ショートパットが入らない原因はこれ!!ショートパットが入る確率を上げる3つの考え方

スポンサーリンク

「ショートパットを外してスリーパットしてしまった・・・」

「大事な場面でいつもショートパットをはずしてしまう・・・」

「入れたいショートパットがいつも真っ直ぐ転がらない・・・」

こんなお悩みありませんか?

 実は、上級者にとっても「パッティング」は永遠のテーマです。

300ヤードのドライバーも1打。1mのパターも1打。」みたいなことはよく言われますが、上級者になればなるほど、スコアがよくなればなるほど分かってきます。

 ショートパットが入らない原因の1つとして、「やるべきことを決めていない」ということが挙げられます。

入れたい気持ちが大きすぎて、顔がカップに向かってしまったり、リズムがはやくなってしまったり、練習通りのストロークができていない…。

「やるべきことを決める」ことで、ストロークと打ち出す場所に集中できてパッティングが安定します。

とは言っても、「何を決めればいいか分からない」方も多いかと思います。

ということで、今回は「ショートバットが入る確率を上げる考え方」についてご紹介します。

ショートパットにかかわらず、パット全般に言える「カップインの確率を上げる考え方」ですので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

ショートバットが入らない原因は考え方!!

ショートパットが入らない原因は、「やるべきことを決めていない」からです。

「やるべきことを決める」とは、なにをどのように決めるのでしょうか!?

 

「外してもいいほう」を決める

まず、一つ目は「外してもいいほうを決める」ことです。

そうすることで大別すれば、

  • カップの右に外す
  • カップの左に外す
  • カップに入る

という1/3の確率から

  • カップの右か左のどちらかに外す
  • カップに入る

という1/2の確率になるわけです。

基本的には、フックラインなら右に、スライスラインなら左に外しても良いと考えることで入る確率が上がりますし、カップに寄っていく方向になりますので次のパットも楽になります。

また、ラインを厚めに読んでいることになりますので、「寄せながら入れる」イメージも出やすくなります。

一方、あまり曲がらないラインや、短いパットで強めに打ちたい時などは、「曲がったら仕方ない」と考え、フックラインなら「左に外す」、スライスラインなら「右に外す」と決めることも必要です。

どちらにしても「外すなら右」か「外すなら左」かを決めて打つことで、カップインの確率を1/2にすることができますし、あらかじめ「外すかもしれない」という考えをもつことで、外した時のショックを最小限に抑えることができるので、次のホールに引きずることも少なくなります。

 

スポンサーリンク

「絶対引っ掛けない・押し出さない」を決める

この考え方は、「外すほうを決める」と同じことのように聞こえますが、少し違います。

例えば、若干のフックラインを「曲がったら仕方ない」と思って「左に外してもいい」思って打ったとしても、「曲がって左に外す」と「引っ掛けて左に外す」ではまったく違います。

実際パターを打つ前にラインを読んで打つとおもいますが、フックラインを引っ掛けてしまうとほぼ入りません。

入ったときはラインの読み間違いです。

スライスラインはその逆で押し出してしまうとほぼ入りません。

そして、パッティングの苦手な人を見ているとほぼこのパターンで外しています。

ラインを読んで打ち出す方向を決めているにもかかわらす、カップに気持ちがあるためにカップに向かって打ってしまっているのです。

また、顔もカップを向いてしまっています。

これでは入るパットも入らなくなってしまいます。

なので、パットを打つ前に「絶対引っ掛けない・押し出さない」を決めるわけですが、決めたからといってなかなかヒッカケやプッシュがなくならないのもまた事実です。

そんなときにおススメの方法が…

「フックラインなら少しフェースを開いて構える」

「スライスラインなら少しフェースを閉じて構える」

です。

こうすることで、「フックラインの引っ掛け」「スライスラインの押し出し」を防止することができます。

また顔がカップに向かってしまう事も防止できます。

ただし、やってみるとわかりますがすごく違和感があると思います。

「フックラインを絶対引っ掛けない」「スライスラインを絶対に押し出さない」ことはカップから遠ざける感じで打っていることになりますので勇気も必要になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

「覚悟」を決める

パッティングは考え方によって、ラインや強さが決まってきます。

ですので、入るか入らないかは結局打ってみないと分からないのです。

こんなことを言っては身も蓋もありませんが、パットは入る時はポンポン入りますし、入らない時はとことん入りません。

あなたのできることはカップインの確率をあげて5回中1回しか入らなかったパットを、5回中2回、3回と入るようにガンバることしかできないのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ショートバットが入る確率を上げる考え方」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

今回はカップインの確率をあげる3つの考え方をお話しましたが、その前提となるのは「日々のパッティング練習」です。

練習場でショットの練習はたくさんやるのに、家でのパターの練習はおろそかになってしまいがちです。

練習場でスイングを固めるように、パッティングのストロークも固めないといけません。

「シングルさんの中にパターが下手な人はいない」と言われるくらい、パットはスコアに直結しています。

スコアの中でパッティングの数が半分程度占めていることを鑑みれば、パターが大事なことだとわかるはずです。

毎日欠かさず10球でもいいのでパッティングの練習をすることでライバルに差をつけることができるかもしれませんよ!

 では、また・・・

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です