ショートパットが苦手な人必見!パターで正しくセットアップするための3つの方法

スポンサーリンク

パターはセットアップですべてが決まる

パターのセットアップの重要性

パターは、セットアップがとても重要です。

まず、あなたの打ちたいラインをイメージして、その方向にスクウェアに構えて、そこに真っすぐ正確に転がるボールを打つことができれば、当然、カップインする可能性は高くなります。

いくら、真っすぐ打てたとしても、セットアップが間違っていれば、ボールは全く違う方向へ転がって行ってしまいます。

なので、セットアップが正しければ、後は距離感の問題だけになります。

 

でも、このセットアップの時点でパターを難しくしているゴルファーが多いようです。

また、正しいセットアップができても、その方向に真っすぐ平行に構えられない人も多いようですね。

パターはセットアップですべてが決まる!

そう言ってもいいくらい、パターのセットアップは重要なのです。

 

スクウェアにセットアップする方法

打ちたいラインに対して、正しくスクウェアにセットアップするために、ちょっとしたコツがあります。

両足を閉じてラインを合わせる

それは、いきなりスタンスを広げるのではなく、最初に両足を閉じた状態でつま先のラインと目標方向へのラインを平行にしてから構えることです。

こうすることで、両肩、両脇、腰のラインが狂いにくくなります。

 

ボールは左目の真下

正確には、利き目が左目の人限定ですが、ボールの位置を左目の真下にセットすることがセットアップの時点では、有効です。

こうすることで、ストローク時にボールに順回転がかかり、転がりが良くなりますし、方向性も良くなります。

 

クロスハンドグリップ

クロスハンドグリップとは、左手と右手の握る位置を変える、つまり、左手を下に、右手を上にしてグリップします。

通常のグリップですと、どうしても、右手が下にある関係上、ターゲットラインに対して右肩が前にでやすくなってしまいます

クロスハンドグリップにすると、右肩が前に出ずらくなるため、肩のラインをターゲットラインに対してスクウェアにセットアップしやすくなります。

 

アドレス時の見た目を信じる?セットアップした方向を信じる?

パターのセットアップの方法としては、まず「ボールにラインなどを引いておく」と良いでしょう。

パターのセットアップの基本は、

  1. スライスラインなのかフックなのかグリーン上の傾斜等を見てラインをイメージします
  2. 自分のイメージしたラインを考慮して打ちだしたい方向とボールのラインを合わせてセットします。

これが、基本的なセットアップの方法ですが、正しいセットアップができたとしても、いざパッティングをしようとアドレスした時に、全然違う方向を向いているような気がする時があります。

このような時に、「アドレス時の見た目を信じるか」、「セットアップした方向を信じるか」、

どちらを信じればいいのでしょうか?

当たり前のことですが、「セットアップした方向を信じて」、その方向に打ち出してください

これは、よくある「目の錯覚」ですね。

グリーン上は、目の錯覚が一番起こりやすい場面です。

アドレス時にセットアップした方向と、アドレス時から見える方向にズレを感じると、モジモジとアドレスの方向を変えてしまうことは、パターに限らず、ゴルフではよくあることです。

 

傾斜の角度も見やすい後方から、しっかりと時間をかけて、ラインを読んでセットしたセットアップの方向を信じた方がカップインの確率は高まるのは、当然です。

でも、多くのアマチュアゴルファーは、アドレスから見える方向のズレに敏感になってしまうのですが、パターのセットアップを狂わせる大きな原因なのです。

 

 

パターの正しいセットアップを身につける練習器具

パッティングミラー

パターは正しいセットアップをすることが、とても重要です。

でも、アドレスした時に目標方向に対してスクウェアに構えられているのかどうか、正しいいセットアップができているのかどうかということは、自分の目で確認することはできませんよね?

ですから、正しいセットアップをしていると思っていても、実は、意外とターゲット方向に対して、両肩の位置がズレていたりするものです。

なので、正しいセットアップをしているつもりの人が多いのです。

正しく練習するという意味でも、自分で正しいかどうかを確認するという意味でも、役に立つ練習器具がパッティングミラーです。

パッティングミラーの使い方は簡単です。

  1. パッティングミラーの上に目標ラインに合わせてボールをセットする
  2. セットしたボールに対してアドレスする
  3. パッティングミラーに写る両腕や肩のラインが平行になっているか確認
  4. 完全に両腕、肩のラインが平行になるように調整してパットを打つ

 

これだけです。

パッティングミラーのメリットは、鏡(ミラー)になっているので、その場で自分の両肩、両腕が目標ラインに対して平行になっているかを確認できるという点ですね。

自分のパッティングフォームを動画で映して確認するという方法もありますが、その場では確認できませんよね。

そういう意味では、かなり画期的なパター練習器具であると言えるでしょう。

最初のうちは、違和感を感じるかもしれませんが、正しいセットアップをして何球か打つ練習をすることで、正しいセットアップ、目標に対してスクウェアに構えることができるようになります。

松山英樹プロも使用しているパッティングミラーは、おススメです。

 

 

バターパター

正しいセットアップができるようになったとしたら、後は距離感だけです。

距離感とは、自分が思っている距離を打てるようになるための感覚ですね。

距離感というものは、感覚に頼ること面が大きいので、中々練習しても上達しにくい面がありますが、バターパターという練習器具を使うことで、距離感を鍛えることができます。

パターの距離感で大事なことは、一定のテンポでストロークするということ」です。

良くある悪いパターンは、ボールをインパクトする瞬間だけ手首を使って強くなってしまう・・

このようなパターンです。

 

このように、ストロークが同じ速さではなく、急に速くなったり、逆に緩んでしまったりすると、その時によって強く打ちすぎてしまったり、弱すぎたりと全く距離感が安定しません。

なので、できるだけストロークは、手首を使わずに肩の動きだけで一定のテンポで打つことが、距離感を安定させるためのポイントになります。

バターパターは一定のテンポでストロークをすることを練習するための器具です。

どのようなものかと言うと、シャフトがグニャグニャでしなりがとても大きいパターです。

このような、しなりの大きいパターで球を打つと、手首を使ってパンチを入れたりするとシャフトが大きくしなり、ヘッドが大きくぶれてしまうので真っすぐ打つことはできなくなります。

この、バターパターで真っすぐ打つためには、シャフトをしならないように打たなければならない。

そうするためにはどうしなければならないかと言うと、手首を固定して一定のテンポ、同じスピードでストロークをしなければならないことになりますよね。

なので、バターパターで真っすぐに打てるようになれば、自然と理想のパッティングのストロークが身についているというわけです。

バターパターには、シャフトに円筒のポールが装着されており、これを移動させることで難易度を調整することが出来ます。

最初は「易(やさ)しい」から始めて慣れてきたら「中」→「難」と練習すると良いでしょう。

また、バターパターのグリップには、生命線を合わすラインと指がおさまる窪みが施してありますので、この通りにグリップをすることで正しいグリップをする練習にもなりますので、その点もおすすめできる理由の1つですね。

バターパターをおすすめする一番の理由は、あれこれと考えずに、とにかくしなりの大きいパターで真っすぐ打つことに集中することで正しいストロークが自然と身につくという点でしょう。

 

 

ゴルフ上達練習方法をメルマガにて配信中

以上「パターの正しいセットアップ3つのコツ」でした。

「正しい方法」を知ればスコアアップは可能です!

「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にミート率向上が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です