プロゴルファーが実践するパター練習法

スポンサーリンク

パターはゴルフスコアを決める大事な要素です。
「パット イズ マネーと言われるプロゴルファーは、当然のことでしょう。

パターが上手くなるうえで、大事な3か条は・・・、

狙った方向に構えられているか?、まっすぐに打ち出せているか?という「方向性」、「距離感」と「ライン(傾斜・芝目)を読む力」になります。

今回紹介するプロゴルファーの練習方法は、主に「方向性」と「距離感を」鍛える練習になります。

プロゴルファーも実践するパター練習方法なので、あなたのスコアアップには間違いない練習となるでしょう。

 

松山英樹流!パッティング練習法

2016年10月、日本オープンで優勝して以降、HSBCチャンピオンズでPGAツアー3勝目、三井住友VISA太平洋マスターズ優勝、ヒーローワールドチャレンジ優勝、そして2017年に入っても、2017年2月ウェイストマネージメントフェニックスオープンを連覇している松山英樹の好調のきっかけとなったのが「パッティング技術の向上」です。

その好調を支えているパッティングにおいて、練習で取り入れているのが、「デイブペルツ パッティングチューター」

【デイブ・ペルツ・パッティングチューターを使ってパッティングの練習をする松山英樹プロ(ヒーローワールドチャレンジ時)】

プロゴルファーの岩田寛に紹介されたという「デイブペルツ・パッティングチューター」とは、メタルのプレート上にボールをセットし、2つの小さい鉄球の間を通過させるようにパッティングすることで、「パターのフェイスをスクエアにし、ストロークを矯正する」というパター練習器具です。

左手と右手、それぞれ10回ショートパットをするという練習法、ぜひあなたも普段のパッティング練習に取り入れてみては?

 

 

田原紘流!パッティング練習法

レッスンの神様”田原紘プロ”がおススメするパター練習方法が「2コインパッティング」

このパター練習には、ボールは必要ありません。コイン(硬貨)を2枚用意します。

練習方法は、いつもボールを置く位置に、コインを2枚重ねておきます。
ボールを打たずにコインを打つパター練習です。

いつも通りにパッティングストロークを行い、「上の1枚だけ」を打ち抜きます。

ストローク中に、身体が上下動すると、上の1枚にも当たらないか、2枚とも打ち抜いてしまいます。

この練習を行うことで、自然と、「インパクトでの集中力」がつき、「体の上下動がなくなり、ストロークが安定する」ようになります。

 

岡本綾子流!パッティング練習法

「世界の綾子」こと岡本綾子プロが行っていたパター練習法が「一升瓶パッティング」

このパター練習は、一升瓶をカップに見立てて、その一升瓶に当てるだけです。

一升瓶の直径(10.4cm)とカップの幅(10.8cm)はほぼ同じです。

一升瓶に当てたボールがまっすぐはねかえってくるようなボールが打てれば、カップど真ん中に打てていることになります。

この練習の効果は、強めのパットが打てるようになることです。

立っている一升瓶を目標にすることで、地面にあるカップより、目線が高くなります。 目線が高くなるということは、目線が地面にあるカップより遠くに向くということ。

つまり、目標に対して、自然と強めのパットが打てるということです。

パットをいつもショートする人、特に、ショートパットを打ちきれないという人には、ぜひおススメしたいパター練習です。

 

江連忠流!パッティング練習法

片山晋呉や上田桃子など超一流ゴルファーのティーチングプロである江連忠プロがおススメする練習法が「バランスディスク・パッティング」

この練習法は、バランスディスクを2つ使用します。

やり方は、カンタンです。
それぞれの足をバランスディスクに乗せ、通常のパッティング練習を行います。
(※バランスディスクは、スポーツショップなどで購入できます。)

このパター練習の効果は、その名のとおり、バランス感覚が身に付きます。
バランスボールに乗って何球かパッティングした後に、バランスディスクなしで、通常どおりパッティングしてみてください。その安定感に驚くと思います。

バランスを保つために、下半身を踏ん張るため、下半身強化も図れます。

 

矢野東式パッティング練習法

 

矢野東プロが、その著書「矢野東イズム~スタイリッシュゴルフ」にて、おススメするのが「頭を壁につけながら行うパター練習」です。

壁に頭をくっつけて、ボールを打ってみよう。
そうすると、自然にボールの位置が目の真下になるはずだ。
これを繰り返す。
すると、ボールと自分の位置関係も身につけられるし、壁があるからまっすぐストロークすることもできる。
頭をくっつけたままだから、ヘッドアップすることもない。いいことずくめだ。
~矢野 東~

簡単にできるうえ、非常に理にかなったパター練習法です。
ボールを打たずに、素振りだけでも効果があるでしょう。

耳でパットせよ。
いくら頭は固定されていても、瞳孔がボールのあとを追っただけで頭が動いたのと同じ結果を招くものだ。
~ジャック・ホワイト~

 

藤田寛之流!パッティング練習法

このパター練習法は、パットの名手・藤田寛之プロも実践するパター練習法が「フォロースルーパッティング」

この練習は、パターのアドレスから、テイクバックを取らずに、フォローだけでボールを転がします

藤田寛之
テイクバックをまっすぐに引くことを意識する人は多いが、そこでフォロースルーがまっすぐ出せる保証はない。
パットにおいて、テイクバックのストロークは関係ないと僕は思います。

