると吉本巧プロは言います。

なぜ人によって言うことが違うのかが理解できると、「必要なこと」と「必要ないこと」を取捨選択できるようになります。

いったいどういうことなのでしょう?

その答えは、こちらの動画をぜひご覧下さい。

 

人によって言うことが違うメカニズム

どんなゴルファーもゴルフが上手くなるという目指すゴールは同じではないでしょうか。

みんな同じゴールに向かっていきますが、違うのはスタート地点なのです。

生まれ持っている能力や適性などは違うでしょうし、ゴルフをする環境や年齢なども人それぞれ違います。

同じ目標に向かうゴルファーでも、そのスタート地点が違えば方向も違うわけです。

もし進んできた方向が違う人から、その人の進んだ道の話を聞いたとしたら、自分の進んでいる方向とは全く違う話になってしまうことになります。

これが吉本プロが言う「人によって言うことが違うメカニズム」なのです。

 

プロゴルファーでも言うことは違う!?

アマチュアゴルファーだけでなくプロゴルファーでもそれぞれ進んできた方向は違います。

ゴルフ雑誌などでプロゴルファーによっては全く逆のことを言っていたりするのを見かけることがあるかと思います。

言っている本人は自分が上手くいった方法、つまり自分が進んだ方向を示しているのです。

方向はたくさんあるので、ある人から教えてもらった方法が自分の向かう方向と合っている可能性は意外と少ないのです。

同じ場所からスタートしている人の方法は自分に合っているはずですが、その確率は実は低いと言えます。

方向の違う方法を無理に取り入れてしまうと逆方向に進んでしまう可能性もあるのです。

 

レッスンで見極めるべきこととは?

プロのレッスンはそのプロは上達してきた成功事例であることが多いです。

しかしそれが自分の進む方向と合っていなければ参考になりません。

ですからレッスンを受けた時に、その人の成功体験(成功した方向性)を話しているのか、自分の位置を理解してくれた上で方向を示してくれているのかを見極めることがとても大切です。

今の自分の方向を俯瞰的に見てくれて、まず自分のいる位置を示してくれて、どちらの方向を目指せばいいのかをしっかり教えてくれる人がいいレッスンプロだと言えるのです。

レッスンを受けた時に、この人の成功事例を語っているだけと感じた時は、残念ですが聞かなくてもいいです。

自分より上手い人に教えてもらうので、どうしても言われていることを聞かなければと思いがちですが、よく見極めましょう。

スポンサーリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

人によって言うことが違うメカニズムがご理解いただけましたでしょうか。

人それぞれ歩んだ方向が違えば、言うことも違ってくるのですね。

自分自身の方向に合った教え方をしてくれる人、もしくは自分の方向を見極めてくれる人の教えを聞くべきなのです。

そういう意味では教える側としても今回の話はよく理解しておかなければならないことになります。

レッスンで自分にとって違う方向の話をしているな、と判別できれば無視していいと思いますが、その方向性について、自分とどう違うのかを考えるのもゴルフを理解するには役立つかと思います。そ

ういったことを考えたり話をしたりするのも楽しいですよね。

それでは引き続きゴルフライフを楽しんで下さい!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です