今より10ヤード飛距離が伸びる連続素振り&連続打ちドリル

スポンサーリンク

もしあなたが飛距離を追い求めているなら、日々、悩みながら、さまざまな工夫をしてゴルフの練習されていることと思います。

飛距離を伸ばす方法論はいろいろありますが、よく言われることの一つはヘッドを走らせてヘッドスピードを上げるということです。

ヘッドスピードが上がれば飛距離が伸びるのは理解できます。

でもヘッドを走らせる感覚というのはなかなかわかりにくいものですよね。また、ヘッドを走らせるためにはどういった練習をすればいいのでしょうか?

今回は、悩めるアマチュアゴルファーのためにヘッドを走らせる感覚をつかむための「連続素振り&連続打ち」のレッスン動画をご紹介いたします。

スポンサーリンク

飛距離アップのための連続素振り&連続打ちドリル

レッスンしてくれるのはティーチングプロの小澤美奈瀬さんです。

小澤美奈瀬さんは1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。

現在はミニツアーに参戦しながらも東京、名古屋を中心に飛距離アップのレッスンを積極的に行っているティーチングプロです。

その美しいスイングはネットや雑誌で評判です。

今回のレッスンでは小澤美奈瀬プロがヘッドを走らせる感覚をつかむための連続素振り&連続打ちの練習方法をご紹介してくれますよ。

 

こんなゴルファーにオススメです

今回のレッスンはこんなゴルファーにおすすめです。

  • 飛距離をあきらめたくないゴルファー
  • スムーズにヘッドを動かすスイングができないゴルファー
  • テークバックの始動がスムーズにできないゴルファー
  • 飛ばすためのヘッドの動きを理解したいゴルファー

飛距離を求めるあなたのために小澤美奈瀬プロがわかりやすくシンプルにレッスンしてくれますよ。

是非ともチェックしてみてくださいね。

 

小澤美奈瀬プロの四連発ドリルレッスン

「みんなの飛距離伸ばしちゃうぞ!」と小澤美奈瀬プロが今回教えてくれる四連発ドリルのポイントは以下になります。

  • 手首を柔軟に使って連続して振る
  • ヘッドの重みを感じながら振る
  • 使用クラブはショートアイアンやピッチングウェッジ
  • リズムよく振ることを意識しよう

飛距離を伸ばす四連発ドリルとは、4つのボールを並べて4球連続で打つドリルです。

テークバックの始動でヘッドがスムーズに動かせない人には特におすすめだそうです。

このドリルは遠心力を使いながらヘッドスピードを上げることに特化したドリルです。

連続して振ることで遠心力がついてきて手首も柔軟に使えるようになってきます。

柔軟に、柔軟にクラブを走らせていくこと意識して練習していきましょう。

特にコックが上手く入らなくて悩んでいる方はやって頂くと自然な流れでコックが入るようになります。

また、使用するクラブは長いクラブよりもショートアイアンやピッチングウェッジの方がよいです。

ヘッドの重みを感じながら振っていきましょう。

ヘッドの重みを感じてリズムよくテンポよく振っていくことが大切です。

スポンサーリンク

連続打ちを試してみた!!

動画を見てから早速、ゴルフ練習場へ。

さっそく四連発ドリルを実践してみました。

まずはボールを四つ並べて、使用クラブはピッチングウェッジを持ちました。

動画でチェックした小澤美奈瀬プロの美しい連続素振りをイメージしながら、連続で振ってみました。

最初のうちはボールに当てる意識が強く、リズムよく打つのが難しいですが、慣れてくると遠心力を感じながら振っていけるようになってきます。

手首を柔軟に使いながら、テンポよく振っていくとヘッドを走らせるイメージが出てきます。

これが飛ばしのためのヘッドの動きなのか!と実感できました。なかなかいい練習方法です。

ただ、ボクの行った練習場は広めで、前の打席は空いていたので4球並べて打つのも問題ありませんでしたが、この練習は周りの人に迷惑がかからないように注意して練習しなければいけませんね。

また、動画内でも紹介されていますが、練習場などでは腰の高さまでフォローをとった形からバックスイングを上げて打つと、連続で振っていくのと同じような効果が期待できます。

こちらも試してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

さてさていかがでしたでしょうか?

小澤美奈瀬プロによる飛距離アップのためのヘッドを走らせるための連続素振り&連続打ちの練習方法でした。

飛距離アップのためにはヘッドを走らせることは必要不可欠です。

ゴルフで大切な感覚を実感するのはなかなか難しいものです。

適切な練習方法をしていかないと、なかなか実感できるものではありません。

正しい練習方法を取り入れていくことが絶対に必要です。

あなたも正しい練習方法で効率的に正しいスイングを身に付けてください。

それほど多くの練習時間もないアマチュアゴルファーにとって、正しい練習方法が見つけられるかどうかは飛距離アップができるかどうかの瀬戸際となるのです。

今回のレッスン動画を信じて、ヘッドを走らせる感覚を効果的に身に付けてくださいね。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です