【飛距離アップを諦めない】ゴルフ飛距離アップのカギは「コックの方向」!

飛距離が伸びずに悩むアマチュアゴルファーのみなさま!

年のせいか最近、飛距離が落ちてきた…。

いろいろアドバイスをもらったり、試行錯誤しているものの、なかなか飛距離が伸びない。

ゴルファーにとって飛距離はいつまでも追い求めたいもの。

スコアメイクにおいても飛距離のアドバンテージは大きな武器となります。

ただ力いっぱい振っても伸びないのが飛距離です。

「いったいどうすれば飛距離アップできるのか?」さっぱりわからなくなることもありますよね。

そんな悩みを抱えるみなさんに今回は飛距離アップの特効薬をご紹介したいと思います。

飛距離アップのキーワードは「コックの方向」です!!

スポンサーリンク

コックの方向を変えるだけで飛ばすテクニック

今回、飛距離アップのテクニックを教えてくれるのは、今、雑誌やネットで話題の美人ティーチングプロ小澤美奈瀬さんです。

小澤美奈瀬さんは1992年生まれ、愛知県名古屋市出身だそう。

現在はミニツアーに参戦しながらも東京、名古屋を中心に飛距離アップのレッスンを積極的に行っているティーチングプロです。

小澤美奈瀬さんは、ゴルフダイジェストのガールズユニット「GULULU」のメンバーとして活躍中です。

かつて小澤美奈瀬さん自身も安定したスイングを求めるあまり、手首やひじ、肩などすべての部位を固める窮屈な型にはめたスイングづくりをしてしまった結果、体を壊してしまったそうです。

ロボットのようなスイングを目指したということですが、体への負担が大きいスイングだったため、関節を痛めてしまい半年あまりクラブを握れなくなったという経験をされました。

これをきっかけに「ゴルフのスイングとは?」なにかを本気で考え、研究に研究を重ねてさまざまなスイング理論を体得されたそうです。

彼女自身も1年で50ヤードも飛距離を伸ばすことに成功した実績を持っています。今回ご紹介するのは、そんな中、彼女が考えた編み出したゴルフテクニックを教えてくれる動画です。

ナイスバディから繰り出される美しいスイングはゴルフ界の神スウィンガーと呼ばれています。

そのスイングをみるだけで、元気倍増、飛距離もアップしそうになりますよ。

 

こんなゴルファーにおすすめの動画です!

研究を重ねて生み出されたテクニック。
今回ご紹介する神スインガー小澤美奈瀬のレッスン動画はこんなゴルファーにオススメです。

  • どうしても飛距離アップしたいゴルファー
  • 飛距離アップのテクニックをやさしく教えてもらいたいゴルファー
  • 美女ゴルファーの美しいスウィングをみたいゴルファー

とても分かりやすく見ていて楽しくなる動画です。是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

正しい「コックの方向」を教えてくれるレッスン動画

かわいらしい解説が印象的なレッスン動画ですね。

今回の動画のポイントは以下になります。シンプルです。

  • 手首のコックは斜め上!
  • 切り返しで腕の力は入れない
  • シャフトが地面と平行のときグリップエンドは目標線を指す

 

今回は飛距離を伸ばすための手首の使い方、特に「コックの方向」に焦点を絞ってレッスンしてくれています。

そもそも手首というのはゴルフスイングを語る上でネガティブワードとして使われることが多いものです。

「手首を使うな!」とゴルフの指導においてはよく言われます。

もちろん不必要に手首を使うことはよくありませんが、手首を使わなければ飛距離を伸ばすことはできないのです。

手首が柔軟に使われることでヘッドの運動量は増します。

この大きな運動量を有効に使うことによって飛距離を伸ばすことができます。

手首を正しく使えば柔軟なスイングが生まれヘッドスピードが驚くほど上がるのです。

スポンサーリンク

 

「斜めコック」で飛距離を伸ばせ!!

小澤プロは、まず、手首のコックは「縦のコック」と「横のコック(※)」の中間である「斜めのコック」を推奨しています。

小澤プロは「横のコック」と表現していますが、「左手首を手のひら側に曲げる動き、右手首を甲側に曲げる動き」は「ヒンジ」とも呼ばれています。

斜めのコックならテイクバックでフェース面を正しい位置に収めることができます。

コックが横だとフェース面は開いてしまいます。

フェース面が開くとスライスの原因となるほか、無理に戻そうとする動作で方向性が安定しなくなります。

 

次に大切なのは「切り返しで腕の力を入れないこと」です。

そうすることによってスイングの柔軟性が生まれヘッドの運動量をアップさせることができるのです。

 

また、アマチュアゴルファーはフェース面が開いたテイクバックをしがちです。

これはスライスの原因になりますし、飛距離もロスします。

シャフトが地面と平行のときグリップエンドは目標線を指すことを意識することにより正しいテイクバックが実現します。

それによって捕まった球を打つことができるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

さてさていかがでしたでしょうか?

正しいコックの方向を教えてくれるシンプルですが分かりやすいレッスンでしたよね。

また美しい小澤美奈瀬さんの神スイングを見るだけでも楽しくなりますよね。

美しいだけでなく研究熱心な小澤美奈瀬さんのメソッドはホントにためになりますよ。

あなたもいろいろ研究して頑張って練習してくださいね。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)