パッティングにおいて大切なことは、インパクトからフォローにかけてのヘッドの動き。

つまり、このパター練習は、フォローでヘッドを「低くまっすぐ」ラインに出していくストロークを体感することが、この練習の目的であると藤田プロは言っています

インパクトに集中でき、ライン上に押し出すイメージを持つことで、ラインから外れない転がりのいいボールを打てるようになります。

【注意】
ラウンド本番では、テイクバックを取らないスイングは、ルール違反となります。

 

石川遼流!パッティング練習法

このパター練習は、石川遼プロも実践する「ストレートトゥストレート練習」です。

プロゴルファーにとっても「まっすぐ引き出まっすぐ打ち出す」基本を大切にしています。

この「まっすぐ引き出まっすぐ打ち出す」ことを身につけるために最適な方法が、ツアースティックを使ったパター練習法です。
ツアースティックがない場合は、クラブのシャフトを利用する方法でもいいでしょう。

石川遼プロほか多数のプロゴルファーが実践している練習法です。
プロゴルファーは、常に基本を大事に練習し、そしてその練習を繰り返しているのです。

あなたがパターを苦手とするなら、まずは基本の練習から始めてみてください。

練習方法は簡単です。
ツアースティックを2本用意し、グリーン上に、その2本を平行にセットします。
ツアースティックを置く幅は、パターヘッドの大きさより少し広めの幅にします。
この幅は、狭くするほど難しくなりますが、その分、練習効果が高まります。

このスティックのラインに沿って「まっすぐ引き出まっすぐ打ち出す」パター練習を繰り返します。

イントゥインの軌道になると、パターヘッドがツアースティックにぶつかるため、エラー修正がカンタンに行える練習法です。
「まっすぐ引き出まっすぐ打ち出す」ためには、軸をぶらさず、手打ちにならないようにストロークすること。

パッティングストローク中に、ツアースティックにパターヘッドが当たらないようにすることで、自然と、ストレートトゥストレートのストロークが身に付くでしょう。

自宅でのパターマットの上でもできるパター練習方法です。

 

上田桃子式!パッティング練習法


出典:みんなのゴルフダイジェスト

上田桃子プロがおススメするパター練習法が「10円玉上乗せストローク」です。

この練習では10円玉を使います。(50円でも100円でも大丈夫です)

この10円玉をパターヘッドの上に乗せ、この10円玉を落とさないように、パッティングを行います。

インパクトでは、衝撃で10円玉が落ちてしまうことがあるのですが、インパクトで落ちる分には問題ありません。

一番問題なのは、テイクバックで10円玉が落ちてしまうことです。

テイクバックで10円玉が落ちてしまう原因は、身体と腕が一緒に動いておらず、腕だけが先行しているからです。
つまり、身体の動きとパターヘッドの動きが合っていないということ。

手だけで打っているうちは、10円玉は落ちてしまいます。
手ではなく、身体でパッティングできるようになると、テイクバックで10円玉は落ちることはなくなります。

「10円玉はテイクバックで落とさず、インパクトで落とす」

ヘッドの重みを感じて打てば、ストロークが安定します、転がりが良くなり、距離感もあいやすくなります。

自宅での素振りでもできるパター練習なので、ぜひお試しください。

 

タイガーウッズ式パッティング練習法

タイガーウッズがラウンド前に実践するパター練習法です。

ティーを2本用意し、パターのアドレス時に置いたパター位置に、パターヘッドの大きさに合わせてヘッドの上下の位置にティーを指します。

そのティーの間を通るように、パターヘッドを動かしながら、ボールを打ちます。
インパクト時にヘッドの動きがズレると、ティーに当たってしまうため、インパクト時のヘッドの動きがつかめるようになります。

石川遼式パッティング練習法が「ストローク全体のヘッドの動きを体感する練習」であるとするならば、タイガーウッズ式練習法は「インパクト時のヘッドの動きを体感する練習」と言えます。

自宅でのパターマットで練習するときなど、ティーを指すことができないときは、ティーの代わりに硬貨を積み上げて2つのゲートを作り、その間をパターヘッドが通過するような練習も同じ効果が得られるでしょう。

 

青木功流!パッティング練習法

「世界のAOKI」が実践するパター練習方法が「寸止めパッティング」

青木 功
練習グリーンではカップは狙わない。カップを狙っていたのでは、どれだけカップをオーバーするか分からない。

カップインさせる練習は、多少強く打っても入りますが、カップの手前の淵に寸止めするのは大変難しいパッティングです。

少しでも強すぎるとカップインしてしまい、逆に弱ければカップの淵への寸止めができません。まずはカップから1メートルくらいの距離から始めてみましょう。

常にカップの淵に寸止めで、チョンと触ればカップインというギリギリを狙います。

もちろん、左右へのズレもダメです。カップの真ん中に寸止めしてください。

1メートルの距離で、連続してできるようになったら、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

この微妙な強弱が、パターの距離感を鍛えるのにうってつけの練習法です。カップインを狙うよりも、よっぽど難しい練習です
プロゴルファーはこのくらい繊細なパターの強弱を練習しているのですね。

 

パター上達練習方法をメルマガにて配信中

以上「プロゴルファーが実践するパター練習法」でした。

ゴルフは知っているだけで、スコアアップ可能な情報がたくさんあります。

「知って得する」情報やスコアアップに役立つゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にゴルフのスコアアップが期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です