【飛距離が出ないゴルファー必見】今よりも確実に飛距離アップする方法

スポンサーリンク

「今よりもっと飛ばしたい…」

飛距離アップはゴルファーにとって永遠の課題です。

尾崎将司
飛距離が出るということは、ゴルフにおける第一アドバンテージだ

確かに、ゴルフにおいて「飛距離」は最大の魅力であり、「飛ばし」はゴルフの醍醐味でもあります。

でも…、

「飛距離アップ」はいくつになっても、可能なのでしょうか?

「飛ばし」に年齢は関係ないのでしょうか??

その疑問に、片山晋呉、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子、伊澤利光らを指導し、「プロを教えるプロ」としても有名な江連忠プロはこう答えています。

江連 忠
ボクの持論としては、スウィングやクラブを工夫することで、飛距離は60歳まで伸ばすことができると考えています。

即効性があり、かつ確実に飛距離アップできる方法…、

そんな「江連プロの飛距離アップの極意」とは、どのようなものなのでしょうか!?

スポンサーリンク

今より確実に飛距離を伸ばす方法

 

飛距離アップの要素とは

まず、飛距離アップに必要なことはなんなのでしょうか?

江連プロは、「飛距離を伸ばす要素」は次の3つであると言っています。

  • ヘッドスピードをアップさせる
  • 打点をスウィートスポットに近づけ、ミート率をアップさせる
  • 打ち出し角度とスピン量を適正にする

これらの要素が揃うと、飛躍的に飛距離は伸びていくことになります。

では、それぞれ具体的に見ていきましょう!

 

ヘッドスピードをアップさせる

まずヘッドスピードをアップさせる方法ですが、大きく分けると次の3つが挙げられます。

  • クラブを長尺ドライバーに変える
  • 筋トレなどでパワーアップを図る
  • 手首を軟らかく使うなど、スイングを修正する

 

このうち最も簡単にヘッドスピードをアップさせる方法は、クラブに頼る方法です。

クラブが長くなれば、その分、ヘッドスピードが上がります。

しかし、人によってはクラブが長くなる分、ミート率が落ちることもありますから、一概に長いクラブを持つことで飛ぶようになるとは言えません。

 

一方、ヘッドスピードアップで最も難しい方法は、パワーアップを図ることでしょう。

パワーアップは、飛距離アップのためには最も確実な方法ではありますが、多くのゴルファーは、なかなか筋トレなどまで行う時間的余裕もないのではないでしょうか?

それでも「トレーニングでヘッドスピードを上げたい」という熱心なあなたは『ゴルフの飛距離アップに筋トレは必要か!?』で「飛距離アップのための筋トレ方法」を詳しくご紹介していますのでご覧ください。

ゴルフの飛距離アップに筋トレは必要か?

2017年2月13日

 

ミート率をアップさせる

江連プロは、ミート率アップの方法を次のとおり示しています。

江連 忠
ミート率を上げる方法は、ダウンスイングの軌道をオンプレーンに近づけることしかありません。

オンプレーンとは、ダウンスイング時に、アドレス時のシャフトの傾きに沿って、ヘッドとシャフトが下りてくる軌道のことを言います。

なお、オンプレーンよりも上から下りてくる軌道を「スティープ」といいます。

その逆に、オンプレーンよりも下から下りてくる軌道を「アンダー」といいます。

アマチュアゴルファーは、上体の力や腕の力でクラブを振り下ろす人が多いため、スティープ軌道で打っている人がかなり多く見受けられます。

 

ダウンスイングがオンプレーンの軌道になれば、自然と打点は安定し、打ち出し角度やスピン量も安定してきます。

オンプレーンの軌道で打つためには、グリップをソフトに握り、スイング中のフェースの向きを意識する必要があります。

 

その他にも、スティープ軌道を修正する簡単な方法としては、野球のバットスイングのように、クラブを地面と平行に振る練習などが効果的です。

クラブを地面と平行に振ることで、自然とレベルスイングが身につき、アップライトすぎるスイングプレーンをシャローにする効果が期待できます。

これらスイング軌道修正は、確実に飛距離アップを図ることはできますが、残念ながら即効性はありません。

地道に練習を繰り返していくしか飛距離アップは望めません。

 

打ち出し角度とスピン量を適正にする

ここまでいろいろな飛距離アップ方法を見てきましたが、どれも確実ではあるものの、「即効性」はありません。

では、即効性があり、かつ、確実な飛距離アップ方法はないのでしょうか?

それについて、江連プロは次のように述べています。

江連 忠
やはりもっとも即効性がある確実な飛距離アップ方法は「クラブを変える」ということです。

プロゴルファーも新作のドライバーによって飛距離が伸びたということもよくあることなので、アマチュアゴルファーであればなおさらクラブを変える効果は期待できそうです。

ただ、ここでいう「クラブを変える」というのは、ただ単純にクラブを長尺に変えるということではなく、「打ち出し角度とスピン量」などあなたのスイングやパワーに適したクラブに変えるということです。

スポンサーリンク

あなたに最適なクラブを見つける方法

ヘッドスピードが速くないゴルファーであっても、シャフトやヘッドの性能など、その人にマッチしたモデルに巡り合えば、同じ長さのシャフトでも確実に飛距離を伸ばすことは可能です。

そのためには、数多くのドライバーを打つことです。

最短最速で、あなたに合ったモデルのドライバーに巡り合うための唯一の方法は「ゴルフショップでの試打」しかありません。

ヘッドスピード、ボール初速、打ち出し角度、バックスピン量などを測定できる機器を持ったゴルフショップで、ドライバーごとのあなたの数値を測定してみましょう。

ちなみに、ヘッドスピード40m/秒の人の理想的なデータは次のとおりです。

上記の条件に近づくほど、ヘッドスピードが同じでも飛距離は伸びます。

いまよりも飛ばしたかったら、いろいろなドライバーを試打しながら、この条件に近い弾道になるクラブを選べばいいわけです。

飛距離アップを目指すなら、特に「ヘッドスピード」と「ボール初速」の関係に注意して試打してみましょう。

ナイスショットの場合、ボールスピードはヘッドスピードの1.4~1.5倍になります。

同じナイスショットでも自分のスイングに合ったクラブを使った時ほどボールスピードは上がるものです。

ですから、なるべく多くのクラブを打ってみて…、

「ボールスピード ÷ ヘッドスピードの数値」がより大きくなるクラブを選ぶようにすることで今より飛距離アップを図ることができるでしょう。

この「ボールスピード ÷ ヘッドスピード」で算出される数値が、実は、「ミート率」なんです。

「ミート率」って何となく「芯で打てた確率」みたいな感じと思っている人がいますが、ちゃんと計算式で求められる数値なのです。

この「ボールスピード ÷ ヘッドスピード」から求められるミート率が「1.4」を超えない場合は、スイングに「問題あり」と思われますので、早急にスイング改造に取り組んでください。

スポンサーリンク

まとめ

江連プロがお教えする確実にかつ即効性がある飛距離を伸ばす方法は「あなたに合ったクラブに変える」ということでした。

あなたに合ったクラブとは…、

ヘッドスピード、ボール初速、打ち出し角度、バックスピン量などを測定することでしか把握できません。

そして、ヘッドスピードとボール(初速)スピードから導き出される「ミート率」に注意しながら、試打することでしか把握できないのです。

恥ずかしがらずに、ぜひゴルフショップのスタッフと相談しながら、あなたにあったドライバーを見つけてください。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です