ゴルフ上級者とアベレージゴルファーのフェースターン3つの大きな違い

スポンサーリンク

 

スコアアップを目指して日々努力を重ねておられるアベレージゴルファーのみなさま。「がんばっても思うように上達できない!」と悩んでいませんか。

そんな悩めるあなたは、ゴルフ上級者とアベレージゴルファーの違いについての理解が不十分なのかもしれません。

ゴルフ上級者ができていて、アベレージゴルファーができていないこと…、

ゴルフ上級者との違うポイントを明確に理解できれば、改善ポイントの明らかになりますので、上達への近道となるはずです。

それではゴルフ上級者とアベレージゴルファーの違いとはいったい何なのでしょう?

ゴルフ上級者とアベレージゴルファーの大きな違いの1つが「フェースターン」です。

今回はゴルフ上級者とアベレージゴルファーのフェースターンの3つの違いを教えてくれる動画をご紹介しちゃいます。

ゴルフスイングの腕の動きに特化した解説ですので、悩めるゴルファーに見ていただきたい必見のレッスンです。

ぜひチェックしてみてください!!

スポンサーリンク

上級者とアベレージゴルファーのフェースターン3つの大きな違い

こんなゴルファーにおすすめ

今回のレッスン動画はこんなゴルファーにおすすめです。

このレッスン動画であなたのゴルフもワンランクアップ間違いなしですよ。

  • 上級者ゴルファーを目指したい方
  • 自分のスイングと上級者のスイングの違いを知りたい方

 

上級者とアベレージのフェースターン3つの違い

今回の動画のポイントはこちらです。

  • ゴルフ上級者との違いはクラブヘッドが腕を「横切る」か「横切らない」か
  • ゴルフ上級者は腕とシャフトが「L」の字でフェースターン
  • クラブヘッドは右肘よりも低い場所からシャフトを立てるように使う

 

フェースターン・リストターンの違い

上級者とアベレージゴルファーの違いはクラブヘッドが腕を「横切る」か「横切らない」か、ということです。

言葉だけだと、ちょっとピンとこないですよね。もう少し詳しく見ていきましょう。

ハーフウェイダウンからフォローまでのヘッドの動きについて、上級ゴルファーとアベレージゴルファーのリストターンの違いを比較していきます。

アベレージゴルファーは、両腕を横切るように、クラブヘッドが動きます。

それに対して、ゴルフ上級者の場合はクラブヘッドが両腕ゾーンを横切らずに、両腕ゾーン内で止まる動きになっているのです。

プロゴルファーのスイングも正面もしくは前方から見ると、フォロースルーでクラブヘッドが両腕ゾーンを横切っているように見えるかもしれませんが、横から見ると両腕ゾーンを横切ってないことがわかります。

 

上級者とアベレージゴルファーのフェースターンの違い

動画内で解説されるのは、アベレージゴルファーは腕の正面でフェースの向きを「ひっくり返す」ように使うのに対して、上級者は「ひっくり返す」動きが少ないということです。

でも、フェースが返っていないのにボールを捕まえることができるのでしょうか?

実は上級者は「ひっくり返す」動きはないが、フェースはしっかり返しているのです。

アベレージゴルファーは腕とシャフトが「I」の字でフェースターンするのですが、上級者は腕とシャフトが「L」の字でフェースターンになっています。

…ちょっと言葉では分かりにくい部分もありますので、動画でよく確認してくださいね。

さらに、アベレージゴルファーの方は、ハーフダウンで右肘より高い位置からスタートして、その位置から左側に倒すようにフェースを返してしまっています。

その結果、クラブヘッドが早めに体の前側に出てしまい、そこからヘッドを返そうとしてしまうことになり、この動きはフォロースルーで左ひじの引けにもつながってしまいます。

上級者の場合はクラブヘッドが右肘よりも低い場所からシャフトを立てるように使っていきます。

ダウンスイングでクラブヘッドが体の後ろに残って遅れて下りてくるのです。

 

ゴルフ上級者のフェースターン・リストターンを覚える練習方法

効果的な練習方法をご紹介します。

まずは壁のそばに立ちます。壁を左側に置いてクラブシャフトの半分くらいの距離でアドレスします。

そこからスイングをして、この壁に当たらないようにヘッドを上昇させていきましょう。両腕ゾーンを横切るフェースの返し方をしてしまうと、すぐに壁に当たってしまいます。

壁に当たらないようスイングを繰り返すことで上級者のフェースターン・リストターンに近づきます。

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

アベレージゴルファーと上級者ゴルファーで大きく違うフェースターンについてその違いをご紹介いたしました。

確かにこのフェースターンの感覚がつかめないといくら練習してもゴルフ上級者にはなれません。

もしあなたがこの動作ができていなかったと思ったなら、今回のレッスン動画をよく見て、フェースターン、リストターンの感覚を覚えてください。

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です